大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

3/30

晴れ

18/10 0%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

3月12日 愛媛大学教育学部教授 平松義樹先生 Ⅱ‐①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

愛媛大学教育学部教授の平松義樹先生は、小中学校の教員時代に約3000名の児童生徒とその保護者に出会った経験がおありです。

思い出深い教え子がたくさんいる中から、当時、「選択理論」を知っていれば良かったなぁ、と感じている3人の生徒についてお話しくださいました。

一人目は、中学3年の女子生徒の話です。彼女は、複雑な家庭環境の中で、人生の『選択』についてずっと苦悩していたのです。

2月26日 小学校講師 白川まゆみさん(西条)

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

愛媛選択理論研究会西条同好会の白川まゆみさんに選択理論を学んだことによる変化をうかがいました。

約1年前、小学生のお嬢さんと一緒に勉強会に参加した白川さん。選択理論を学んだことで、親子の人間関係がよくなったり、自分の気持ちをコントロールして上手く思いを表現できるようになったりしたそうです。

特に、人間関係を築くために身につけたい習慣の「交渉する」を知ったことで、楽に人とかかわれるようになったと言われます。「願望」(願い、考え方)が違う場合は、相手を責めたり自分が我慢したりするのではなく、穏やかに交渉できるといいですね。

2月12日 愛媛選択理論研究会 西条同好会の皆さん

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

愛媛選択理論研究会は、県内各地に支部があってそれぞれ熱心に活動を行っています。

西条同好会では、代表の黒光美香さん(中学校教諭)をはじめ教育関係の活動をしている方々が中心になって、毎月、勉強会を開いています。

選択理論を実践することで、親子や夫婦などの身近な人間関係がよくなりストレスが減ったそうで、家族の笑顔や会話が増えた等々、様々なプラスのエピソードをお聞きすることができました。

1月29日 四国ビジネスコンサルタント 東矢憲二さん(松山市)③

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

四国ビジネスコンサルタント代表の東矢憲二さんへのインタビュー、第3回のテーマは「環境は与えられるものではなく創るもの」です。

仕事でも何でも、受け身の姿勢でいると面白みが感じられないものです。そんなとき、主体的に環境を創っていく姿勢で臨めば、工夫できる点が見えてきて、何かを変えるきっかけになるのではないでしょうか。

東矢さんの言葉は、経営コンサルタントとしての長年の経験からくる「気づき」に基づいています。ブログ「気づきの経営」や、著書「気づきの智慧」も、ぜひご覧になってみてください。

 

1月22日 四国ビジネスコンサルタント 東矢憲二さん(松山市)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

四国ビジネスコンサルタント代表の東矢憲二さんへのインタビュー、第2回のテーマは「嫌いな人を好きになる」です。

東矢さんご自身の経験談で、仕事上、どうしてもつきあわなければならないのに大嫌いだった方がいて、どうせなら好きになろうと考え、その方の良いところを数えるようにしたところ、3か月で好きになっていたそうです。

「数え方の知恵」と東矢さんは言われますが、相手の良いところを見ることは、夫婦でも、上司と部下でも、あらゆる人間関係構築に必要なことですよね。ぜひお聞きください。

1月8日 四国ビジネスコンサルタント 東矢憲二さん(松山市)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

今日から3回にわたって、経営コンサルタントで四国ビジネスコンサルタント代表の東矢憲二さんへのインタビューをお送りします。

東矢さんは、経営コンサルタントとしての長年の経験を活かして、様々な気づきをブログにつづったり、本にまとめたりしています。

今回は、成人の日を前に新成人へのメッセージとして「1勝9敗」をテーマにお話しいただきます。「たくさん失敗していい、失敗から学べばいい」と言う東矢さんのメッセージをぜひお聞きください。

12月25日 日本選択理論心理学会 柿谷正期会長 大会RP②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

前回に続いて、日本選択理論心理学会の年次大会で行われた柿谷正期会長によるカウンセリングのRP(ロールプレイング=模擬演習)をお送りします。

当初、母親の介護の問題に困惑し、弟との人間関係をよくしようとは思わない、と言っていた相談者(花子さん・65歳)ですが、前回放送したように、いざとなったら自分が母親の面倒をみる覚悟で弟と話し合うことを決心しました。

カウンセリング終盤では、弟との人間関係に焦点を当てていきます。花子さんに、どんな気づきがあり、どう変わっていくでしょうか。お聞きください。

 

12月11日 日本選択理論心理学会 柿谷正期会長 大会RP①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

日本選択理論心理学会の年次大会では、柿谷正期会長によるカウンセリングのRP(ロールプレイング)が行われ、今回、特別に、その模様を収録し放送できることになりました。

相談者は、花子さん(65歳)で、実家の母親の介護のことで困っているという相談です。現在、施設に入所している母親の面倒は弟(研二・63歳)がみていて、その約束で弟がすべての財産を相続しました。ところが、最近になって、施設の費用を分担して払ってほしい、お金がないなら母親の面倒をみろ、と言ってきて夫の機嫌も悪く困っている、というものです。

大会参加者の前での模擬演習で、相談者は学会員が演じています。相談者の願望に焦点をあてていく、カウンセリングの中盤からお聞きください。

 

 

 

11月27日 木谷幾恵さん(埼玉)②

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

選択理論を学び、カウンセリングと子育てのワークショップ「ママカフェ」によって、うつ病を克服し、笑顔を取り戻すことができたという木谷幾恵さんへのインタビュー後編です。

夫の協力もあって、家族全員が選択理論を理解し、実践しています。「木谷家の家訓」として、選択理論の「身に着けたい7つの習慣」などを子どもたちにもわかるように書いて貼っているそうです。

11月13日 木谷幾恵さん(埼玉)①

In Category番組ポッドキャスト
By番組スタッフ

日本選択理論心理学会の柿谷正期会長から、選択理論のカウンセリングで精神薬をやめることができた方がいる、と推薦をいただき、木谷幾恵さんにお話をうかがいました。

かつては20錠以上の精神薬を飲んでいて、生きる気力も笑顔も失くしていたという木谷さんですが、選択理論を学び、カウンセリングと子育てのワークショップ「ママカフェ」によって、笑顔を取り戻すことができました。現在、家族みんなで選択理論を実践しています。