大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

8/18

晴れ

32/21 0%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

小さなキセキ、大きなキセキ

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

「社長!24時間テレビのイベントでアナウンサー・オークションするので、何か出してください!!」

やたら線を引いた本しかないなぁ・・。というか、アナウンサーじゃないよ、僕は。

「ダメですよ。アナ出身なんですから」
(どっかの新聞はそう書いたけど、僕の本籍地はラジオ制作なんだよ。これまでの仕事の中身を知っている人はそう思っているよ。)

・・・というやり取りがありました。
そして、今回出すのは、ハンドメイドの革バッグです。
いい感じにツヤが出ています。

IMG_4504

数年前に東京の職人さんに作ってもらったバッグです。
資料がドサッと入るので、まさに「ラジオドラマ」制作用のバッグとして使っていました。

僕に数々の奇跡を与えてくれたバッグです。

思い出は多いけど、ラスト作品の「風の男 BUZAEMON」を創り終えたし・・・ま、いいか。

24時間テレビの日。

8/31(日)に本町会館のテルスターホールでオークションにかけられます。そのまま寄付になりますから、よろしくお願いします。

あなたに・・逢いたかったです

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

昭和40年前後。

南海放送のラジオドラマ全盛期には、この田舎町にも多くの書き手が存在しました。

天野祐吉さんが南海放送劇団にいらしたより少し前。

会社の倉庫に残された脚本集の中で、高橋光子さんと小田武雄さんの作品か特に光っていました。

調べてみると、後に高橋さんは芥川賞候補に、小田さんは直木賞候補になったこともある人でした。

誰も見向きもしないラジオドラマを隠れて作り始めた頃。僕にとっては倉庫の中で見つけたこのふたりは憧れ中の、憧れの人でした。

その高橋光子さんの名前を舞台のビラで発見したのです。
 

IMG_4454
11月に四国中央市で行われる、ミュージカル 「風船爆弾を作った日々~しゃぼん玉、宇宙(そら)までとばそ!~」のビラです。

昭和19年。アメリカが原爆をつくろうとしていた頃。

日本では紙の街で「風船爆弾」を作っていたのです。従事していたのは川之江高等女学校の33回生達。

高橋さんはその時の一人で、このミュージカルの上演実行委員会の会長として談話を顔写真と一緒に載せていました。

た、た、た、高橋さんだぁ・・・。しかも脚本はわが社の戒田節子君が担当しているではありませんか? (しかし、彼女は高橋さんのことは知らなかったみたいでした。ま、当たり前?)

そうです。たぶん。世間でただ一人、僕だけが興奮しています(笑)。

伝説の人と繋がった! お元気でいらしたのだ!

伝説の人に逢えるかもしれない・・と。

高橋さんのラジオドラマ台本をまた引っ張り出してきて、朝からロマンの海の中で泳いでいるのです。

IMG_4452

おばちゃんの気遣い・・・そして、ペリー・コモ

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

髪の長さが煩わしくなっていたので、近くの理容店に自転車で飛び込む。
前髪はなくなっていくのに何故、いらないところの髪は伸びるんだろう(笑)

僕を担当してくれたのは、うちのお袋くらいの年齢の女性。
(敢えて・・おばちゃんと呼びます)

「イライラするので、バッサリお願いします」

「はい。あれ? あんた、昔 南海に出とらなんだかな? 今、どうなさってるん?」

と、鏡を覗き込む。ヨレヨレのGパンにTシャツ姿だったので、要らぬ気を遣わせたみたいです(笑)

「えー、えー。そ、その辺にいます」

「気い落としなや。元気なら、なんでもできるさかい」

「はい」(笑)

で。バッサリ! すっきり!です。

0818 田中社長

ラジオからペリー・コモ(Perry Como)の「アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー(And I Love You So)」が流れています・・。

今の、なんとなく温ったかな気分を、彼が歌ってくれているみたいです。

おばちゃん。ありがとう。ずーっと、元気でいます!!(笑)

それと、お店の若いスタッフが24時間テレビのTシャツで仕事をされていました。

24htv-t-shirts

こちらも、ありがとうございます。

at sixty

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

タンブラーをもってスターバックスに行く・・っていうのを、したい半分、照れくさい半分でいたのですが、
(たぶん機内販売されている)スタバのタンブラーボトルをお土産にいただきました。

IMG_4395

INVITATIONチケットがついていて、
“好きなドリンクをお店で一杯このタンブラーにお入れします”と書いてあります。

ドキドキ。
おっさんはビビるなあ。

「ちょっと見てよ。あそこのおっさん、タンブラー持ってるよ。似合わねえ」
・・などと、言われたどうしょう・・とか(笑)。意外と意気地がない! のです。

うちのラジオからは、ジャニス・イアン(Janis Ian)の「at seventeen(17歳の頃)」が。

はにかむように歌っているジャニスの声が、今の僕の心情にぴったりです。

但し。
こっちは「at sixty」なのですが・・。

IMG_4392 ※尚、本日は69回目の終戦記念日。式典への出席もあり、終日黒服で過ごしました。

後輩を・・・思うということ

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

かつて、南海放送のテレビ番組「熱血ボウリング部」やラジオ番組「真昼間のシンデレラ」などで活躍してくれたYちゃんの結婚式が、
台風11号のさなか8月9日(土)に横浜でありました。
本人も言っていましたが、彼女、現役時代から「雨女」でした(笑)。

「父親代わりにバージンロードのエスコートをしてくれませんか?」とYちゃんからリクエストされて、二つ返事。
なにせ息子しかいない身なので、そういう役が人生の中でできるとは思っていませんでしたから・・。

さて本番。

新郎が待つ礼拝堂の大扉の前で“スタンバる”(業界用語です・・笑)花嫁と僕。
係員のお姐さんが「あーして、こーして」と最終の約束事を確認しているのですが、耳に全く入ってきません。上の空(笑)。

「緊張するねえ」
「はい。緊張します」
「ただ歩くだけなのにねえ」
「はい。」

数々の放送の修羅場を経験してきた二人なのに。そして、テレビの生中継もないのに・・・(笑)。
ありがとうYちゃん=柳田さやか元アナウンサー。あなた以上に僕が幸せな気分に浸れました。

0811IMG_4345

おまけに。ちょっといい話を・・・。

さっきも書いたように、なにせ8月9日(土)午後の結婚式。台風の影響で飛行機が飛ぶかどうか予測つきません。
土曜日中に松山に帰れるかどうかも分からず、日曜日に生放送を担当しているアナウンサー達は出席を断念せざるえなくなりました。

その中の一人にYちゃんが特に慕っていた先輩のTアナもいました。

Yちゃんが「仕方ないな」と思いながら、結婚式前夜の8月8日(金)夜10時頃に東京の自宅マンションに帰ってきたら、
ドアの前でTアナが「ヤッホー!」とサプライズ登場!!ずっとトイレも我慢して待っていたらしいのです。

「ゴメン。明日、出られなくなったの。だから、今日、顔だけ見に来ちゃったぁ!」

言葉の前に、Yアナの目から溢れる大粒の涙。

「Tさん、大丈夫なんですか!?」
「大丈夫。なんとか・・帰るって」

Tアナ・・寺尾英子アナウンサー。このまま、ありのままの人なのです。
だから後輩達にも「もぎたてテレビ」の視聴者の皆さんにも愛されているんでしょうね。

僕には真似ができません。

0811IMG_4337

創業者魂・・・格好いい!!

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

日本食研の創業者、大沢一彦会長にご挨拶に行きました。

30年ほど前に一度名刺交換をさせて貰ったのですが、
その時の僕の名刺が博物館に残されて、展示されていました。

IMG_4316IMG_4317田中社長 写真(加工)

“20万人に会ってきた”…と、お話になった大沢会長そのままの歴史がそこにありました。

食堂で、工場見学に来ていた宇和島の幼稚園児を見つけた大沢さん。

「田中君。名刺を一緒に配ろう」と僕を連れて、子供達の一群へ…。

「あの子供達にファンになって貰わないと、会社は続かないよ。」

…教訓。ありがとうございました。

僕などはサラリーマン失格ですね。
自分で創ってきたラジオドラマですら、台本や作品が散逸している。
(これは生来のダラシナイなさかもしれませんが・・・笑)

大沢さんは40年前の営業車第一号も、サビのついたまま記念館に展示されていました。

過去の最高の勲章。いや一番何を大事にしているか、ですね。

“反省”を両肩にしょって、今治を後にしました。ありがとうございました。

微笑みの理由

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

このコラム「ヒコヒコ日誌」の表紙用の写真撮影が先日ありました。
カメラマンに「笑ってください」と言われたのですが、モデルじゃないし「無理ですよ」と後ずさりしていたら(笑)、
ニュースキャスターのS君が僕の前に座って、自然に笑わせようということになりました。

僕の向かい側にはS君がいます。

「何を言ったら、田中さんに受けますか?」

「そうだねえ。S君が人生で一番、不幸だった出来事。不幸すぎてもう笑うしかない・・そんなエピソードある?」

一瞬、逡巡したS君。

「はい。あっ、ありました。中学生の頃、道端で犬のうんちを踏んじゃったんですけど、イヤだ~っと2、3歩前に逃げたら、今度は上から、カラスのうんちが・・・左の肩に落ちてきたんです」

ギャハハ。

0805ヒコヒコ日誌

・・・・というショットがこれです。

あえて、身内を褒めます。S君は本当にかわいい人です(笑)。

で、「この写真でいいですか?」と担当者。

「いいけど。前髪をなんとかしてくれない。パソコンで増毛修正するとかさ(笑)」

「それは、無理です!!!」

そばで、S君が笑っています。 僕以上にいい笑顔です。

ニュースCh.4に・・・幸あれ。

覚悟の素敵

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

8月3日(日)。四国中央市で行われた第7回書道パフォーマンス甲子園で三島高校が優勝を果たしました。審査員室のなかにいて(僕に投票権はありません。南海放送賞についてのみ書きます)、その優勝の意味と先生方の評価がどうだったのか書いておきたいと思います。

審査は実に厳正です。プロの書家たちが厳しく点数をつけて、全員の合計得点で決まります。基本的には減点法で、すべての書かれた字のチェックがされます。ちょっと怖いですよね。そしてパフォーマンス評価や最終的な出来上がりの加点をしていくわけです。
blog-20140804-03

三島高校書道部の伝統はイメージで言えば「硬派」で「愚直」。書道として字の一つ一つは完璧だけど、それ以外のプラスアルファがいつもなにか足りなくて、第1回の優勝後は頂点に立てませんでした。

審査員の一人が「三島はどうするのか?と思っていた。いまさら袴を脱いで踊りはじめてもなあ・・。でも今年はすごかった。字を書くというそれ自体のパフォーマンスをしてみせた。これが本当の書道パフォーマンスだ」と。

曰く。墨を落とす瞬間にストップモーションやスローモーションを入れてみせる。足で刷毛を使って何をしているのかと思ったら、それは武士の後ろ姿になっていました。足で書を書いたわけではありません。それは絵でした。書かれた文章にも三島書道部の「決意」と「覚悟」が・・。

覚悟の素敵が、武士の後ろ姿とオーバーラップして・・僕はじわじわ泣けてきました。

なんて格好いいんだ。格好いいということで、泣けるなんて・・・。

自分にないものがこれ。「覚悟」あるいは「勇気」だなと。
blog-20140804-02

※尚、南海放送賞は高松西高等学校に差し上げました。オーソドックスで美しい「紫」のイメージが実にテレビ的だったのです。
blog-20140804-01