大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

9/28

晴れ

27/16 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『Kちゃんの決断。そして、鍋焼きうどん』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

初めての全国ネットになったKちゃんのテレビ番組。
18歳の選挙権についての報道番組だ。

最終編集は東京のキー局で行なわれる。
キー局のプロデューサー、ディレクター、ナレーター。そしてKちゃん。付き添いにウチの報道部長…。

リメイクが完成したのは深夜23時。納入期限ギリギリ。
全員で最後に見直す。プロデューサーが最後に…
「いいんじゃないですか」。
スタッフが「そうですね」「お疲れ様でした」と続く。

が…。なにも言わずに俯いたままのKちゃん。
「あの…」とKちゃん。
「あの…。最後の締めのコメントが嫌なんです。なんか上から目線で…」

スタッフが凍る。
付き添いの報道部長は内心「空気読まんかい。みんな最終の電車もあるんやで。
プロがOK出しているし、納入期限1時間前やし…」と目を閉じる。

プロデューサーが微笑んで一言。
「そうですか。これはあなたの番組です。では、あと30分しかありませんが、やり直しましょう。コメントを考えてください」

ほっとする報道部長。

Kちゃん。僕はとても誇らしいよ。

ラジオディレクターを志望して入社してきた君が。
今は別の世界でこうしてもがいている君が。

今朝も鍋焼きうどんしか食べれない情けない体調の僕だけどさ。

鍋焼きうどん

『エスケイプできない朝に・・』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

24時間TVに連動して毎回やっているラジオ特番「青春シャッフル」から・・怒涛の24時間でした。

ラジオは結局、基本に帰ればいいだけのことではないのか?!・・とか、あれこれ考えることの多い時間でした。14102525_1095389103883436_7880494416691570222_n

スタジオの松沢はつみさんとのツーショット写真は「IGY」のドナルド・フェイゲンを意識して首を傾げているんですが、誰も気付かなかったみたい(笑)。

傾けてる方向が違うしな・・タバコも持っていないし。

僕のやっていること。考えていること。・・・は、だいたい他人に気づかれず終わっていきます。ラジオっぽい人生です(笑)。

このタイミングで、横浜の弟ファミリー一行が旅行にやってきていたので、昨夜は「24TV」の終了後、その接待を深夜までしていました。

従って、まだフラフラしています、

フラフラしながら月末の一番大事な会議で今日は終日過ごします。

エスケイプできない朝は、写真に残らない”日常”なのです。

『アメリカンモーニング』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

子規記念博物館で行われている企画展『子規の夏休み』をちょいと観てきました。

僕の知っている帰省回数より1回多かったです(笑)
この辺がミーハー制作者と学芸員の基本的な違いですね。

子規の夏休み

会社に帰ってきてラジオスタジオ覗いたら、小林美菜ちゃんとCha-kaが『女子部屋 ワコールNight』の収録をやっていました。
※ピンクのキャップがCha-ka

東京で芸能活動をしているCha-kaの帰省回数を僕は知りません。

先日会った時に、聞いたよ『ONE DREAM2(新しいアルバム)』・・と言ったら、
「本当ですかぁ?」と。

疑うなよ。お前に嘘ついても僕にメリットないだろ。

「じゃあ、どの曲が好きですかぁ?」と言われて、即答できなかった僕(笑)。
「やっぱり・・ちゃんと聞いてくれてないぃ!!」と拗ねた顔。

あのね。カップルの痴話喧嘩じゃないんだからさ。社長に向かってその言い方やめなさい(笑)

ネットラジオから「アメリカンモーニング」(ランディ・ヴァンウォーマー)が・・

ごめん。おっさんの一番好きなのはこの世界みたい・・。

※『Cha-kaと美菜の女子部屋』毎週月曜~金曜 23:50-24:00放送
毎週金曜日は【ワコールNight☆】

※Randy VanWarmer『アメリカンモーニング』(原題『Just When I Needed You Most』)1979年

『黄金時代』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

会社の本棚は使い始めて2年くらい。

黄金時代

この中で西沢實さんの「ラジオドラマの黄金時代」は古い本でずーっと捨てれずにいる名著です。

24歳の冬。

当時担当していた「プランタンDJスポット」の年末企画として「午年ぐっばいスペシャル」というのを出しました。

自転車に乗って1時間でプランタン各店をめぐるという生放送です。

ずーっと自転車に乗って喋り続けたい。電波の切れるところがあったらスタジオからレコードをかける・・・みたいな。

基本、全編おしゃべり。

上司の一人が「君は漫談家か!?アナウンサーだろ?」と後ろ向きだったのですが、営業さんが「それはいいねぇ」とまとめてくれた特番。

・・・なんで朝っぱらからこんなことを思い出すのかというと、週末のラジオ特番「和彦・はつみの青春シャッフル」(土・23時30分~午前3時 生放送)で、最初の30分音楽なしでしゃべり続けるってのは無理だろうか!? ・・と考えたからです。

僕的にではなくて、リスナー的にそれは「退屈」だろうか? いや、僕の内容次第か? ・・・とか。

“やってみよう”と思い立つことが、青春。もっと大袈裟に言うとそれが黄金時代ならば、そんなこと出来ないかなぁと妄想しているだけでもいいか? ・・・とか。

※「青春シャッフル」はスタジオ開放です。24TVの募金ついでにでも寄ってください。あなたの青春の一曲のリクエストを受け付けています。現場では随時抽選して、皆さんをマイクの前にお呼び致します。

『お墓参りを・・ありがとう』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

ラジオ制作の最前線で部長をしていて、燃えに燃えていた10年くらい前。

具体的には旧社屋のラストデーの頃。
その頃の部下ちゃんの一人、橋口裕子(旧姓。僕は今だにこっちで呼んでいます)ちゃんがランチタイムに遊びに来てくれました。

ま、戦友みたいなもんですね。
彼女にとってはお墓参りに僕にお線香を上げに来た感覚かも・・・ちがうかぁ(笑)。

僕が入社した頃に生まれた世代ですから、ま、娘みたいなモンです。

橋口裕子

橋口裕子ちゃんとの一番の思い出。

ちょうどテレビがアナログからデジタルに変わる時。
愛媛の各局はそれぞれデジタル・マドンナを選んで、NHKも一緒になって「デジタル時代到来」のPRをしていました。

彼女はラジオ局にいながら、当社のデジタル・マドンナでした。
(その他にも、あちこちのミスコンに、でろでろと僕は彼女を焚きつけていました)

後年。

東京で行われた彼女の結婚式の時。
新婦側の代表祝辞を言われて「県内のデジタルマドンナのうち、ウチの橋口が一番美人だと思いました・・」
・・を枕詞に話をしようと思って、マイクに立ったら、
なんと目の前のテーブルの出席者が全員、その時の他局のデジタルマドンナ達!! (爆!) (爆! ) ( 爆!)

流石の僕も、一瞬うっ!とフリーズしたことを覚えています。

結婚式の後。二次会はご遠慮して、神宮球場に「ヤクルト対阪神」戦を観に行き、9回裏。球児が登場。
三者連続三振でゲームを締めてくれて、スカットしたことを忘れません。

橋口裕子ちゃんは3歳の娘がいる今も相変わらず綺麗なのに、球児のストレートはあの時と比べて、随分スピードダウンしました。

流れた時代の「愉しさ」と「残酷性」が思い出の中に同居しています。

※えぐさゆうこ(旧姓 橋口裕子)
屋久島古謡や奄美大島の島唄、吐噶喇列島の古謡など南西諸島の島々の歌を歌う歌手として活動

トップページへ