大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

10/25

晴れ

22/11 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『Kちゃんの決断。そして、鍋焼きうどん』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

初めての全国ネットになったKちゃんのテレビ番組。
18歳の選挙権についての報道番組だ。

最終編集は東京のキー局で行なわれる。
キー局のプロデューサー、ディレクター、ナレーター。そしてKちゃん。付き添いにウチの報道部長…。

リメイクが完成したのは深夜23時。納入期限ギリギリ。
全員で最後に見直す。プロデューサーが最後に…
「いいんじゃないですか」。
スタッフが「そうですね」「お疲れ様でした」と続く。

が…。なにも言わずに俯いたままのKちゃん。
「あの…」とKちゃん。
「あの…。最後の締めのコメントが嫌なんです。なんか上から目線で…」

スタッフが凍る。
付き添いの報道部長は内心「空気読まんかい。みんな最終の電車もあるんやで。
プロがOK出しているし、納入期限1時間前やし…」と目を閉じる。

プロデューサーが微笑んで一言。
「そうですか。これはあなたの番組です。では、あと30分しかありませんが、やり直しましょう。コメントを考えてください」

ほっとする報道部長。

Kちゃん。僕はとても誇らしいよ。

ラジオディレクターを志望して入社してきた君が。
今は別の世界でこうしてもがいている君が。

今朝も鍋焼きうどんしか食べれない情けない体調の僕だけどさ。

鍋焼きうどん

トップページへ