大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

1/20

晴れ

13/9 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

1月13日 尾形カウンセリングセンター代表 尾形宏三さん(静岡)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

今月は、選択理論心理士で、尾形カウンセリングセンター代表として各企業の教育研修などで活躍されている、尾形宏三先生へのインタビューをお送りします。

尾形先生が選択理論とであったのは、問題行動を起こす義兄をなんとかしようとカウンセリングを受けたのがきっかけでした。問題行動を起こす相手に対しては、通常、「人間関係を壊す習慣」(責める、脅す、罰する等)で接してしまいがちですが、選択理論を学んだことで、「人間関係を築く習慣」(傾聴する、支援する等)で接することができて、穏やかに一緒に生活することができたそうです。

また、尾形先生は、ヤマハ発動機勤務時、マネージャーやカウンセラーとして、選択理論を活用して大いに活躍されました。

 

 

 

 

ヤマハ発動機ではマネージャーやカウンセラーとして活躍された

12月30日 教育コンサルタント 星野優美子先生(埼玉)③

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

12月は、教育コンサルタントとして全国の保育園や幼稚園をプロデュースしている、Planet Force株式会社 代表取締役で選択理論心理士の星野優美子先生へのインタビューをお送りしてきました。第3回は、問題行動のある子どもへの接し方についてです。

問題行動に対して、選択理論的に“欲求が満たせていない状態”ととらえると、その子どもの満たしたい欲求を満たせるようサポートする方法が見つかるのではないでしょうか。星野先生がプロデュースする保育園で実際に起こった子どもの変化についてうかがいました。

また、選択理論的な考え方を身につけた子どもたちの卒園後についても聞きました。

12月23日 教育コンサルタント 星野優美子先生(埼玉)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

教育コンサルタントとして全国の保育園や幼稚園をプロデュースしている、Planet Force株式会社 代表取締役で選択理論心理士の星野優美子先生へのインタビュー第2回です。

星野先生は、小学校教諭を退職後、まず、埼玉県の浦和ひなどり保育園で選択理論を取り入れたプログラムを実践していきました。幼児期に選択理論が有効であることがわかるさまざまな事例やエピソードが満載です。ぜひ、お聴きください。

12月9日 教育コンサルタント 星野優美子先生(埼玉)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

今月は、教育コンサルタントとして全国の保育園や幼稚園をプロデュースしている、Planet Force株式会社 代表取締役で選択理論心理士の星野優美子先生へのインタビューをお送りします。

小学校教諭時代に選択理論に出会った星野先生は、当時の小学1年のクラスで選択理論的な働きかけを実践したところ、子どもたちが自ら考え行動する素晴らしいクラスができたそうです。

その秘訣は、「どうなりたい?」ときくこと。たとえば、指示することが多くなりがちな運動会の練習も、子どもたちの上質世界をきくことによって、子どもたちが自ら考え意欲的に取り組むようになりました。

 

11月25日「選択理論でマネジメント」アチーブメント社長室マネジャー 和泉大さん(東京)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

アチーブメント株式会社の和泉大さんは、一般財団法人 日本プロスピーカー協会の事務局長も務めています。

そこでは、社会貢献として、選択理論の提唱者であるグラッサー博士が目指した「クオリティ・コミュニティ」の実現にむけて活動しています。人間関係が良好な地域社会が実現すれば、どんなことがおこるのでしょうか。

 

 

11月11日「選択理論でマネジメント」アチーブメント社長室マネジャー 和泉大さん(東京)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

選択理論心理学を基にした人材教育のアチーブメント株式会社 社長室マネジャーの和泉大さんへのインタビューをお送りします。

和泉さんは、かつてIT企業の役員をしていて、そこでは、相手をコントロールするために、責める、脅す、罰する等の人間関係を壊す習慣を使ってマネジメントをしていました。

アチーブメントで選択理論と出会ってからは、まず自分との対話で内面をプラスに変えていき、部下のモチベーションの阻害要因を取り除いたり、システムの構築に努めたりするようになりました。部下との人間関係を良好にするポイントもうかがっています。

また、年次大会には、奥様の麻樹さんもご参加だったのですが、一度も夫婦ゲンカをしたことがないそうです。

10月28日「子どもの不登校を経験して」横浜市スクールカウンセラー 乙幡洋子さん②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

WGIプラクティカム・スーパーバイザーで横浜市スクールカウンセラーでもある乙幡洋子先生へのインタビュー、第2回です。

乙幡先生は、息子の不登校で悩んだ経験や教師の経験が活かせるのでは、と小学校教諭を早期退職してカウンセラーになられました。

子どもの不登校で悩んでいる親は、何とかして学校に行かそうとして、外的コントロール(脅す、ほうびでつる等)を使いがちですが、果たして効果があるでしょうか。

乙幡先生から「さなぎ」に例えたアドバイスをいただきました。ぜひお聞きください。

10月14日「子どもの不登校を経験して」横浜市スクールカウンセラー 乙幡洋子さん①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

今月から、8月に東京で開催された日本選択理論心理学会年次大会に参加していた方々へのインタビューをお送りしていきます。

まずは、WGIプラクティカム・スーパーバイザーで横浜市スクールカウンセラーでもある乙幡洋子先生へのインタビューです。

乙幡先生は、小学校教諭時代の22年前、最愛のご主人を病気で亡くされ、3人の息子さん(当時7歳、5歳、1歳)の子育てをしながら懸命に働いてこられました。その後、息子さんの不登校などもあってご自身がカウンセリングを受けたことがきっかけで選択理論を学び、現在、スクールカウンセラーとして、保護者、教師、子どもたちを支援する活動をなさっています。

 

9月30日「腰痛の予防・改善に選択理論」赤羽総合腰痛研究所 赤羽秀徳代表理事(東京)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

一般社団法人赤羽総合腰痛研究所代表理事で、国際統合リハビリテーション協会理事でもある赤羽秀徳さんへのインタビュー、後編です。

腰痛に悩む患者さんの中に、受け身の治療によって腰痛を長引かせているケースがあります。本来、自分の身体のことは自分が一番わかっているはずなので、腰痛改善のために、自ら積極的に治療に取り組むと良いようです。

もし、ずっと同じ薬を飲み続けたり、シップを貼り続けたりしているのに改善しない場合は、生活習慣の何かを改善する必要があるのかもしれません。

関心がある方は、赤羽総合腰痛研究所のHPをご覧になってみてください。

ホーム

 

 

9月23日「腰痛の予防・改善に選択理論」赤羽総合腰痛研究所 赤羽秀徳代表理事(東京)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

一般社団法人赤羽総合腰痛研究所代表理事で、国際統合リハビリテーション協会理事でもある赤羽秀徳さんへのインタビューをお送りします。

赤羽さんは、理学療法士として腰痛の予防・改善に取り組むなかで、選択理論の考え方が役に立つと言われます。

たとえば、腰が痛いとき、よく「腰が悪い」と言う方がいますが、頭が痛いときに「頭が悪い」とは言わないですよね。その日、ただ「痛い」だけのものを「悪い」ととらえていると腰痛を長びかせてしまうかもしれません。気づきがいっぱいの赤羽さんのお話をぜひ、お聞きください!

 

トップページへ