大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

10/22

雨

22/17 90%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『フェアバンクスの溜め息』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

自社の社員を褒めるのは、親バカ・小バカなのですが・・・ちょっと備忘録として。
みかん一座も勿論のこと。アラスカの出張は、実にハードスケジュールだったのです。しかもこの時期、「白夜」状態。日の入りが22時頃だから調子が狂うのです。
それに輪をかけて、現地の皆さんの「アラスカ時間」といわれてる、のんびりした時間管理(笑)。5分、10分を遵守する僕たちが間違っているのかしらんと思いだしたりして・・。「日本人は器がちっちぇのか?」と(笑)。

アラスカ雑感写真写真:アラスカにて

ある日。
懇親パーティが21時に終了。この時間、外は真昼の明るさ(笑)。そして翌日の起床は午前4時。一流のホテルなのですが、フロントにモーニング・コールを頼んでも「当てにならないので頼まないほうがいいです」と現地ガイドさん。
とにかく寝なければ・・。

そして朝。
早朝4時。やっとこさ起き出してホテルの玄関に集合したら、日の出がはじまる薄暗い外から、うちの伊東ディレクターが音声さんを引き連れて帰ってきました。
あれ? 確か・・昨夜のパーティは一緒だったのに?
「どうしたの?」
「おはようございます。もしかしたら、夜中にオーロラが撮れるかと・・」
「オーロラは冬だけじゃないの。寝てないの?」
「はい。でも、地元の人が、100回に一回くらいは今でも出る事があるというものですから・・二晩連続チャレンジしたんですけど、ダメでした」
・・・と、疲れよりも、ただ残念さだけがその表情に。

僕は局内では、”制作出身者”だと自認しているのですが、もう「制作現場」には戻れないと思いました。
今更。どのツラ下げて・・ラジオマンでござい! などと・・
彼のような根性を、今は持ち合わせていない。それも飄々と・・「ダメでした」と言える・・感覚。

今年度の「日本記者クラブ特別賞」を彼は受けます。当たり前だよな・・と。

伊東D写真さて。この僕。
制作現場に帰れないとなると、いよいよ、真面目に仕事しないとな、・・と、ため息ひとつ。
現地で買った僕のブルーのノートには「フェアバンクスの溜め息」と一行メモが、汚い字で残されていました。

※フェアバンクス・・アラスカ内陸部の都市。和田重次郎がこの街ができるきっかけをつくったと言われている。

トップページへ