すてきなナイトミュージアム

ニュース解説

忙しさが増す年末に、ほっと一息つけるひとときはいかがでしょうか。
松山市の坂の上の雲ミュージアムで『ナイトミュージアム&イルミネーション』が始まりました。

一番町通りの喧騒から一歩裏手に進むと、癒しの光が包んでくれます。

初日の11月28日には特別イベント『大人のナイトミュージアム~特別ツアー〜』が開かれました。
いつもと違った雰囲気で、ミュージアムを楽しみましょうという企画です。
まずは館内ツアー。学芸員さんの説明も、昼間とは違った響きですーっと入ってくる感じです。

自然光を活かした安藤忠雄氏の建築のすばらしさは、昼間、十分感じ取れますが、“夜の闇”に浮かぶ安藤建築も魅惑的です。

実は今回、「ワインを飲みながらイルミネーションを堪能しよう」という初めての試みでもありました。
(広報担当 村上比奈子さん)

「こんな素敵な場所で、ワインでもいただけたら素敵かも…」と、発案した村上さん。

ワインのセレクトは、ワインエキスパートでもある宮嶋那帆アナウンサー。
とっても楽しみだったのですが…。
残念ながら新型コロナ感染予防対策として、館内での飲食が急遽中止となってしまいました。

 (ワインに合うおつまみとスイーツのセットは、お持ち帰りとなりました)

宮嶋アナおすすめのグラスワインと、プチパリ(松山市畑寺)のオードブルとスイーツセットをいただきながら、一面のガラス壁に映し出されるイルミネーションを眺める…こんな夢のようなひとときは、次回(12月25日予定)以降に期待しましょう…。

館内ツアーの後は、ミュージアムコンサート。リオで活躍するボサノヴァ・アーティスト臼田道成さんの演奏を楽しみます。
三角の建物構造からか、音の響きもすばらしい!

(同時に開館延長する萬翠荘の優雅なたたずまいも、ガラス壁から望めます)

館内飲食はできませんでしたが、坂雲の世界と、安藤建築と、ボサノヴァの魅力をたっぷり味わうことができました。ちなみに提供予定だったワインは、最期の抽選会でのプレゼントに。

極上の景色と、おいしいワイン&おつまみ、素敵な音楽を楽しめる特別企画、次回は12月25日(金)に予定されています。参加費1人1,500円。
特別なクリスマスになりそうですね。
大人のナイトミュージアム~特別ツアー〜
かなりの人気で今回も抽選だったので、お申し込みはお早めに。

(プロジェクションマッピングで、光の色も変化します)

なお、ナイトミュージアム&イルミネーションは、2021年1月2日(土)までの、毎週金・土(18:30~20:30 ※入館は20:00まで イルミネーション点灯21:00まで)。

記者プロフィール
この記事を書いた人
永野彰子

入社32年目、下り坂をゆっくり楽しんで歩いています。
ラジオ「ニュースな時間」で出会った人たちの、こころに残ることばを中心にお伝えできればと思います。

永野彰子をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室