永野彰子

ニュース解説

オトナの工作時間

「“初めてペンキを塗るんだけど”“初めて網戸を張り替えるんだけど”といった、今まであまりホームセンターをご利用されてなかった新しいお客様が、かなり増えている状況です」-。 〈DCMダイキ(株)中川真行社長〉 近年縮小していたDI...
ニュース解説

ラジオ愛あふれる…

「当時はPTAから、聴いてはいけない番組って言われてたみたい…」と笑う、えっちんこと青野悦子さん。かつての南海放送ラジオ、大人気電リク番組「るんるんワイド」の第3期ミスDJです。 昭和の終盤、ミスDJは、全国の女子大生ブームの...
ニュース解説

働く女性のロールモデル 横山ぬいさん

「女性だからできない、女性だからやる、など“女性だから”を取ってほしい。大変だろうからこんな仕事でいいよ、というような優しさは、その人にとっての機会損失です」ー。 女性の管理職登用がなかなか進まない中、愛媛県経営者協会が今年7...
ニュース解説

DVと児童虐待について考える

女性のための夜間電話相談や、DV被害者のサポートなど、女性たちへの支援を行っている民間の団体、愛媛県女性保護対策協議会が、11月28日(土)に講演会を開きます。 テーマは『小説「展望塔のラプンツェル」から子ども・女性への支援を...
ニュース解説

文化の日は、朝9時30分

「アルツハイマーの奥様を介護している夫の金森さんが、明るいんですよ。悲観的なところがなくて、介護は楽しいっておっしゃっていた。もちろん、日々の葛藤のようなものは当然あったと思いますが」-。 南海放送制作のドラマ「記憶の葉っぱ」...
ニュース解説

宇佐美さんの新作は、カタルシス!

「小説には、人の心を、社会を変えていける力があるんじゃないかと思うんですよね」―。 松山市在住の作家、宇佐美まことさんがよく口にする思いです。 前回7月のインタビューでの予告通り、宇佐美まことさん、またまた新刊を出されました。 ...
ニュース解説

ふらりと山頭火

~横顔の美しいジャズ~ 地下のバーで生演奏を聴きながらひとりバーボンを傾ける… そんな情景を思わせるこの句、作者は種田山頭火です。 没後80年、戦前を生きた種田山頭火の句は、現代に生きる私たちにとっても、鮮やかに心に迫ります。 ...
ニュース解説

伊予市×南海放送ラジオ

「ますます、いよし。」 こんなキャッチコピーとポスターが目に付くようになりました。 おそらく松山市民で、伊予市に“行ったことがない”人は、あまりいないのではないでしょうか…というより“通ったことがない人”との表現が正しいかも...
ニュース解説

金曜昼は、百合田彩のキャンディボイス!

「番組やってくださいって言われて、ドッキリだと思っていました」-。 この秋から南海放送ラジオ「Tips」金曜日を担当することになった百合田彩さん。 いまTipsのディレクターを務めているだけに、この秋から、まさか自分がガラ...
ニュース解説

平野和子キャスター民放デビュー!

愛媛大学理学部生物学科卒業。 「ばりばりのリケジョだったんですね」と問うと、「もともと女優志望だったんですよ」 ・・・ん? 「舞台女優なんですけど、オーディション受けたとき理系だとちょっと目立つかなと思って入学したんですよね。で、入っ...