大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

9/25

晴れのち時々雨

27/20 60%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『小さな奇跡』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

僕は今日、大きな発見をして、一人興奮しています。

読み直していた「小さな藩の奇跡」。

それは伊予小松藩(現・愛媛県西条市)の江戸時代の藩士が残した日記なんです。

小松藩。

全国に266あった藩の中で一番弱小の一万石。藩士は足軽をいれても100人足らず。城なし、公用の馬は一頭だけ・・・という貧しさ。

でも、小松藩は維新の時。新政府軍として倒幕軍に加わります。出した兵は精一杯の51人。新潟まで出かけています。

その時亡くなった小松藩の武士は1名。重傷1名、軽傷1名。

その重傷兵の名前が目にとまりました。
和田源八・・・かれは政府から「感状」を貰いました。

なに?! 和田源八!!

この源八こそが、僕が昔ラジオドラマを創り、今は顕彰会をしている“オーロラになったサムライ”和田重次郎の父親なんです。

「お前は侍の子なんだぞ」と母親にいつも言われていたという重次郎。

その通り、維新戦争に彼の父・源八は本当に行ってました。

このタイプの興奮は僕だけしか分からないと思うけど、誰かに伝えたくてFBに書き残しておきます。