大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

11/18

くもり

19/10 30%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『戒田節子アナウンサーに泣かされた朝』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

33年3か月。彼女がラジオ番組『歌のない歌謡曲』を担当した年月です。

ラジオの改編の度に『歌ない・・・』だけは続けてやらせてくださいと熱く訴えていましたっけ。

60歳の定年退職を間近にして、今朝はその最終放送日でした。

気持ちを押さえて、感情を押さえて語る彼女の放送に久々に泣かされました。

“言葉は静かな方が伝わる”

忘れていたアナウンスの鉄則を思い出さてくれました。

※radikoのタイムリー機能で再視聴できます。便利な時代になりましたが、放送の魂は変わりません。

戒田くんお疲れ様。そして・・・ありがとう。

↓radiko再視聴はこちらから(2018年4月6日まで視聴できます)

http://radiko.jp/share/?sid=RNB&t=20180330065950

 

『桜。そして相方(あいかた)の条件』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

明け方の夢は・・・僕が売れっ子漫才師になった夢でした。

僕の相方は、かなり年上の中年男。頭に相撲取りのまわしをターバンのように巻いた奴。

ネタも僕が考えているんだけど、彼は何にもしない。寄席が終わったら飲み屋、女に移動する。

周りのみんなにコンビ別れしなさい!と言われるんだけど、

彼の合いの手、間の作り方は僕にピッタリなんで、そんな気持ちになったことはないんです。

・・・夢から覚めて、しばし哲学タイム。

最高のパートナーの条件はなんなのか?・・・そんな事を考えながら金曜日の朝のゴミ捨てに行ってきました。

パジャマ、素足で外に出れるようになったんですね。

ウチの町内のゴミ捨て場所は実は美しい桜が一樹あるんです。足元には花びらが落ち始めていました。

人生、ま、いいか?!・・・なんて、一瞬。

桜と夢のせいです。きっと・・・

※偶然にシャッターが動いてできた写真。

『あなたがいたから愛媛マラソンの“今”があります』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

愛媛マラソンのテレビ中継は梅錦山川さんの存在があったからこそ始まり、

継続し、現在の市民マラソンの人気に繋がりました。

お世話になった梅錦山川の山川浩一郎さんの退任送別会が昨夜ありました。

30年前の先輩営業マンも集まり、草創期の愛媛マラソンの思い出話に花が咲きました。

写真は合田アナ。
そして、かつて「Jポップ」などのラジオを喋っていた玉井さん・・・など、所縁のある懐かしい仲間も大集合しました。

仲間って、いいもんですね。いつまでも、フォーエバー・・・って感じです。

ま。南海放送って、そういう会社なんですけれど。

『お笑いの正義』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

自称・漫才評論家の僕としては(笑)「和牛」の評価は最高ゾーンにあります。

1977年。東京某キー局のディレクターの入社試験の時。

「吉本芸人」の全国化、例えば「ヤスキヨ」とか若手漫才師をもっと登用すべきだと面接で豪語したんですが、
試験官に冷笑されてしまった思い出があります。

「君は関西出身だからね・・」と。

それを数年後に他局がやって「漫才ブーム」がきたのはご存じの通りです。

今、いちばん面白い漫才師が「M1」を取るべきだと(他系列局のイベントながら)思っているので、

和牛のお二人に、今年は「M1」を獲ってください。”お笑い正義”を正してください・・とお話ししました。

そしたら川西さんが
「そんなぁ、他の人が悪役みたいなこと・・」と柔らかに首を振られました。品のある方です。

水田君とは同じ伊予市出身、北山崎小学校の同窓でもあります。

南海放送が彼らのレギュラーテレビ新番組をスタートすることになったのは、僕としては最高の気分です。

企画した若き編成マンに、そして、応えてくれた「和牛」に感謝!!

どうぞよろしくお願いします。

※番組名「和牛のA4ランクを召し上がれ!」(毎週金曜24時30分~24時59分放送)
 初回放送は4月13日(金)24時30分からです。

『吉田拓郎。そして村下孝蔵の海』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

南海放送サンパークがまだアンテナ公園と呼ばれていた頃。

デビュー前後の吉田拓郎がギター一本抱えて広島からやってきた・・・と、大先輩に聞いたことがあります。

1970年あたりのことだと思います。

広島の大学生だった吉田拓郎がフェリーで海を渡っていたんだな、

そして その時なにを思っていただろう・・・と。

彼は後に「東京に出て行く」も「おけいと離婚しました」も、ラジオで発表しました。

『松山行きフェリー』を作った頃の村下孝蔵くんも松山のロープーウエイ街にあった伝説のライブハウス「9th」時代によくお会いしました。

1981、2年の頃。FM愛媛や僕のラジオの深夜放送が始まる直前でした。

彼も吉田拓郎と同じくこの瀬戸内海をしょっちゅう渡っていた訳です。

夢がいっぱいあったんだろうなあ。

これから帰る松山。

僕の夢は・・・なんだろう。(宇品港にて)

※「松山行フェリー」村下孝蔵 1980年

『海で思い出す、アレコレ』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

広島行きの水中翼船で船酔いして、ずーっとトイレに閉じこもっていたのは1985年の3月。

その時思いついたのが、あの「赤シャツの逆襲」のストーリーでした。無念な思いから・・・(笑)

いつからか。水中翼船からスーパージェットに代わって船酔いはなくなり快適に、しかもスピードアップされました。

その分、アイデアや発想が湧かなくなったかも・・・(笑)。

愛媛FCの役員さんと出発前、松山観光港で遭遇し、昨日の初勝利を喜び合いました。

“思い”から人生が変わるように、“全ての事は初めに心ありき”・・・なのかもしれません。

海で思い出すアレコレのうちの一つ。

頭に流れるテーマ曲は「シーオブラブ」(ハニー・ドリッパーズ)です。

※「Sea Of Love」 Honeydrippers 1984年

『21回の無。そして、1回の夢。』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

年に四回くらいしかない曹洞宗の「写経教室」

今日を逃したら今年はゼロになるかもしれない・・と。午前中に休みを取って行ってきました。

ちなみにうちの宗派は浄土宗。

母親の初彼岸ということもあり、心を込めて「般若心経」を書いてきました。

これを墓前に捧げる・・というと ちょっとくさいドラマになるんですが、サラサラその気はありません(笑)

「お父さんとお母さんの子やのに、なんであんたは字が下手なんやろ」

・・と人生で100回以上言われましたから、墓前に持って行って、母の安らかな心が乱れてはと・・、愚考いたしました。

書き終えて、一番難しいのは「無」という漢字だと気づきました。哲学的ですね。

般若心経にはこの「無」が21回も出てくるんです。

それに比べて「夢」は1回だけ・・。

どうでもいいことですが、そんな事に気づいてしまいました。

『3.13の思い出』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

河原学園9校合同の卒業式に行ってきました。

式典中。

やっぱり理容学科・美容学科の男の子のスーツとネクタイ選びのセンスがいいな、と

関係ないチェックを来賓席からしたりしていました。

3年前の今日もこの場所にいました。3.13は特異日ですね(笑)。

もう1つ。3年前の今日、ケツメイシさんがご挨拶にいらして、うちの娘の(笑)

いや、津野ちゃんこと“チャーカ”の音楽界への道が始まりました。

2年の休職の後。去年の今日、退職辞令を渡すことになりました。

(ここにいなよ、と止めたんですが・・・)

3.13はいろんな人の旅立ちを見送る日かもしれません。

全ての若者に、わが娘に、その春に・・・幸あれ!!

※ひめぎんホール5階まで満席の今日の卒業式。
※3年前、そして“去年の今日”の津野くん。

『15年の歴史・・・』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

天気の良かった昨日、日曜日。うちの孫は砥部動物園に行って、ペンギンに魅入っていたらしいです。

大人になると、なにかに夢中になるこんな時間が少なくなるなと思いました。

さて。夜は、お笑い芸人の「友近」さんの後援会総会が開かれました。

彼女が吉本興業に旅立った時に地元愛媛のファンが応援しようと送り出す会が開かれたのがきっかけです。

民放テレビ局4社の社長が1期2年づつ交代で後援会長になる約束で、去年、今年は僕が会長です。

第15回という事は、彼女が全国区の芸能界に飛び出してそれだけの年が流れたという事です。

いまやお笑い芸人のみならず、歌手として女優として存在感を高めてきた「友近」さん。

現在公開中の映画『嘘八百』でも好演をしています。

(松山では大街道シネマサンシャインで今週金曜日までです・・・)

会長の放送局が司会者を出すという事で、今年も江刺伯洋アナと佐伯りさアナが

「友近」さん以上のノリで後援会を盛り上げてくれました。

ちなみに江刺アナは「友近」さんの大のお気に入りです。理由は分かりませんが、確かに息がぴったりでした(笑)

『約束された偶然』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

とある日の明け方見た夢です。

さんまさんの『恋のから騒ぎ』に出ていた知り合いのA子ちゃんがベルギー大使と不倫を乗り越えて結婚することになって・・・

それを当社が独自取材。

彼女の実家の島根県の山奥にある旅館に行ったのです。

1日3組しか泊まれない古民家。これでペイできるの?と思いながら・・・。

次の瞬間。ベルギー大使の実家にいて、これも山奥のペンション。しかも作りが一緒で1日3組しか泊まれない!!

え!!これって凄くないかぁ?!

“約束された偶然!”ってあるんだよ、な、凄いな。

と、同行した新居浜支局の女性カメラマンに言うんだけどイマイチぴんと反応しない。

「そんなことより帰りのヘリコプター来てますよ」と。

そうか?!ベルギーからの帰りはヘリコプターか?あれ?来るときなんで来たっけな?思い出せない・・・

で。目が覚めました(笑)なんなん?

※写真は数年前、松山の自衛隊駐屯地でヘリコプター体験に参加した時のもの。

トップページへ