永野彰子

ニュース解説

貼り紙に込めた思い

「ひとりで抱え込まないで…」こんな貼り紙を、公共施設や商業施設の女性用トイレなどで見かけた人は多いのではないでしょうか。 メッセージの送り手は「愛媛県女性保護対策協議会」です。 主に女性のための夜間電話相談で支援にあたっ...
ニュース解説

はるかさんのレモンサワー

「コロナの影響で子育て世代がとても大変な思いをしている。飲食店も大変。お互い様の気持ちなんですよ」-。 2歳の子どもを保育園に預けながら、松山市一番町で飲食店を経営する梅原春佳さんは、コロナ騒動の今、子育て世代に250円(そ...
ニュース解説

病気の子どもを支える~ラ・ファミリエの取り組み

「本人がSOSを出せる先をたくさん持っていることが大切だと思うんです」―。 慢性疾患や難病のある子どもや家族をサポートする松山市のNPO法人ラ・ファミリエでは、子どもたちが復学するためのさまざまな支援や相談にあたっています。 ...
ニュース解説

地方出版社の役割

「活字離れが進んでいるというけれど、スマホ然り、以前に比べて活字にはよく触れている。“離れ”が進んでいるのは商業出版の分野だけなんですよ」ー。 先日、忽那修徳さんをしのぶ会で、創風社出版(松山市)の大早友章代表が語りました。 地方出...
ニュース解説

坂の上の雲ミュージアム散歩

「坂の上の雲ミュージアム」の入り口エントランス、いま菜の花が見頃です。 松山の貴重な文化財産をもっとよく知ろうと、月1回開かれている朝の社内勉強会に「坂の上の雲ミュージアム」の松本啓治館長にお越しいただきました。 ...
ニュース解説

「国際自由人」藤村さん

住む場所にとらわれず、様々な国に移り住む”国際自由人”として活躍している藤村正憲さんの講演会が、先日、松山市内で開かれました。 2002年から北京→香港→マレーシア→オランダと移り住んでいる藤村さん。 きっかけは学生時代に行...
ニュース解説

南海放送のYouTubeがアツイ

南海放送のYouTubeが面白いらしいね、誰が作ってるの?と知人から問われることが幾度かあり、その制作者にズームします。 メディア広報部の折原綾平さん(32歳)、入社1年目。 前職は、スマホゲーム開発企業の動画マーケターとし...
ニュース解説

ジ・アースの思い出

まちづくりに熱い思いを語り合う人たち、その傍らで、グラスを片手におだやかに微笑みながら耳を傾けている忽那さん、そんな場面が思い出されます。 平成元年に創刊された雑誌地域文化誌「ジ・アース」。 覚えている方も多いのではないでし...
ニュース解説

地域や学校にもどる糧

昨年末開かれた、小児がんなどで長期入院をしている子供たちの学習の問題を考えるシンポジウムで、県内で学習支援ボランティアをしている団体の活動が紹介されました。 難病の子どもや家族をサポートする松山市のNPO法人ラ・ファミリエです。 ...
ニュース解説

昨年度のベストワン本に

「不自由って、想像力をはばたかせる素(もと)なんですよ」―。 松山市在住の作家、宇佐美まことさん。 去年秋に、児童虐待をテーマにした話題作「展望塔のラプンツェル」を出したばかり、のはずが、もう新作です。 「黒鳥の湖」(...