大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

8/18

晴れ

32/21 0%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『泥濘(ぬかるみ)』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

お盆休みのお相手は(愛媛出身の)黒川博行「泥濘」と最近ささっている柚月裕子(「孤狼の血」「凶犬の眼」・・・最高でした)

ちなみに「泥濘(ぬかるみ)」

伊予弁では「じゅるたんぼ」と言います(笑)

特に西条、今治、松山の一部で・・・。

平成のうちに伝えておきたい「ふるさとなまり」の一つです。

『チャランポラン』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

作家・島田雅彦の書いた文章に「チャランポランはペルシア語で“いい加減でふらふらしている”いう意味である」・・・と。

調べてみたら、正確には「チャランデ・ポランデ」。

偶然なのか?!マジで語源なのか?!分かりません。

なにせ、知り合いにイラン人がいないから確かめようがありません。


40年前。チャランポランな番組(※当時の写真)をしていた二人が今年も8月25日(土)の23時から生放送「ザ・青春シャッフル」をやります。

なぜか、チャランポランが許されてきた平穏無事な“ラジオの幸運”・・・に感謝しています。

『僕も誰かと共生している』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

ニューカレドニアを「天国に一番近い島」と名付けたのは作家・森村桂でした。

早熟な僕は中学2年の時にドストエフスキーより先に彼女の「結婚志願」を読みました(笑)。

デパートの「ニューカレドニアと美しいサンゴ礁の水族館」のオープニング式に参加して(新聞社と他局の主催なんですが・・・)多分僕一人、森村桂を思いました。

今日は午後から宇和島で葬儀に参列するので黒服。せめてめでたい開展式にはと、赤いチーフを入れていきました。

目を引いたのは「ウツボとエビの共生」。

エビはウツボの表面にいる寄生虫を取ってくれるんだそうです。

その代わりにエビの天敵達は、ウツボが怖くて寄ってこない・・・曰く「共生」。

不思議な光景ですが、人は一人では生きていけない・・・例えです。

森村桂が亡くなって10年以上が経ちました。記憶では精神を病んだ上の自殺だったはず・・・。

葬儀で、友人代表の弔辞が美智子皇后だったことだけ覚えています。

「共生」・・・僕は誰と一緒なんだろう。

『紫舟の言葉』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

「努力をした人に栄冠は訪れます。でもね、一つの努力で効率よくあれもこれもって、夢を描く人がいます。一つの努力はせいぜい一つの達成です。努力、修練を積んでまたこの舞台に来てください」

表彰式での書家・紫舟の言葉が胸に刺さりました。

第11回書道パフォーマンス甲子園は福岡県立八幡中央高等学校連覇を果たしました。
南海放送賞とのダブル受賞です。

実は一番先に南海放送賞を発表するんです。例年なら当社の賞に入ると優勝ではない!・・・が通例なんですが、今年から重複受賞を認めて貰いました。

生徒はそれを知らない・・・。優勝を狙っていたチームはショックだったかもしれませんが、(15分だけ我慢してね・・・と心の中で念じていました)

南海放送賞はテレビ画面にした時に一番インプレッションの高いチームに差し上げたかったんです。

クィーンの「WE WILL ROCK YOU」をバックに赤字でROCK YOUと書き上げた瞬間、♫ロック・ユーの声がぴたりと決まってました。

審査員席で、思わず「カッコいい」と声を上げてしまい、紫舟に笑われました。

クィーンのサビと紫舟の言葉が残った大会でした。

因みに南海放送賞にしたかったもう一つの候補は広島立神辺旭(かんなべあさひ)高等学校の「熱戦」。

彼女らは「紫舟賞」を受けました。

紫舟賞を貰うと、彼女手書きの表彰状がいただけます。

※「WE WILL ROCK YOU」1977年 Queen

『消臭力』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

次々に楽しいテレビCMを打ち出してくるエステーの鹿毛康司さん。

宣伝担当役員だけれどクリエイティブ・ディレクターでもあります。

放送局の立場から言えば大スポンサーなんですが、なんだか大学の同級生的なお付き合い(同窓だけど本当は僕がちょっと上)をさせて貰っています。

今回、松山に同行してきたこの女性。

新しいCMタレントさん?或いは鹿毛さんのスタイリストさん?・・・と名刺交換したら、なんと?!エステーの宣伝部の社員・井出瑞樹さん(通称、花子)

「こいつ西川くん(貴教)の大ファンでCM観て、エステーに入ったらそばにいれるかも?とウチを受けに来たんです。それは役員面接で隠し通して・・・ふざけた奴でしょ」と鹿毛さん。

「しかも、花子はタメ口で喋るんです・・・」と。

上司に愛されているのがわかります。

「違いますよ。鹿毛さんに注意しただけですよ。そのツイッターの書き方では若い人に刺さりませんよ、と」

天下のクリエーターの文章も添削するらしい(笑)

エステーの元気イメージの源はこんな所にもあるのかもしれません。

「田中さんさ。今度始めてラジオCMも創ってみたんだ、聞いてくれる??」と、聴かされたラジオCM。

うん、いいです。楽しいです。

きっと全国に先駆けて当社で流してくれると思います(笑)。

最後の一行は酔っ払った勢いで・・・。

『サムディ』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

佐野元春の「サムディ」がデスクサイドに流れています。

振り向けば、暑さに茹だる松山城です。

♪ 手おくれといわれても 
口笛で答えていたあの頃
誰にも従わず 傷の手当もせず
ただ 時の流れに身をゆだねて ♪ (詞・佐野元春)

僕にとってのサムディ。今年は8月25日(土)。

午前中に伊予市で母の一周忌。

夜は東温市で劇団システムキッチンの旗揚げ公演「あゆみ」。

そして・・

23時からは年に一度、恒例のラジオ生放送。

「和彦・はつみのザ・青春シャッフル」(23時~25時)

23時55分から24時までの5分間にシンデレラ許可タイム「大集合写真撮影」をやります。

24時間テレビ募金のついでにでも南海放送PALスタジオにいらしてください。

※「SOMEDAY」佐野元春 1981年

『おまじない』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

かつての上司。

86歳におなりになった先輩から膨大な資料が届けられました。

先日の社友会で、映画「ソローキンの見た桜」のあとは、時間が出来たらロシア兵墓地を全国に知らしめた作家・才神時雄をラジオドラマにしたい・・と談笑したのを覚えてくださっていたようです。

才神時雄。ラジオ南海時代の(今でいう)パーソナリティ。

作家と言うよりは赤貧にあえいだ気骨ある文士。

きっと家族には愛されなかったんじゃないだろうか?!・・それとも。

昭和45年8月23日の才神さんからのハガキ。

「松山収容所」の出版がこの年の7月25日でしたから、その頃です。

孫に教わったおまじない・・。

「どうぞ時間ができますように」とお祈りしながら真似してみようかしらん。

『タクシードライバー』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

松山空港からタクシーに乗る。

いい音楽がかかっている。

これはCDかなんかですか?

「いえ。車のハードディスクにパソコン編集した好きな曲をいれているんです」

JDサウザーが流れているんでびっくりしました。

「よく、ご存知ですね」

(ま。イントロだけで曲名が浮かんでくる仕事を20年くらいしていたもので・・・と心の中で)

ビートルズのも渋い選曲だったし。

「私、今ビートルズのコピーバンドやっているんです。中学時代から勉強もしないでエレキギターばっかしやってました」

なるほど。あっ?!「雨にぬれても」だ。

「凄いご存知ですね。お幾つですか。わたしは59です」

はい。64です。

「同世代ですね。だからかぁ・・・」

なんだかいい時間でした。ありがとうタクシードライバー。

※「雨にぬれても」B.J.トーマス 1969年

『激走!おつかいママチャリーズ』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

昨夜は日本テレビグループの愛媛県人会を当社が幹事をして東京支社で開かせていただきました。

自己紹介は中学校と高校名まで・・・(笑)それでその人がどの辺りの出身か分かります。

四国中央、新居浜、松山、伊予、八幡浜、宇和島、愛南・・・

被災地の為にと「ふるさと納税」とか「24時間テレビ募金」をみなさんしてらっしゃいました。

ところで今週土曜日。南海放送制作の全国放送「激走!おつかいママチャリーズ」(7月21日土曜日 午前10時30分~)がオンエアーされます。

ママチャリに乗ってふるさと巡り、味巡りをする・・・企画。

チーム愛媛(和牛・長州力さん・岡副麻希さん)とチーム茨城(カミナリ・的場浩司さん・土屋アンナさん)のバトルです。

支社の入り口でFB友達でもある新婚社員から「田中さんも、ちゃんと宣伝してください。写真撮っときますから!!」と叱られながら(笑)のショットです。

『人生は素晴らしい。だけど・・・』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

映画化されるロシア兵墓地をめぐる物語「ソローキンの見た桜」。

僕がラジオドラマを作った時、一番大事にしたフレーズがありました。

それは・・・

「人生は素晴らしい。だけど、時々完璧ではない」の台詞。

ヒロインとソローキンの二人の出会いと人生を思い、ナレーター役(映画では斉藤工くん)が呟く言葉です。

僕はそれが言いたくて長いストーリーを創りました。映画はどう表現してくれるかしらん。

早稲田大学の藪野先生のお土産。

画家らしく折り紙にした大隈講堂(笑)!!・・・先生らしいです。

息子の奥さんが完成させました。

人生は素晴らしい!!