大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

7/27

晴れ

33/24 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

くめさんもワクチン接種できたそうです

In Category未分類
By番組スタッフ

このところ、愛媛県内の感染状況が落ち着いていることから、くめさんに南海放送のスタジオにお越しいただき番組収録できています。
加えて、くめさん自身のコロナワクチン接種も、久万高原町でできているそうで一安心です。
役場への電話も1回でつながったとのこと、良かったです。

さて、7月18日の番組では、そのコロナワクチンに関するエッセイで「『コロナワクチン 首長の線香接種』の報に寄せて」を紹介します。
曲は「やぎさんゆうびん」と「とんび」をお送りします。

ぜひお聴きくださいね♪

7月も、まずは『秘めだるま』夏の号から

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
6月に入ってから紫陽花が色とりどりに咲いているのを見かけましたが、
くめさんが住む久万山では、6月下旬にやっと咲き始めたそうです。

さて、7月4日の「くめさんの空」でご紹介するエッセイは、
『秘めだるま』夏の号の「~テンプな編集長の世の中メタメタ斬り~ボランティアの責任――考~」(98ページ~)

タイトルのとおり、ボランティアの責任について問いかけるエッセイです。
ぜひ、一緒に考えてみてください。

詩は「地球の輪舞(ろんど)」(『秘めだるま』増刊21号、6ページ~)

曲は「たなばたさま」「かっこう」をお送りします。
ぜひお聞きくださいね♪

引き続き、『秘めだるま』夏の号から

In Category未分類
By番組スタッフ

6月20日の「くめさんの空」は、やっとくめさんが南海放送のスタジオに来ることができて、
暑さも梅雨のジメジメも吹き飛ばす勢いで元気にお届けします!

ちょうど『秘めだるま』夏の号ができたばかり、
その夏の号からエッセイと詩をご紹介します。

エッセイは、父の日にちなんで「夏・父の思い出」(102ページ~)
詩は「ピッカピカの一年生」(74ページ~)

お楽しみいただいている季節の童謡は「船頭さん」と「雨ふり」をお送りします。
今週もお楽しみに♪

「秘めだるま」夏の号ができました!

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
梅雨の候ではありますが、真夏の暑さがいっしょにやってきました。
お元気にお過ごしでしょうか。

さて、くめさんがライフワークとして発行し続けている季刊誌『秘めだるま』の
夏の号ができました!

表紙の花は、くめさん方の庭に咲くアヤメです。
凛々しく涼しげに、まっすぐ伸びて咲いていますよ。

13日放送の「くめさんの空」では、この、できたてホヤホヤの夏の号から、
エッセイ「やっと来た! 時間の重み」(101P)をご紹介します。

曲は「ホ~タルの宿は~」で始まる童謡「蛍」と、
追慕の日恒例の「炭坑節」をお送りします。
ぜひ、お聞きくださいね♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【季刊誌『秘めだるま』購読のお申し込み・お問い合わせについて】

直接くめさんのところへお電話ください。

  秘めだるま企画編集室
   小倉 くめ さん
  0892-41-0158

くめさんのお宅には、留守番電話も、FAXも、パソコンありません。
1度でつながらない場合もあろうかと思いますが、何度かかけてみてください。
よろしくお願いします。

テレだけワークが続いています

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
「くめさんの空」プレゼンターの小倉くめさんは、コロナ禍で
久万高原町からの“テレだけワーク”(電話インタビューでの出演)が続いています。
番組の中では、くめさんが、今、伝えておきたいコロナ関連の話をお届けしています。

ラジコのタイムフリーでお聞きいただける5月16日は、コロナ禍で配信された心に響くニュースを一冊にまとめた本
「人生に、エールを。〜はげまし、はげまされ〜」(志賀内泰弘 著・編)から、
中学3年女子が書いた「約束」を紹介。
この女子中学生の母親は医療従事者、そして曾祖母が入院中に病院でコロナ患者が出て・・・。
とても考えさせられた、多くの方に知ってほしい「約束」です。

そして、次回23日は、医療従事者の女性リスナーさんから、自身のコロナワクチン接種後の状況をお知らせいただいたので、
この方の体験談をご紹介します。

23日のエッセイは、最新の『秘めだるま』春の号から「一粒のキャラメル」、
曲は「田植え」「蛙の笛」をお送りします。

ぜひ、お聴きください♪

5月は ほっこりさわやかにお送りします♪

In Category未分類
By番組スタッフ

コロナ禍のゴールデンウィーク、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
こんな時だからこそ、「くめさんの空」でほっこりさわやかにお過ごしください♪

タイムフリーでお聞きいただける、5月2日は、くめさんの詩と懐かしい童謡をお届けしています。
もちろん、くめさんの天下御免の久万弁も、テレだけワーク(電話インタビュー)ではありますが、炸裂していますよ。

一つ目の詩 「ひとつ足らん ふたつ足らん みっつ足らん」(「秘めだるま」2019年夏の号、76ページ)
二つ目の詩 「ミツバチが酔うた!」(「秘めだるま」増刊21号、48ページ)
三つ目の詩 「タンポポ」(「秘めだるま」増刊22号、91ページ)

曲は「若葉」「ぶんぶんぶん」「こいのぼり」です。

そして、次回5月9日は母の日。
母の日のくめさんの空は、いろいろな母親の話をお聞きください。
まずは、くめさんが亡き母への感謝の思いをつづったエッセイ「かぁちゃんの知恵」、
そして、母の日にぴったりの話や詩をご紹介します。

曲は「みかんの花咲く丘」「こいのぼり」「おかあさん」をお送りします。
お楽しみに♪

“テレだけワーク”になりました

In Category未分類
By番組スタッフ

4月から、12時からの放送になった「くめさんの空」。
プレゼンターの小倉くめさんは、生まれ故郷の久万高原町に住み、ライフワークの季刊誌『秘めだるま』を出版し続けています。

このところの松山の新型コロナウィルスの感染状況では、70歳代のくめさんにスタジオにお越しいただくのは忍びなく、
18日の放送は、“テレだけワーク”(電話インタビュー)でのご出演になりました。
電話の向こうでも、くめさんの天下御免の久万弁は炸裂!
今回のエッセイ「国を挙げての過ち」は少々辛口なので、しっかりじっくりお聴きください。

無自覚の差別意識によって「障害者」の「害」の字をひらがなにすることを障害者差別対策だと主張する人たちと、それを受け入れる日本社会を危惧するくめさん。

今回のキーワード「アンコンシャス バイアス」(本人が気づいていない、悪気がない、偏見)は、誰にでも起こりうることのようです。

くめさんの解説と童謡「おうちわすれて」&「ちんから峠」で、頭を柔らかくしながらじっくり聴いてくださいね♪

お昼12時からにお引越し♪

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
「ラジオエッセイ くめさんの空」は、平成5年9月にスタートした南海放送ラジオのロングラン番組です。

4月から、お昼12時からの放送になりました。
お昼ご飯を食べながら耳を傾けていただければ幸いです。

プレゼンター小倉くめさんの天下御免の久万弁の語りは、故郷の父や母、あるいは祖父や祖母を思い出させてくれます。
くめさんが綴る詩やエッセイには、故郷の原風景があります。
幸せのヒントになるようなちょっといい話も満載!
くめさんが選曲している季節の童謡はいっしょに口ずさみたくなります♪

4日放送の番組では、くめさんが編集長を務める季刊誌「秘めだるま」最新号(2021年春の号)から、
エッセイ「父の狼煙」をご紹介します。

曲は「うれしいひなまつり」と「流しびな」です。お楽しみに♪

※「秘めだるま」購読お申込み方法は「小倉くめさんプロフィール」をご覧ください。

小倉くめさんプロフィール

「秘めだるま」春の号

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
今年も、くめさんのライフワークになっている季刊誌「秘めだるま」春の号が、
創刊記念日の3月14日に出版されます。

7日放送の「くめさんの空」では、エッセイ「春の号後先の話ーー名残の雪・・・」として、
久万高原町に住むくめさんがどのように春の号を制作していたのかをご紹介します。
ときどき雪に見舞われる久万の早春の風景を想像しながらお聞きください。

そんな春の号の表紙は、カメラマンも務めるくめさん、渾身の1枚です!
ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

ところで、くめさんの元に「101歳で亡くなった父がしたためていた詩が見つかりました」というお便りが届きました。
90歳まで大洲の山奥に住み、90歳からの10年間を娘さんがいる松山で暮らしたお父さんだそうです。
見つかった詩をくめさんが朗読します。

曲は、童謡「うぐいす」と「どこかで春が」をお送りします。
お楽しみに♪

※「秘めだるま」購読お申込み方法は「小倉くめさんプロフィール」をご覧くださいね。

小倉くめさんプロフィール

2月追慕の日

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
久万高原町のくめさんは、今日、雪を見たそうです!
松山は、自転車で走ると汗ばむほどでしたが・・・。

さて、14日放送分も、くめさんは”テレだけワーク”(電話インタビュー)での出演です。
電話の向こうで、天下御免の久万弁で元気を届けてくれますよ。

追慕の日として、2月が命日の方へのメッセージをご紹介。

曲は、童謡「ちょびっとちょびっと春が来た」と、
朝の準備運動として踊ってもらえる「炭坑節」をお送りします。
お楽しみに♪

トップページへ