2017/05/17 水曜日: 10:00:08: 未分類

急峻な山肌を駆け下りる 黒毛和牛

2017/05/14 日曜日: 17:32:39: 未分類

母の日です。

母の書く 字 を知っているかと問われれば、自信がありません。
小学校入学時にハーモニカの背に書いてくれた
<寺尾英子>という字がすごくきれいで、未だ越えられません。

でも、鮮明な記憶はそのくらいです。

あとは台所のメモ書きの文字、チラシの裏・・
字を真似して書く事もできない親不孝者です。

そんな母は、共働きで60年ずっと働いてきましたが
昨年からやっと自分の時間が持てるようになり、
趣味も何もなかったので地域のサークルに通い始めました

何を始めたのかも教えてくれないまま、明けて正月
見つけたクロッキー帳を見て・・驚愕

どんな字を書くのかさえ知らないんだから
どんな絵を描くのかなんて知らなかった

母は母で、何をどう描いていいやら??と、ただ描いています

ちょっと絵が上手なつもりだった娘は
始めたばかりのクロッキー帳、最初の数頁で K.O.

・・・負けが込んで参りました

2017/05/12 金曜日: 12:27:39: 未分類

桃ちゃんのふるさとに行きました

桃ちゃんは田舎者で、社会人になった頃ありがちな
「どちらがより田舎ではなく都会か!?」という
郡部出身者同士の不毛な会話をしてみたりしました

ももちゃんの家は私の想像をはるかに超え、
どえらい山の、何もない山の、川が流れ、人が笑い、空が広いふるさと

ももちゃん、あなたがどんなに田舎者か
今回よくわかりました

 花が好きなのも
 山が好きなのも
 川が好きなのも

いつか故郷に帰りたいと思う気持ちも

2017/05/11 木曜日: 11:55:13: 未分類

・・、などと、優ちゃんは言ってくれるけど

ヤツは昨日、私の取材先に合流するため 朝バスに乗る
ーー はずが!
聞いたイメージでは、バス停で待っていたはいいが、
何を思ったか、反対車線の停留所に佇んでおり
ヤバイ! と気付いた時には向かい車線のバスは発車

ダッシュで追いかけては見たものの、
猛アピールで止めようかと思ったものの、
タクシーで追跡する事を選んだそうです。

その話を聴いているだけで、私の頭には
刑事ドラマの追跡BGがエンドレスで流れ、
やれやれ、これで追いつくかと期待させたのも束の間、
運転手さんが間違えて違う停留所で降ろされ
タクシーを乗り換えてまた追跡が始まったと聞いた時には、
どんだけの追跡劇くりひろげるのかと・・

長くなるので、帰りのバスにも乗り損ねた話はおいといて
その夜 東京まで移動するという大変な一日に
周り、っちゅーか私はずっとひやひやしていても
本人いたって涼しげな顔で、天然ボケを次々繰り出してくるあたり
コヤツ大物だな・・と敗北感に苛まれるつまらない女、寺尾です

2017/05/07 日曜日: 01:27:53: 未分類

G.W. お疲れ様です。
よい休日になりましたか?
私は風邪を引いて、大半寝ておりました
盆や正月に体調崩すタイプです (´-`)

ニュースを見てもどこも沸いてますね
混んでる場所に行くのは大変ですが、
混んでるからこそ楽しいのかなと思ったり

いよいよ最終日はゆっくりしますか?

そんじゃ、TVでも見ませんかっ!?
いいのありますよ、お昼頃
4チャンネルだったと思います
やや鼻声の案内が聞こえてきたら
1時間ばかしお付き合いください

生放送なので 途中クシャミ入るかもです

2017/05/05 金曜日: 18:03:04: 未分類

晴天の午後、ちょっと時間があったので
くるりんに乗った
平日で、空いていた
チケットを渡すと、ちょうど アレが回ってきた

< シースルーゴンドラ >

「 このチケットでしたらシースルーにも乗れますが、どうされますか? 」
 いやいや、そんなつもりじゃないし、
 キャーこわーい!・・とか言わないし
「 いえ、普通のでいいです 」 ――― と言いかけて
( もうシースルーに乗る事はないだろう、百聞は一見に如かず、か )
「 では、スケ籠で。」 とシースルーを選んだ

おお、透けちょる透けちょる
視界が広いね、360度見えるよ
こういうのって写真ではなかなか伝わらないけど
さすがに、てっぺん付近で真下を見たら
ちょっと怖かった。

くるりんの骨組みを真上から見るの図
コームズ君、今度はこれに乗ってみようかね

2017/05/02 火曜日: 18:40:17: 未分類

コノハナサクヤ姫の名前をお借りした時にはもう
休みの日に大山祇神社に行こうと決めていたのですが
まさか、
大山祇の神様がコノハナサクヤ姫の父神様だったとは
花咲くこの季節に奇遇にも嬉しい御縁を感じました

咲いていました、咲いていました
見事に咲いていましたよ

父に喜んでもらおうと、姫が咲かせた藤なのでしょうか・・

2017/04/30 日曜日: 22:32:25: 未分類

G.W.いかがお過ごしですか?

数日前 「 もうすぐゴールデンウィーク 」 と聞いて
ちょっとびっくらこいた寺尾です
年明けからこっち、慣れない事が続いて
明確な記憶がないまま5月を迎える気持ちです

数日前、外出先で母と会話していた時
「 うちの裏の大きな桜 」 の話になって
「 ? 」 と思った寺尾です
そう言えば、裏に桜の木がありましたが、
それは大きな木ではなく、ひょろっとした木でした
「 あの細い桜やろ? 」
「 いえいえ、幹の太さもこのくらいあるよ 」
母は両手で抱えるように輪を作りました
「 ?? 」

 ―――  そうか、私、しばらく裏の道 歩いてないんだ・・

母を降ろしてから 「 裏の桜、見て帰る 」 と
あの頃はとても広く感じていた 車1台がやっとの道
桜を気に留めなかったのは、
帰省した時が 花咲く頃じゃなかったからだろうか

 ああ、こんなに大きな木になってたんだ・・
 今は緑の葉が茂り、さぞかし綺麗に咲いていたんだろうね

 ―――  私、何やってたんだろう

うちの桜も見ないまま
木蓮が並んで咲く事も 知らないまま

2017/04/07 金曜日: 23:50:25: 未分類

今でこそ慣れたが
「 顔 写真付きの名刺を作ります 」と言われた十数年前

まぢでーーーっ!?
いやよーーーっ!!
なんでーーーっっ?

と、私らしく ずっとぶうぶう ブーたれていた

かしこまった写真は苦手だった
笑顔も、苦手だった
名刺に自分の写真なんて、なんて自意識の高い奴
それでも社命なので名刺用の写真を撮りに行った

出来上がった名刺の写真は
思った通り、いや、少しあった期待さえ打ち砕いた
とても名刺交換する気にならなかったので
あの写真付きの名刺は、記憶が間違っていなければ、
1枚しか、1枚だけ、どなたかに渡したのみ

その名刺の写真は、

京唄子さんに 似ていた

小さい頃、唄子さんの番組を見ていた
別れても、啓助さんをずっと、愛していた
啓助さんを亡くした後も、きっと、ずっと
そうに違いないと、子供ながら思っていた

あの頃は似ていると思ってはいなかったけど・・

残り99枚の名刺、どうしたっけ・・
数年前までは引出しの奥にあったけど・・

今日はあのぎこちない笑顔の名刺が、無性に懐かしい

2017/02/28 火曜日: 22:00:18: 未分類

なんだかんだで9時に なってしまった
なんだかんだで9時を 待ってしまった

取材途中の車の中で、ひろひこさんの訃報を知った

アナウンサーになって、半年後に初めてラジオ番組をもたせてもらった
担当ディレクターが ひろひこさんだった
洋楽番組だったから、部長がひろひこさんにDをお願いしたのだろう
・・・ひろひこさん、ごめんなさい。
洋楽ドド素人で、喋りもドド素人・・どんなに歯がゆかったかと、今ならわかる

アナウンサーになって、1年目に放送中のスタジオの隅でお喋りしてて怒られた
温厚なひろひこさんに怒られて、猛省しながらスタジオを出た
いったい何年前だ? 忘れられない・・怒られたのは一度きり、今は私が怒る役目

追悼番組をやると知ったけど、取材も早く終わったし
たまったメールに目を通して帰ろうと思っていたのに
なんでかなぁ~、目を通し終えたらちょうど、ちょうど、9時になってしまった

ラジオから、ひろひこさんの笑い声が聞こえる
スタジオのヒコ殿は、老眼鏡をかけている(カッコいい白ブチ眼鏡)
往年のリスナーさんからのメールが紹介され、ひろひこさんの声が流れる
ラジオだけ聞いてたら、何十年か前にタイムスリップしてくみたい
何が変わって、何が変わらないんだろう
何が去って、何が残るのだろう

ひろひこさん、ちゃんと謝ってないのに
今なら、時効だよって許してもらえそうなのに

だめだねラジオは、そこに 林ひろひこが いるみたい

それでかなぁ~、もう一度会える気がして
スタジオのそばで、9時を待ってしまった

また来てね ひろひこさん 記憶の中に、音楽の中に
また、ラジオでね。

コメント・トラックバックは承認制となっております。すぐに反映されないことがありますが、ご了承ください。

次ページへ »