めくるめくデパ地下リニューアル

ニュース解説

 

青木>
デパ地下って

ものすごいワクワクしますよね!

松岡>
いやぁ、美味しそうなお弁当が

たくさん!えっ、これは何?

“のっけいなり”って書いてますよ。

新しい、いなりずしですね。
インスタ映えしそう!

こっちは…うわぁ牛めし!

ご飯が見えないぐらい
“ギュウギュウ”です 笑

そして…あぁ~これは贅沢!

明太子がドドン!と乗ってますね

 

先週、NEWS CH.4で

青木美奈実アナとスタジオを飛び出して

お昼時のデパートを、街ブラリポートならぬ

“デパ地下ブラ”リポートしてきました。

 

いよてつ高島屋(松山市)の地下食品フロアでは

約2年前から総菜コーナーのリニューアルを計画。

ちょうどこの日、そのプロジェクトが完了したのです。

 

共働き世帯やシニア世帯、単身世帯の増加といった

時代の変化に対応すべく

“個食”、“健康”、“時短”などをキーワードに

進められてきたリニューアルでしたが…

 

「そんななかで
  コロナが発生し、当然
   我々は変化対応業ですから
  そういったお客様の変化に
  敏感に対応しながら
  品揃えにも
  反映させていきたいと」

 

こう語るのはリニューアルの責任者、

日本(ひのもと)洋介さん。

 

コロナによる外出自粛、外食自粛によって

  • 宅食
  • 家飲み
  • 自宅でプチ贅沢な食事

などを楽しみたいという

ニーズが高まっていることに着目し

  • お弁当商品の充実
  • 贅沢・高級な商品の強化

これらを新たな課題に掲げ

プロジェクトを進めてきたのです。

 

新登場したのは…

家飲み需要に応える

地元松山の炭火焼鳥店「焼鳥ダイニング鈴木」。

ヘルシー志向に応える

“サラダ漬物”が売りの老舗漬物店「まるこし」。

“お家でプチ贅沢!”に応える

お肉屋さんのお惣菜「かつヰ」など。

 

リニューアル完了間近、

いよてつ高島屋の会議室では

弁当の試食が行われていました。

日本さんに、自信ありげに

お弁当を差し出したのは

今回、新規オープンする

卵料理の店「COCO亭」の担当者。

 

福岡から出店のお店ということで

日本さんは事前に

「オープニングの目玉として福岡らしいお弁当を」

リクエストしていたのです。

それがこちら…

 

大ぶりの明太子が

中央にドンと鎮座するお弁当。

思わずゴクッと

生唾を飲み込まずにはいられませんよね!

試食した日本さんも

「明太子の辛味とご飯が交じり合ってすごくいい味!」

と太鼓判を押します。

 

即採用!かと思いきや…

まさか、日本さんの口からは

「卵料理専門店なのに出汁巻き卵が寂し過ぎるのでは」

という博多明太子よりも、うんと辛口の意見が。

 

“オープニングの目玉商品”ということで

日本さん、一切妥協する気配はありません。

 

そして迎えたオープンの日。

開店とともに、店には瞬く間に行列が!

卵料理専門店「COCO亭」の売り場を覗くと…

ありました、ありました!

オープン目玉商品のお弁当が。

大ぶりの出汁巻き卵が4枚。

試行錯誤の結果、出汁巻き卵と明太子の

どちらも堪能できるように、と

その名も「出汁巻き入り明太重」が

赤字覚悟の特別価格で販売されていました。

 

青木アナウンサーと一緒に売り場で話を聞いた

お客さんの声が印象的でした

 

「コロナで家で過ごすことが
多くなったので
なかなか外で(食事)という
ことがないので
家でちょっと贅沢なものを
楽しめたらいいなと。
何かワクワクしますね。
このコロナ禍で
新しいものができると」

 

そうか…

“変化に対応する”ことは

人をワクワクさせる力を持っているのか。

記者プロフィール
この記事を書いた人
松岡宏忠

奈良県大和高田市出身。2005年に入社し
2009年の「NEWS CH.4」番組開始とともに
フィールドキャスターに。
2013年からキャスターを務める。
2021年春からはデスク業務にもあたる。
好きな言葉は「毒蛇は急がない」。

松岡宏忠をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室