大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

9/17

くもり

33/21 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

8月25日 「プラスの言葉は幸せをよぶ」 愛媛選択理論研究会 井上千代先生

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

愛媛選択理論研究会代表で元公立小中学校養護教諭の井上千代先生に、小中学生向けに行っている授業(講演)についてうかがいます。

講演のタイトルは「プラスの言葉はしあわせをよぶ」で、とても好評なのだそうです。

選択理論の実践をわかりやすく伝える授業を受けた子どもたちは、幸せになるために5つの欲求を満たすこと、人間関係を築く7つの習慣を使うことを学びあいます。

プラスの言葉を使うことによって幸せにつながることをお聞きいただき、皆さんもぜひ実践してください!

8月11日「社員との人間関係改善のために」(株)山忠 山村貴也社長(高知)

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

高知市にある 株式会社 山忠 代表取締役社長 山村貴也さんへのインタビューをお送りします。

山村さんは、建物内の水回りや空調の設備工事店の2代目社長として、社内の人間関係に課題を感じていました。かつては、工事を担当する社員に対し強い口調で指示をだし、できなければ批判的になってガミガミ言ってしまい、「ありがとう」を言うこともなかったそうです。

選択理論を学んだことによって、今では、山村さんから社員にかける言葉や行動が変わり、社内の人間関係が良くなりました。さらに、お客様が求めるもの(お客様の上質世界)を考えながら行動できる社員を育てることにも取り組んでいます。

7月28日「家庭と仕事どっちが大事?」鳴門教育大学大学院 浜崎隆司教授②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

鳴門教育大学大学院教授の浜崎隆司先生へのインタビュー、今回は、基本的欲求と男女の人間関係についてです。

ドラマなどでよく、「家庭と仕事、どっちが大事なの!?」と女性が男性に詰め寄るシーンがありますが、この場合、男性はどう答えればいいのでしょう。

ヒントは、相手は何の欲求が満たされていないのか、を考えることです。

浜崎先生の“大人の恋愛学講座”、ぜひ、お聴きください!

7月14日「絵本の読み聞かせと選択理論」鳴門教育大学大学院 浜崎隆司教授①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

7月は、鳴門教育大学大学院の浜崎隆司教授へのインタビューをお送りします。

人は誰しも5つの“基本的欲求”をもっていると選択理論ではいわれますが、子どもにとって絵本の読み聞かせは、この5つの欲求の全てを満たすことになるんだそうです。

浜崎先生のこの研究結果は、インターネットの子育てサイトで話題になっていたものです。ぜひ、お聴きください。

6月30日「思春期の子どもとの接し方」日本選択理論心理学会 基礎インストラクター 出村栄子先生(神奈川)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

前回に続いて、日本選択理論心理学会基礎インストラクターの出村栄子先生に、思春期の子どもとの接し方についてうかがいます。

スクールカウンセラーとして不登校の子どもや保護者の相談に応じてこられた出村先生から、保護者へのアドバイスをうかがいました。

また、出村先生は、リストカットについて、「怒り」のひとつの表現ととらえて、「怒り」が正しい表現にむかい、強い「力」の欲求が満たされるようにカウンセリングしているそうです。たとえば、1対1で戦うスポーツや武道・格闘技などをはじめることでリストカットを克服した事例も多くあるそうです。

6月23日「思春期の子どもとの接し方」日本選択理論心理学会 基礎インストラクター 出村栄子先生(神奈川)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

日本選択理論心理学会 基礎インストラクターの出村栄子先生へのインタビューをお送りします。

出村先生は、1997年から北海道小中高等学校スクールカウンセラーとして多くの子どもたちや保護者の相談に応じてこられ、今は、神奈川県高等学校スクールソーシャルワーカーとしてご活躍です。

思春期特有の悩みについてうかがうと、自分を確立しようとする時期に確かなものが感じ取れないモヤモヤ感が言動になっているのではないか、とのことでした。思春期の子どもとの接し方について、気づきやヒントがいっぱいです。ぜひお聴きください。

 

6月9日「世界一のサービス」元シンガポール航空CA奈良裕子さん(松山市)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

前回に続いて、元シンガポール航空CA(キャビンアテンダント・客室乗務員)の奈良裕子さんへのインタビューをお送りします。

シンガポール航空は、“世界ナンバーワンの機内サービス”といわれ人気があります。その理由として、奈良さんは、クルー(乗務員)の人間関係やコミュニケーションの良さが表れているのではないか、と言います。

クルーの人間関係の良し悪しは不思議とお客様に伝わるそうで、多国籍・多民族のシンガポール航空の場合、クルー同士が積極的なコミュニケーションに努めているので、それが良い空気を作り良いサービスにつながっているのではないでしょうか。

5月26日「瞬時に人間関係をつくる方法」元シンガポール航空CA 奈良裕子さん(松山市)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

元シンガポール航空CA(キャビンアテンダント・客室乗務員)の奈良裕子さんに、瞬時に人間関係をつくる方法についてうかがいます。

“世界ナンバーワンの機内サービス”といわれるシンガポール航空のクルーは、操縦士もCAも多国籍・多民族で構成されています。

本社採用の日本人CA1期生だった奈良さんは、新人CAの研修で中国人講師に教えられた“あいさつ”の大切さが忘れられないそうです。

それは、しっかり握手をして、「私は新人で何回目のフライトで、何もわからないのでぜひ教えてください!」と、ひとりひとりにあいさつすること。

実践した奈良さんは、CA時代、大変良い人間関係の中で仕事ができたそうです。ぜひ、お聴きください。

5月12日「選択理論で息子の休学をプラスにサポート」栗山雅子さん(西条市)

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

選択理論を学んでいたことで、息子さんが学生時代に不登校になった際、休学を提案し、プラスに転換させることができたという西条市の栗山雅子さんへのインタビューをお送りします。

休学中の息子さんは、それまでできなかったアルバイトをしたり、バイクや車の免許をとって自由に旅をしたりして有意義に過ごし、1年後、自ら復学したそうです。

学校に行くことを最優先にするのではなく、息子さんの話をよく聴き、親子の人間関係や彼の欲求充足を優先したことが、結果的に息子さんの成長につながった素晴らしい体験談です。

 

 

4月28日「人生が変わる魔法の手帳講座」酒井旬子さん(松前町)

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

愛媛選択理論研究会の冊子「人生が変わる魔法の手帳」は、日記をつけるように選択理論的な行動を書き込んでいくもので、選択理論の考え方や行動を習慣化するのに役立つと好評です。

松前町の酒井旬子さんは、この手帳を使って、自宅で、井上千代先生による「人生が変わる魔法の手帳講座」を毎月開いています。酒井さんご自身も、参加される友人の皆さんも、継続すること、記録することの効果を実感されています。

トップページへ