大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

11/26

くもり時々晴れ

20/9 30%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『ダ・ヴィンチ…って』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

県美術館でクリスマス・イブまで開催中のレオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展に行ってきました。

じっくり1時間かけて鑑賞しました。

音声ガイダンスを聴きながら学ぶことが多い!多い!(ちなみに、音声ガイダンスが540円とメチャ安い)

で、知ったこと。

レオナルド・ダ・ヴィンチって、ヴィンチ村のレオナルド君という意味なんですね。

言えば…「和彦・ダ・松山」或いは「和彦・ダ・山越」。

…松山市山越村の和彦くん。

だから「ダ・ヴィンチがさぁ…」と語るのは本来はおかしいんですね。

それ“村”じゃん…、と。

記念ハガキを大量に買い込んできました。

写真は記念ハガキの接写で、作品の盗撮ではありません(笑)

【レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 ~日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎~】
  愛媛県美術館で今月24日(日)まで開催 午前9時40分~午後6時(入場は午後5時30分まで)
 ★ダ・ヴィンチ ナイト★
  15日(金)、16日(土)、22日(金)、23日(土)は午後7時まで開館!(入場は午後6時30分まで)
  各日午後6時以降に入場いただいた方にはもれなく、ダ・ヴィンチ展ポストカード1枚プレゼント!
  さらに、各日抽選で、最大3名の方に会場で販売中のワイン「レオナルド キャンティ2015」プレゼント!

『死者のお正月、巳午(みんま)』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

四国以外では例がない、特に愛媛県の中予地方に伝わる土俗的伝承行事が「みんま」です。

その年に亡くなった方のお正月を祝う…という趣旨らしい。で、今日がその日。

松山周辺の餅屋さんや仕出し屋さんは大忙しの一日らしいです。

その奇妙な「法事」の為、今日はお休みを取って実家にやってきました。

墓前で注連飾りでお餅を炙り、背中回しにして、竹串か鉄串で刺して食べる…んだと、おじさんに教わりました。

不思議な風習です。

こんな事で忙しいのに休みを取るのは…とも考えたんですが、風習の中に身を置くのも大事かな、と。

そういうのにウルサイ母だったし…。

『赤シャツの逆襲!! 全国へ発信!!』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

南海放送制作のオリジナルドラマ『赤シャツの逆襲』
全国各局に番組の放送をお願いしてますが、
今日までに決まったところをお知らせします。

テレビ金沢 12/26(火) 15時55分~

北日本放送 12/27(水) 15時54分~

広島テレビ 12/29(金) 26時39分~

テレビ新潟 12/30(土) 4時50分~

山口放送  12/31(日) 15時00分~

宮城テレビ 12/31(日) 5時00分~

福井放送   1/4 (木) 24時59分~

テレビ岩手  1/21(日) 15時30分~

・・です。 よろしくお願いします。

『総括とはじまり』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

年賀状ご辞退のお知らせをたくさんいただきます。

自分もそうしなくちゃあいけないんだけど。未だに・・・

①「身内が亡くなったのでこの正月はおめでとうを言われたくないのか!?」

②年が明けても皆さんに「おめでとう」を口にする気分にならないのか?!

・・・それがよく分からないから、僕はお知らせをしないつもり。

新年になったらみんなチャラじゃん・・新しいスタートじゃん!と本当は考えているからです。

かといって、慣習を無視するのもと思い、
「年賀状ありがとうございました」という返信のみを例年の半分の200枚くらい用意しようかなと考えています。

毎年、年末年始は老母を連れて旅行に行き、その時の写真を翌年の年賀状にしていました。

人生は分からないものですね。

今年1月1日に年賀状用に『寒霞渓』で撮ったこのショットが使えなくなるとは。

12月が近づき、総括と新しい始まりの予感がします。

これから鳥取出張です。そのまま東京へ。

今晩食べる「カニ」よりも鳥取砂丘コナン空港が初めてなので、それが楽しみです。

『芋けんぴに八つ当たり』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

会議デー。

これが本来のお仕事とはいえ、頭の痛い問題が必ず湧いて出ます。

会議終了後。

手近のあった芋けんぴにぼりぼりと八つ当たりです(笑)。

芋けんぴ・・なんで高知・土佐の名産なのかはよく知りません。

室町時代に「明」から渡来したお菓子だという説。

土佐日記の紀貫之が食べて感動して、これを食べたらみんな健康に肥えるだろうと「健肥(けんぴ)」と名付けたという説。

・・これはきっと後付だろうけど、笑えます。上手い! 上手い!

僕が高知放送のラジオ・ディレクターなら
『芋けんぴに捧げるほろ苦いブルース」という歴史教養ドキュメント番組を創るところです。

土佐日記繋がりで「〇〇ダイアリー」ってオールディズを選曲して…

いかん、いかん。すぐに制作時代に逃げようとする・・。

芋けんぴ、ぼりぼり。

トップページへ