ポツンと1軒「お好み焼き」屋~被災地に復活!

ニュース解説

西日本豪雨から1年半以上。県内で復興が最も遅れる今治市大三島の被災地に、先週末の22日、1軒のお好み焼き屋が復活しました。

復活させたのは、鴉(カラス)昇さん(80)とケイ子さん(72)夫婦。

被災直後から「必ず、復活させる」と決意し、粘り強く取り組み、実現させました。

ケイ子さんは復活の日の22日、ほぼ12時間立ちっぱなし。焼いたお好み焼きは、約40枚でした。

最後のお客を送り出して、思わず口にした言葉は、「昼抜きで、トイレにも行かんかった」。

夫の昇さんは洗い物を手伝いながら、「くたびれたと思う」と妻を気遣いました。

80歳と72歳の夫婦は、「お蔭でここまで来れた。ひと安心したけど、これからが勝負」と口を揃えます。

2018年の西日本豪雨被害から、ほとんど復興が進んでいない被災地に”ポツン”と復活したお好み焼き屋。そのわずか5坪ほどの土地で、”孤軍奮闘”する夫婦を取材しました。

◆「頑張りよ、若いんじゃけん」「若かろか?」

復活したお好み焼き屋は、しまなみ海道の愛媛県側の玄関口、多々羅大橋のたもとにありました。

当たり一面、かんきつ畑が広がり、島民らの通行はほとんどありません。

唯一、近くに多々羅温泉という温泉施設があったため、行き帰りの島民らが常連客になっていました。

しかし、その温泉施設は壊滅的被害を受け、廃止が決定。

逆風の中、それでも80歳と72歳の夫婦は、17年間続けたお好み焼き屋を復活させることを決め、1年半以上、粘り強く努力しました。

復活の日、訪れた常連客がケイ子さんにかけた言葉が「頑張りよ、まだ若いんじゃけん」。

ケイ子さんが答えました。

「若かろか?」。

2人のファイトと粘り強さを知っている私には、冗談とは思えませんでした。

◆「やっぱり同じ味がする。昔を思い出す味」

味の特徴は、まず、このざっくりと角切りにしたキャベツ。

「誰にも習っていない。自己流」(ケイ子さん)。

ザクザクとした歯ごたえがありながら、コテで押さえつけない生地がふんわりして、微妙なジュルジュル感がソースと絡んで美味です。

うどんやそばが好みで載せられますが、特徴のもう1つがこの豚肉。

厚い・・・

さらに、食べていると、何か香ばしいような、天かすのような風味がします。

ケイ子さんに尋ねると、隠し味的に使っていると見せてくれました。

一年半ぶりに訪れた常連客からは「家で焼くと、こういう”ふんわか”感が出ない」「やっぱり同じ味がする。昔を思い出す味」と思わず笑みが漏れていました。

◆被災地の暗闇に”明かり”と”笑い声”が・・・

被災地に復活したお好み焼き屋の周りには、本当に何もありません。

そもそも、このお好み焼き屋のためだけに電力を復旧しました。

やっと被災地に1年半ぶりに明かりが灯り、島の人たちが集まり、笑い声が聞こえました。

その場を復活させ、これから切り盛りするのは80歳と72歳の夫婦です。

「二人が協力して、長続きさせたい」

「足腰が立つ間は、やってみようと思う」

昇さんは夫婦仲について、「朝起きてから、夜寝るまで、ず~とボロカスに言われとる」と笑いますが、店に立つ2人の姿は、お好み焼きの『生地』と『キャベツ』のような関係に見えました。

*******

このお好み焼き屋の復活については、3月3日(予定)のNews Ch.4特集で放送します。

記者プロフィール
この記事を書いた人
三谷隆司

今治市出身(55歳)立教大学卒。1988年南海放送入社後、新居浜支局記者、県政担当記者などを経て、報道部長。現在、執行役員報道局長・解説委員長

三谷隆司をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室