大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

12/13

くもりのち晴れ

12/6 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

ひきつづき、高校生月間!

In Category未分類
By番組スタッフ

師走も半ば、本格的な寒さがやってきましたが、
「くめさんの空」の12月は、高校生のホットな声をお届けする”高校生月間”を、熱く熱くお送りしています。

16日は、八幡浜市にある川之石高校で行われた人権学習の授業の感想、第2弾。
1年1組の生徒が、くめさんを取材し、くめさんの詩「手が2本あるのは」を授業で紹介しました。
瑞々しい生徒の感想を、ぜひおききください。

なお、番組の中でも、詩「手が2本あるのは」(詩集『山より太い猪は出ん』30ページ)を朗読でご紹介します。

さらに、くめさんが「秘めだるま」を出版するきっかけとなった、ある障害者母子の事件をもとに綴った詩「12月のレクイエム」(同上33ページ)も朗読します。

曲は「手のひらを太陽に」と「母さんの歌」

ストレートな高校生の言葉に、今回も気づかされることがいっぱいです。
ぜひ、きいてくださいね。

12月は高校生月間!

In Categoryくめさんの詩
By番組スタッフ

くめさんは、季刊誌「秘めだるま」の発行、ラジオ「くめさんの空」の原稿書きと出演、そして講演活動の”三足のわらじ”をはいて活動しています。

この秋、愛媛県内の二つの高校の生徒との出会いがありました。

ひとつは、八幡浜市の川之石高校で、人権学習の一環として、1年1組の生徒と先生が、久万のくめさんの自宅を訪問し取材を行い、それをもとにクラスで授業を行なったのです。

もうひとつは、松山市の聖陵高校で、創立記念行事の講演会で、くめさんの講演がありました。

12月の「くめさんの空」では、この2校から、くめさんのところに届いた生徒の感想をご紹介していきます。
2日は川之石高校、9日は聖陵高校の予定です。
高校生の瑞々しい感性に、くめさんの言葉がどのように響いたのか、ぜひ、お聴きください!

「いつ死んでもいい」と言いながら・・・

In Category未分類
By番組スタッフ

「いつ死んでもいい」というようなことを言いながら、健康診断を受けたり、積極的に人生を楽しんだりしている人は、あなたの周りにいませんか?
あるいは、ご自身がそうかもしれませんね。

18日の「くめさんの空」は、くめさんに起こった加齢に伴うアクシデントをつづったエッセイ「爪の話」をお送りします。
そして、医師の鎌田實さんと脚本家の橋田壽賀子さんの「いつ死んでもいい」をキーワードにしたやりとりをご紹介します。鎌田氏曰く、「いつ死んでもいい」は半部の真実なのだそうで、納得すること請け合いです。

曲は、この時期にぴったりの「まっかな秋」と「りんごのひとりごと」です。
今週もお楽しみに!

芸術の秋に愛でるもの

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
日に日に秋が深まっていくようです。

食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・・・・。
みなさんは、どんな秋を楽しんでいますか?

11月4日の「くめさんの空」でご紹介するエッセイは「ワタクシ流、芸術の秋」(『秘めだるま』2018・秋の号、99ページ~)

くめさんが49歳の頃のエッセイですので、20年ほど前に書かれたものです。
当時の洋画で活躍していたイケメン俳優たちが登場します。
懐かしい映画スターの面々の中で、皆さんは、どなたがお好みでしょう?

加えて、日本の銀幕スターに関する素敵なエピソードも紹介します。
生き方が素敵な、あの、大スターです。
おわかりでしょうか。どうぞ、お楽しみに!

曲は、「もみじ」と「菊の花」です。
皆さん、よくご存知の童謡ですので、一緒に歌いながら、お聞きくださいね。

復興みかんが届きました!

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
日に日に秋の深まりを感じる季節になりました。
美味しい秋の味覚もいっぱいですね。

くめさんのところには、これまでにもご紹介してきた「復興みかん」が届いたそうです。
箱を空けると、傷があったり、大きさも不揃いだったりするみかんたちが並んでいて・・・・・・。

そんな「復興みかん」を目にしたときのくめさんの思いをはじめ、くめさんが感動した話をご紹介します。

エッセイは「『平成』最後の夏ーーを惜しむ」
曲は、「月の光」と「月」を
十三夜の今宵の月にちなんでお送りします。お楽しみに!

くめ・ひめファミリーの陣中見舞い

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
やっと、本格的な秋の訪れを感じるようになりました。
週末ごとにやってきていた台風も、先週は大過なく、皆さんご無事だったことと思います。

そんな10月7日の「くめさんの空」では、童謡「村祭り」と「秋の子」をお聞きいただきました。
秋の風情を感じて頂けたでしょうか。

さて、14日の「くめさんの空」は「追慕の日」。
その月が命日の方へのメッセージの紹介や、被災地情報などをお送りしています。

当初は、東日本大震災のあと、何かできることはないか、との思いで始まった企画なのですが、
今年7月の西日本豪雨災害で、愛媛県内でも甚大な被害があり、
愛媛の被災地の情報もお届けしています。

同じ愛媛に住む者として、できることは・・・、と、くめさんが
「くめ・ひめファミリーの陣中見舞い」という企画を考えました。

被災地の方に元気になってもらえるように、来年の盆踊り大会で、一緒に「炭坑節」を踊ろうというものです。
その経緯や思いを、14日の放送でくめさんが語っていますので、ぜひお聞きください。
そして、予行練習の意味もこめて、「炭坑節」を聞いて、踊っていただきたい、ということで、
毎月、この追慕の日には、「炭坑節」をお届けします。
皆さん、一緒に踊りましょう!

他に、お送りする曲は、童謡「野菊」と「見てござる」です。
こちらは、いつものように一緒に歌える曲です。
今週もお楽しみに。

なんの魚でしょう?

In Category未分類
By番組スタッフ

「くめさんの空」いつもお聞きの方ならおわかりかと思いますが、
くめさんは、ユーモアのセンス抜群です!

9月30日の「くめさんの空」の冒頭で、くめさんからナゾかけ「なんの魚でしょう?」が出題されます。
たとえば、「いつもしゃべっている魚は?」・・・・・・おわかりですか?
頭の体操に、ぜひ、お聞きになってチャレンジしてみてください。

この日は、「今朝の一服」として、エッセイストで元高校教諭の宮本延春さん(『オール1の落ちこぼれ、教師になる』著者)の記事を紹介しながら、いじめ問題について、くめさんからの提言です。

詩は、最新の「秘めだるま」秋の号から「どっちを助ける」(82ページ~)
曲は、「ひょっこりひょうたん島」「夕焼け小焼け」をお送りします。

お楽しみに!

敬老の日、追慕の日

In Category未分類
By番組スタッフ

初秋の連休、いかがお過ごしでしょうか。

9月16日の「くめさんの空」は、追慕の日。
その月が命日の方へのメッセージを紹介しながらお送りする毎月恒例の企画です。

今回は、「敬老の日」を前に、くめさんが見つけた「お元気さんコール」を続けている、ある家族の話をご紹介します。
こうありたい、と思える素敵な親子のお話です。

また、被災地情報は、愛媛県内で豪雨災害のあった、みかんの産地吉田の復興みかんのニュースに、くめさんがエールを送ります。

曲は、「故郷の廃家」「船頭さん」
そして「炭坑節」をお送りします。

この「炭坑節」をこのところ折に触れてお送りしているのは、理由があります。
くめさんが、被災された方々に元気になってもらうために考えたもので、
もし、賛同してくれる方がいて、
「被災地から来てほしい!」の声がかかったら、
来年の夏の盆踊りに「くめさん一座」で参加して、被災された地域の皆さんと一緒に「炭坑節」を踊りたい、という企画です。

これから、毎月、追慕の日には「炭坑節」を流し、一緒に歌ったり踊ったりしながら、1年かけて皆さんの声をお待ちしたいと考えています。
「よし、のった!」という方は、ぜひご一報ください。お待ちしています!

この夏を振り返って

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
夏の終わりに台風が次々日本にやってきています。
酷暑と豪雨の夏が終わり、このまま秋へと向かうのでしょうか。

26日の「くめさんの空」はこの夏を振り返ってお送りします。
特に終戦の日頃の新聞で、くめさんがであった投稿から心に響いた文章をご紹介します。
曲もたっぷりお送りしますので、ぜひ一緒に歌いながらお聞きくださいね。

「おつかいありさん」
「とんぼのめがね」
「故郷」
「炭坑節」(三橋美智也)

8月の「追慕の日」

In Category未分類
By番組スタッフ

こんにちは。
暑さも峠を越してくれたのでしょうか。
立秋を過ぎて、少しずつ、少しずつ、朝晩は涼しくなってきているような気がします。
このまま過ごしやすくなってほしいものですね。

さて、12日の「くめさんの空」は追慕の日。
8月が命日の方へのメッセージをご紹介します。
8月は、終戦の日があったり、広島や長崎の原爆投下の日があったりで特別な思いを抱く追慕の日なのではないでしょうか。

この日は、漫画家の水木しげるさんと長女えつこさんのエピソードから、戦争の風化についてくめさんが感じていることをお話しします。
皆さんはどのようにお感じになりますか?
ぜひ、番組をお聞きになっての感想をお寄せください。お待ちしています。

曲は「峠の我が家」「山のロザリア」をお送りします。

トップページへ