大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

10/21

雨

21/18 90%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

本当に下手な字

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

「おかあさんの子なのに、なんであんたは字がへたなん?」

社長サイン

小学校時代から老母に言われた、回数の一番多いセリフです。

買い込んでいた52円切手、100枚が切れました。
毎日一通は、誰かにおハガキを書いていた計算です。
あっ・・下手な字で、です(笑)。

スタッフにお願いして、52円切手を50枚買ってきてもらいました。
カラフルな種類を混ぜてくれていました。

1209社長ブログ

なんだか楽しい気分になります。

今日から書くおハガキは、これを使います。目移りしますね。

「おかあさんの子なのに、なんであなたは歌がへたなん?」
・・・これも言われました。
だからPopsを聴き始めたのだと思いますが、改めてひどい親ですね(笑)。

子供は褒めて伸ばさないと。  十分に手遅れですが。

キャサリン&アーネスト

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

今回は休日モードで!

20141201 社長ブログ

第1回の社内サイクリング大会が、昨日行われたぜぇ。

言いだしっぺの部長が

「社内の日常とは切り分ける意味で、サイクリングネームを各自つけてください。今日以降、イベント内ではその呼称で呼び合いましょう」と言うので、

自転車の前にネームプレートをつけたぜぇ。

 

先輩のOB女性が「キャサリン」とつけていたものだから、僕も真似して洋風に、ヘミングウェィのファースト・ネームであるアーネストにしたぜぇ。

 

先輩に「どこがキャサリンやねん」と言ったら、「どこがアーネストやねん」と言い返されたぜぇ。

 

ワイルドだろぅ。

(ちなみに彼女は僕が入社して最初に担当したラジオ番組「南海電話リクエスト」のディレクターだった人)

 

愛媛マラソンのコースを走ったんだが、まだ3キロにも満たない平和通での信号待ち途中。突然、爆発音が!!

振り向いたら、なんと僕の自転車の後輪がバーストしていたぜぇ。止まっているのにだぜぇ。

 

ワイルドだろぅ。

 

顔面蒼白になったんだが、手馴れたメンバーが、あっという間にチューブを入れ替えて修理しちゃったぜぇ。

 

ゲスト参加してくれた女医の富永先生(※富永ペインクリック院長。写真 ランチ風景)が、その鮮やかさに感心していたぜぇ。

たぶん先生は救急医の応急処置の観点から見ていたんだろうけど・・

 

格好よかったぜぇ。

 

最年長の専務さんは、土曜日の夕方納車したばかりの新車で参加していたぜぇ。

部員が「流石、いいロード・バイクですねえ」と褒めたら、

「いや、これはローゴ(老後)・バイクなんだ」と言って、周囲の爆笑をとっていたぜぇ。

 

営業出身の専務さんなのに・・・ワイルドだろぅ。

 

脱帽だぜぇ。

※以上、最近テレビに出なくなった「すぎちゃん」ふうにまとめてみました。

キャパを観た大人の女性たち

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

県美術館での「ロバート・キャパ展」もいよいよ12月1日までになりました。
今日は僕のプライベート・フェイスブック友達達の感想記事を(ご本人たちの了解を頂いて)転載致します。

一人目は本田佳江さん・・

20141121社長ブログ2

「ロバート・キャパと過ごす時間/光の風景へ」展。

美術館の時間は緩く、流れた時間と溶け合います。

ロバート・キャパという報道写真家。

ヘルメットの中で仔犬を洗う兵士。

この、切り取られた一瞬がいとおしくて鼓動が早まります。 (本田佳江)

二人目は白形優子さん・・

20141121社長ブログ3

昨日は県美術館で開催中のロバート・キャパ展へ。
「伝わる」ことと「伝える」ことは別だと思った…というのは後から考えたことだけど。

美しい、強い、悲しい、寂しい、痛い、生きる歓び、死に対する恐怖、淡々と過ぎて行く現実、人生のすばらしさ、人生のはかなさ、笑顔のあたたかさ…

いろんな感情が湧いてくる、とてもいい展示でした。
真剣に生きることのすばらしさ。

会場を出ると全てが被写体に見えました(笑)ハイ、気分屋ですが何か? (白形優子)

三人目は中村紀子さん・・

『ロバート・キャパ展』

20141121社長ブログ1

午後、少しだけ時間があったので、
ふと思い立ち、行ってまいりました(^^)/
きょうの館内は、小学生の団体がいた関係で
普段よりも賑やかでしたが、
特に支障もなく、じっくり見ることができました。

報道写真というと
地味でクールなイメージがありましたが、
キャパの写真は、どんな被写体に対しても
「懐」に飛び込んでいくような、
「撮る側」と「撮られる側」の
お互いの信頼感がにじみ出ている作品ばかり。
モノクロ写真なのに、じっと見ていると
「色彩」が浮かんでくるから不思議です。

帰り道、城山公園の風景を
ガラケーで撮影しましたが、
平和な日常の写真を気軽に撮れる幸せを
大切にしたいと思いました(*^_^*)           (中村紀子)

・・・・・・・・・・このように大人の女性は、戦場カメラマンとしてのキャパの記録のみならず、「人間キャパ」の魅力に触れていただいたようです。

1年の計が…この日

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

11月8日(土)に行われた第93回 全国高校サッカー選手権 愛媛県大会の決勝戦。

1110 社長ブログ2

アナウンサー時代は足掛け10年くらい、日本一の実況中継をしてやろうと、この日を一番大切な日にしていたものです。

南海放送のスポーツアナウンサーに代々伝わる伝統の言葉。

『名勝負は、アナウンサーが創る!』

江刺アナウンサーも準備いっぱい。緊張感漂う放送スタッフに声をかけて、僕は気楽な観戦でした。

結果はご存知のように、松山北の勝利。スポーツの世界は、勝利の歓喜と残酷な涙がいつも交錯するものです。

ところで、昨日。ウイットのそっくりの上生菓子をスーパーで見つけました(笑)。

1110 社長ブログ1

松山市内の花月堂さんの作・・・とか。

高校サッカーの視聴率が6.5%と、過去最高を記録したお祝いに、粗茶と一緒にウイットをいただきます(笑)。

ラジオスターの栄誉

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

昭和28年10月。ラジオ南海が放送を始めたばかりの草創期。

この頃は毎週オリジナルのラジオ・ドラマを放送していました。
出演していた一番の若手声優が大井緑さん。当時、東雲高校3年生でした。
元祖・アイドルタレント・・・と言えなくもありません(笑)。

その大井緑さんが、昨日 愛媛県教育文化賞を受賞されました。(授賞されたのは県内におけるガールスカウト運動の貢献を認められたもので、ラジオ・ドラマは関係ありません・・・笑)

IMG_5188
IMG_5191

18才だった彼女も79歳になられました。

当時の思い出話。

「ドラマ収録の合間にスタジオのグランドピアノの下に潜って、学校の宿題をしていたんです…」
「頂いたギャラで、近くの洋食屋さんに行き、チキンライスを食べるのが贅沢で、楽しかったです。南海放送のスタッフの皆さんに本当に可愛がってもらいました」

おめでとうございます。
ラジオの先達とご一緒できた文化の日。
僕にとっても格別でした。

そして、誇らしくも思いました。 ありがとうございました。

IMG_5195

トップページへ