大規模漁船火災から1年、復活への足取り 

ニュース解説

去年、20隻以上の漁船が焼失した
伊予市の大規模火災から一年が経ちました。

苦境に立ち向かう漁師の物語です。

※詳しくは動画で!

漁船21隻焼失も火災原因は「不明」

21隻の漁船が焼けた大規模火災は、
去年4月26日、伊予市の
上灘漁港で起きました。

漁師20人が所属する
漁業団体・共栄網では、
カタクチイワシ用の漁船10隻のうち、
8隻を失いました。

地元の消防は、最終的に
「原因不明」と結論付けています。

※※※

「漁船が欲しい」 漁師の思い

共栄網の副会長で、漁師歴26年の
和田直樹さん(48)は語ります。

■和田さん
「辛さや無念さは、もちろんある。
後悔することなく、これを区切りに、
しんどい思いをしたのだから
もうこれ以上のことは無いと思って
先に進む方がいい」

港には、火災を免れた
2隻の漁船がありました。

■和田さん
「この船が残ってくれたおかげで
去年はイワシ漁ができた。
これが焼けていたら、共栄網は
持ちこたえていなかったかもしれない」

新造船の建造費は1隻あたり約4000万円。

このため和田さんは、
中古漁船で再建することを決め、
これまでに4隻を確保。

さらに伊方町の水産会社から
追加で2隻を調達する計画です。


調達した中古漁船

減った売上げ どうカバーする?

火災の被害で
共栄網のカタクチイワシの漁獲量は、
火災前の3割にとどまり
売上額も約8000万円と
3分の1に落ち込みました。

このため水産加工施設も
長期にわたり
休業せざるをえませんでした。

そこで漁師たちは、
新たな収入の確保に乗り出しました。

新たにスーパーのフジとの
商談を成功させ、去年8月から
“頭とり上灘いりこ”の商品名で
販売をスタートしました。

■(株)フジ・リテイリング
バイヤー 小松征浩さん
「商売道具の船が燃えたと知り、
何か協力できないかと思い、
商談を進めた」

「エグミのある
イリコの頭を落とすことで
おつまみやおやつ感覚で
食べやすいといった声があり、
とても好評な商品となっている」

イワシ以外の魚で副収入

漁師たちは、
イワシ以外の魚にも漁の範囲を広げ
収入を補おうという試みにも
取り組んでいます。

イワシ用の巻き網漁船とは別の
“流し網漁”が行える船で
サワラを狙います。

日の入り前に網を海に投入し、
待つこと2時間。

待望のサワラです。

■インタ 和田さん
「イワシが獲れるのが一番だけど、
これはこれで自分たちの
生活の足しになるのであれば」

女性たちも頑張る

このほか、週末限定でオープンする
“海の産直市”まるきょうを
道の駅ふたみの近くに開設。

漁師の妻たちが交代制で働き、
じゃこ天やたこ飯などを
提供しています。

再起を図る上灘・共栄網の漁師たち

来月からは、これまで確保した
漁船と合わせ、
6隻での出漁が予定される共栄網。

逆境をはねのけ、常に前を向く姿に
取材する側の私も
勇気をもらいました。

記者プロフィール
この記事を書いた人
中武正和

1975年11月松山市生まれ。南海放送南予支局(宇和島駐在)記者として一次産業を中心に様々な話題を取材。西日本豪雨は発生時から被災地で取材活動に従事。2021年4月から県庁担当記者。南予・東予から届く支局の話題を分かりやすく解説します。

中武正和をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室