大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

9/20

晴れ

30/20 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『1985』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

夜。ドアホンが鳴った。お隣りのお婆さんだった。
「明日。サ高住に引越ししますんでご挨拶に・・・」
いいとこ見つかりましたか。
「はい。海の見える新しいところが一部屋ありまして。
私も90になりますから、しんどくて・・・
沢山優しくして貰い、主人の葬儀の時はお花までいただきありがとうございました。
ここに来た時は慎ちゃん(息子のこと)が幼稚園でしたよね」
(そっか、1985年だものな)そうでしたね。元気でいてくださいね。
「ありがとうございます。田中さんこそ」
ちょうど薮野健画伯からメール添付の絵が送られてきたばかりでした。


エジプト・ルクソール。
メモをみたら1985年12月に描く・・・と。
ルクソールは1992年ごろ僕も行って
王家の谷のツタンカーメンの墓などに入ったことがありました。
アガサ・クリスティが古代学者の旦那についてこの地にきて
「ナイルに死す」とか何冊かの推理小説を書いた街、ルクソール。
誰しもに歴史ありだな・・・とお隣さんの後ろ姿を見送りました。
さようならより、ありがとうがいいな。

『サントリーバー露口12ストーリズ+』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

FB友達でもある阿部美岐子さんが3つのストーリーを書き加えた改訂版を出されました。

弊社がらみの「ソローキンの見た桜」にちなんだカクテルのご紹介も・・・ありがとうございます。

早く当たり前に、夜の街で自由に語らう大人の時間がかえってくる事を願います。

『蒼い時代。そして僕の宝物』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

土曜日に第一回を迎えるIYO夢みらい館の「ラジオドラマ講座」に持って行こうと古い脚本をひっぱり出してきました。

見開きページにはなぜ僕がこの作品を書いたのかというメッセージをスタッフ向けに載せています。

この文章は…
「七人のゴースト」の見開き。
読み直すと、あの日の熱い思いと蒼い時代が甦って堪らなく泣けてきました。

『紙屑のごと飛ばすユウウツ青嵐』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

雨の中。鍋焼きうどんのアサヒに。

店の壁に俳句が書かれている。
誰の作品なんですか?店員さんに聴きます。
「私のです」店員さんが照れながらこたえてくれました。
いいですね。
「ありがとうございます」

憂鬱を吹き飛ばしたくて始めたラジオ番組だ。
なんだか共感する。
僕も青嵐の如くあらねば。。

『文字ヒコ 登場』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

リスナーがかつての「ポップスヒコヒコタイム」最後の4年間を文字に残してくれました。
特に2002年3月31日の最後の「時計台放送」は昨日の事のように思い出します。…ありがとう。

https://l.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fkeaton.galaxy.bindcloud.jp%2Fmojihiko.html%3Ffbclid%3DIwAR25POB8K0oKzqAtNra-uATGnV4OBSS4OhDmla_qKAkPUsbTees6QjbLe8c&h=AT2aP01vkl8wyu1weo49uGWG-8QtZg6-zH-xkwWVoA3RRkZziy0pi5b5sZHOx4HqimD3jGOLEBIkcV_KOvmFkwFmrg8xAw7Gw83LNiQhGxpRGAIpRQXOL-WEDEbS7lPrOQoe&__tn__=-UK-R&c[0]=AT25Ox5aeTCRpFP3fDLAJW9jdiIWJ7NcZ5fy_pxYrNg_1YzqvR200umvbs9hIisxA2h9u1qHKW7J35ROwwlizvCe9v1oNp_H_BgpVVIkaSxQCMBMHbJ7qZxDA2nM3dYok28WjTGt2AJdciiSk8JrhqFk-N0zLnnGeQMZCg

トップページへ