松山三越リニューアルとライオンの口角

ニュース解説

松山三越“リニューアル”目指すべき方向は?」でも

お伝えした、去年9月から進む松山三越の大規模改修工事。

 

おととい記者会見が開かれ、

リニューアルのスケジュールと

出店する店舗のより具体的な内容が発表されました。

2021年9月21日・記者発表

オープンは10月から12月まで

大きく3つの時期に分かれていています。

 

第一弾 フードホール、マルシェがオープン

まず10月6日、1階にオープンするのが

イタリア料理店「サンタサンタ」や

「マルデナポリ」などのレストラン事業を

県内や首都圏などで展開する

株式会社タケシカンパニーによる「坊っちゃんフードホール」。

「坊っちゃんフードホール」イメージ

イタリアン、ビストロ、中華、和食、

クラフトビール専門店、カフェ…などなど

13の業態の様々な料理やお酒が楽しめる

巨大フードコートが誕生します。

(10月6日は一部オープン、フルオープンは12月10日)

 

その1階には同じく10月6日、

道後でホテルや土産物店を運営する

株式会社古湧園が

マルシェ「十五万石-結-」を開店。

マルシェ「十五万石-結-」イメージ

道後の観光土産店とは趣を変え

愛媛や四国を中心に、全国からセレクトした

こだわりの物産を“マルシェ”スタイルで販売します。

 

第二弾はデパ地下リニューアル

続いて10月26日には

地下1階にライフスタイルマーケット

「THE CENTRAL MARKET」がオープン。

ライフスタイルマーケット「THE CENTRAL MARKET」イメージ

生鮮食品、総菜など従来の食料品フロアのコーナーに加え

新たに飲食店をオープンさせたい人や

新事業を展開したい生産者のためのトライアルのスペース、

ポップアップレストランなどの機能を兼ね備え

新たなデパ地下空間を提案します。

 

第三弾は 美と健康&滞在の空間

第三弾となる12月上旬には

5階と6階のフロアに

フィットネスジムなどを展開する

株式会社三福ホールディングスと

アンチエイジングを専門とする

愛媛大学大学院 抗加齢医学講座の

伊賀瀬道也教授がタッグを組んだ、

美と健康のフロアが開業。

エイジングケアパーク「Aging care E3」イメージ 会員制の女性専用岩盤浴も

 

7階・8階には

道後でホテル業を営む株式会社茶玻瑠による

北欧デザインの高級ホテルとフレンチダイニングがオープンします。

ライフスタイルホテル「HOTEL LEPO CHAHAL(ホテル レポ チャハル)」イメージ

「RESTAURANT AINO(レストラン アイノ)」イメージ

ホテルの客室内を彩るのは

北欧・フィンランドの

世界的ブランド「マリメッコ」の

テキスタイルデザイナーとして活躍した

砥部町出身・石本藤雄氏の陶芸作品。

 

またレストランはアジアのベストレストラン50にも選ばれた

東京・神谷町の「SUGALABO」の薬師神陸シェフ(西予市出身)が

フードディレクションを行います。

 

 

今回、松山三越がリニューアルのテーマに掲げるのが

「地元企業との協業」です。

松山三越 浅田徹社長

三越が頑張って何かやります、という時代ではなく
三越も一緒にやらせてもらいます(ということ)。
街で活躍する企業・団体に、いい場所に(松山三越が)あるので
この場所を使って事業をやってもらう。

 

ライフスタイルや消費動向の変化により

ビジネスモデルの転換が求められて久しい百貨店業界。

 

3年半前、浅田徹社長が就任した当初

三越伊勢丹としては

松山からの撤退も選択肢にあったと言います。

 

生き残りをかけ、「これまでの百貨店には

どうしても手が届かなかった」(浅田社長)

“美と健康”や“ホテル事業”といった分野に

地元企業との協業という形でアプローチをかける一方、

百貨店事業の採算のとれていなかった分野を縮小する。

 

この「地域協業」を掲げた事業構造が

いかに成果をあげることができるか、

それは“松山三越だけの話”ではなく

松山中心市街地のエリア全体の未来を

左右するものであることは明らかです。

 

 

毎朝通勤で一番町を通りますが

最近、松山三越前のライオン像の口角が

以前に比べ少し上がった気が…

気のせいでしょうか?

2021年9月2日・記者発表スライドより

記者プロフィール
この記事を書いた人
松岡宏忠

奈良県大和高田市出身。2005年に入社し
2009年の「NEWS CH.4」番組開始とともに
フィールドキャスターに。
2013年からキャスターを務める。
2021年春からはデスク業務にもあたる。
好きな言葉は「毒蛇は急がない」。

松岡宏忠をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室