大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

5/19

雨

26/19 80%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『広報たまちゃんの憂鬱」

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

当社のメディア広報部がこんなん創ってくれました。
↓南海放送公式ツイッターで見られます!
https://twitter.com/i/status/1126728573757292544
ツイッター発信用なんだと聴きました。
“遊んでいる如く仕事をする”・・・僕の目指すスタイルです。

『ハイヤー&ハイヤー』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

元DJらしい事を書き残しておきます。
ソウルシンガーのジャッキー・ウィルソンが「ハイヤー&ハイヤー」をヒットさせたのは1967年。
(と、いっても全米6位くらいでした・・・確か)
しかし。僕がこの歌を初めて知ったのはそれから10年後。
1977年にリタ・クーリッジがカバーしたのを聴いたからでした。
1967年には中学生だった僕も、
1977年には新人のアナウンサーになっていたのです。
好きで入った放送局でしたが、洋楽のちゃんとした番組がないことや、レコード室の購入計画もきちんとしていないなど、僕はかなりショックを受けました。
1977年頃。社内でラジオは軽視されていましたし、軽視されているのをなんとかしてやろうという先輩もいませんでした。
「ハイヤー&ハイヤー」は簡単に言えばラブソングです。
“あなたに出会えて、私は生きがいを見つけたの だからなんにも 今は怖くはないの”
・・・みたいな歌です。
僕はジャッキーウィルソンの「ハイヤー&ハイヤー」を5月12日に放送するラジオドラマのラストテーマにしました。
「ソローキンの見た桜」そのものよりも、ロシア兵墓地を全国に発信した無名の作家・才神時雄の存在を知った時、僕は熱くなったからです。
“あなたに出会えて 私は生きがいを見つけたの・・・”
まさに歌のままの気分になりました。
だから恥を忍んで、立場もわきまえず彼の為のラジオドラマを創りました。
で、ラストはこの曲に決めていたのです。脚本を書く前から。
youtubeは法律的にカバーされていませんから、このブログに貼り付ける事はできません。
だから、そっと見てください(笑)
モノクロ画面で二人のダンサーが踊っている映像のジャッキー・ウィルソン「ハイヤー&ハイヤー」を。
軽い曲なんですが、そのうちなんだか泣けてくるんです。
男と女の恋の物語でなくても、燃えるものに出会えた喜びを表す楽曲でこれ以上のものはありません。
まだ、そんな“人”や“何か”に出会っていない人にも「夢」を与えてくれる曲です。
『それではお送りしましょう。幸せになりたい貴方に!!ジャッキー・ウィルソン「ハイヤー&ハイヤー」!!』
・・・なんてね。

桝形浩人さんと松岡宏忠アナ

戒田節子さん

【ラジオ放送スケジュール】
5月12日(日)午前11時~シンポジュウム「才神時雄の青春」
          正午~ラジオドラマ 「ソローキン女史の憂鬱」

愛媛松山にあるロシア兵墓地を広めた作家・才神時雄に焦点を当てながら、
映画「ソローキンを見た桜」を越えるラジオドラマを作ると息巻く女ラジオ局長と制作ド素人部下のコメディドラマ。
作家・才神時雄役を劇団P.Sみそ汁定食主宰の桝形浩人さんが。
その妻で、今回語りも務める才神ゆりの役をみかん一座座長の戒田節子さんが務めます。

『レモンの花が咲きました』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

浜口庫之助が作った60年代のジャパニーズフォークの代表作は「バラが咲いた」でしたが・・・

写真は我が家の玄関先のレモンの鉢植え。
ご覧ください・・・レモンの花が咲きました。
(あいりちゃんのフランス菊に隠れて小さく咲いています)

さ。お仕事開始ウィーク。
新しいポールスミスを締めて出社しました。

何ヶ所かのハートマークが赤くなっているのが、気に入りました。
“男の愛はその程度がいいんだよ”・・・そう言っているようで。

・・・とここまで書いて、今日からクールビズのスタートと気づきました。

※あいりちゃんのフランスギク
 東日本大震災の津波で亡くなった佐藤愛梨ちゃん(当時6歳)ゆかりの花。

『ラジオから始まった奇跡』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

映画「ソローキンの見た桜」のモスクワ国際映画祭での上映が4月24日にありました。
本日、当社のニュースで取材したものが放送されます。
現地からのリポートによると「泣いているところは日本人と同じところ。感性は同じでした・・・」
放映あとの舞台挨拶で観客からの質問。
「ロシア兵墓地って本当にあるのか?」
「中学生が掃除をしているのは本当か?」
はい。みんな事実です。・・・と監督が答えると観客はどよめいた、と。
嬉しいね。
ローカルの片隅で放送したラジオドラマが、やがて映画になり、一番知って欲しかったロシアの人達にこの物語が届いた瞬間です。
業界誌によると「昨年度の世界のラジオは400億ドルの売り上げで1%の増加だった」と。
なんだか、日本だけが諦めている。
もう一度奇跡を見せたいな。
僕があなたと出会えたのも・・・ラジオの奇跡なのだから。

※南海放送パルスタジオ


※エレベーターに貼られた映画ポスター

『ドラマな人々』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

5月12日(日)正午放送のラジオドラマ「ソローキン女史の憂鬱」
昨日、遂にスタジオ収録が始まりました。
ソローキン女史 ・・・青野悦子(南海放送)
新米ディレクター・・・木村雄 (劇団P.Sみそしる定食)
才神時雄    ・・・桝形浩人(劇団P.Sみそしる定食)
才神ゆりの   ・・・戒田節子(元・南海放送)
NHKディレクター・・松岡宏忠(南海放送)
土居ディレクター・・・近藤誠二(劇団システムキッチン)
郵便局員    ・・・中井宙弥
みんなノリノリ。楽しい収録でした。
放送当日。直前の11時からは僕も出演してのラジオシンポ「才神時雄の青春」も企画しました。
そのシンポの台本も朝から書き上げたし・・・
(後は天才営業マン達の腕を信じて・・・笑)
本番収録。晴れやかな気分で仲間と現場にいれるのは幸せです。

『月曜日の憂鬱』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

ちゃんと応援する時間がなく、気を抜いていたら我が阪神は見事に最下位爆進中。

憂鬱な月曜日を払拭すべく、ブルーのタイガースネクタイで、正岡子規・高浜虚子・秋山真之の母校、松山市立番町小学校での「おやこ交通安全教室」に参加してきました。

41年前から始まったイベント。

新入社員時代はこれで全県下を回りました。
なんでこんなことを・・・と当時は思っていたんですが、そのおかげで愛媛県中の小学校が頭に入りました。

ま、そう考えたら。
おい!阪神!41年後は優勝しろよ!・・・と果てしない夢を(笑)
・・・生きとらんけど。

『ソローキン女史の憂鬱』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

【あらすじ】
局内で出世争いをしている女ラジオ局長(通称・ソローキン女史)は、
ライバルの佐々木企画局長が、現場に相談なく「ソローキンの見た桜」を映画化したことで頭にきている。
かつては恋仲だったと噂がある二人なのだが・・・
女史は失地挽回に「ソローキンの見た桜」以上のラジオドラマを部下に作らそうとするのだが・・・
この部下が実にとっぽくて。

「ソローキンの見た桜」の誰も知らないサイドストーリーをディープでコミカルに構成した令和最初の田中和彦のオリジナルドラマです。

さて。大逆転ドラマは完成するのだろうか?!
そして何より・・・
ソローキン女史の憂鬱は解消するのだろうか?!

【構成】
音楽は西田佐知子からリッキー・ウィルソンまで全ジャンルからの選曲セレクトです。

台本完成。

キャスト内定
(枡形浩人、近藤誠二、青野悦子、戒田節子、松岡宏忠、他)

収録日決定。

歯車と人が僕の周りで、今日の風のように動き始めました。
一番町のスクランブル交差点。そこから見える青空の清々しさに似ています。

【放送日時】
5月12日(日)
11時〜ラジオ・シンポジウム
「ロシア兵墓地に魅入られた男〜才神時雄の青春」※生放送
12時〜オリジナル・ラジオドラマ
「ソローキン女史の憂鬱」

※ヒントを与えてくれる資料の数々

『咳がない。否、席がない』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

咳が止まりました。主治医の投薬が効いたのか、鍼灸師女史の首すじブスブス鍼治療のおかげか?!
東京は青空。

ただし、気温は5度。

これから新幹線移動する新潟も5度らしいです。
新潟と言えば6年ほど前に佐渡ヶ島に渡ったのはいいけど、台風が来て船が欠航。
本土に帰れなくなり、当時末席にいた役員会に出れなくなった事が・・・
とーぜん社長にお詫びの電話をしました。
実はこうこうで、佐渡ヶ島から動けなくなりました。
「お前は、島流しや。そこにおれ!(笑)」・・・と。
笑いながらだから少しは救われたけど、そんなサラリーマンにとっての大失態の時ですら、漫才の台本がふと頭に浮かびました。
社長「お前は、島流しや。そこにおれ!お前にもう席はない!」
僕 「誰が日蓮やねん!世阿弥やねん!大久保長安やねん」
社長「そんなえーもん違うわ!」
咳がないのはいいけれど、席がなくなったら…お終いのサラリーマンです。
ご同輩に幸あれ。

『和牛!社長表彰!』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

来たる4月1日は新しい事業年度のスタートです。

で、今期(3月末まで)に営業目標や視聴率目標、めざましい活躍をした皆さんに、その日の式典冒頭で「社長表彰」をさしあげています。

で、このほど・・・。

数々の話題を作り高い視聴率も頂いている「和牛のA4ランクを召しあがれ!」の和牛のお二人に「社長表彰」にあたる「社長感謝状」をさしあげる事になりました。

昨日が取材日で松山入りされましたから、一足早く社長感謝状をお二人にお贈りいたしました。

因みに。この時間は期末の常勤役員会の途中だったので、会議のイカツイ表情のままで申し訳ありませんでした(笑)

お二人には大変喜んで貰いました。

この模様。詳しくは南海放送テレビ4月5日(金)24:05から放送の「和牛のA4ランクを召しあがれ!」」でご覧ください。(news zeroの後)

『研修という名の苦行』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

今日から4月入社のキャリア採用を含む新人の皆さんの研修が始まりました。

いつも1番最後に僕はお話するんですが、今年は予定がぎっしりで後半予定が取れず、人事部が「なら今日のトップバッターで」と。

原稿を午前中に二本あげないといけないから、ラジオドラマ「ソローキンの見た桜」を聴いていて・・・(笑)ねと、手抜きしてその間に書き上げました。

新人時代。

一番つまらなかったのが「研修」。眠気と闘いながら「早く仕事がしたい」と思ったものです。

“研修という名の苦行”を乗り越えて、早く第一線に出てきて下さいね。

トップページへ