販売回復の兆し… 愛媛の養殖マダイ

ニュース解説

新型コロナで大打撃を受けた
愛媛の養殖マダイが、
補助金を活用した販促キャンペーンや
加工品開発、そして若者らのPRなどで
販売回復の兆しを見せています。

「このままだと戦争並みになる」

新型コロナが暗い影を落とし始めた
去年3月、養殖が盛んな愛南町など
宇和海の生産現場では、
悲痛な声が聞かれました。

新型コロナで外食自粛が求められ、
飲食店向けに出荷されていた
愛媛県産養殖マダイの販売が
大きな打撃を受けたのです。

売れ行きが鈍るとともに、
販売単価も下落。

1キロあたりの販売単価も900円から
500円台にまで落ち込みました。

補助金による販売促進キャンペーン

こうした状況を受け、国は
補助金を投じ、スーパーなどでの
販売促進キャンペーンを
積極的に支援しました。

売れ残りを減らそうと
水産加工・販売会社などに対し、
生産者からマダイを仕入れる際の価格と
イベント経費の各2分の1を補助。

このほか、国の補助金は学校給食や
子ども食堂での原材料費にも
役立てられました。

************
また愛媛県も、水産加工・販売会社などが
宣伝広告やサンプル品に充当できる
補助金制度で、スーパーなどでの
販売促進キャンペーンを支援。

一連の補助事業で
愛媛のマダイ販売は、
徐々に危機を抜け出しつつあります。

現在、愛媛を中心とする
全国の生産地から魚が集まる
東京都の3つの卸売市場
(豊洲・大田・足立)の
活魚マダイ取扱量は、
(1日あたり合計・下記参照)
コロナ禍前だった2019年の
およそ8割に回復。

東京都中央卸売市場日報
おととし11月9日
→24トン817キロ

     今月9日
→20トン679キロ

販売単価も上昇傾向を示していて、
明るい兆しが見え始めています。

若者もマダイ販売に一役

今回のマダイ危機では、
若い世代にも注目が集まりました。

松山大学では、学生たちが
愛南町の生産現場を訪れ、
SNSなどでマダイの魅力をアピール。
マダイをプレゼントしたり、
マダイカレーの”オマケ”に
オンラインゲーム関連グッズを付ける
『撃鯛杯』というeスポーツ大会も
今月21日、実施します。

マダイと若者のコラボに
産地でも期待が高まっています。

※詳しくは動画で!

感染第6波への警戒は続きますが、
愛媛のマダイ販売が
このまま回復できるのか。

引き続き取材します。

記者プロフィール
この記事を書いた人
中武正和

1975年11月松山市生まれ。南海放送南予支局(宇和島駐在)記者として一次産業を中心に様々な話題を取材。西日本豪雨は発生時から被災地で取材活動に従事。2021年4月から県庁担当記者。南予・東予から届く支局の話題を分かりやすく解説します。

中武正和をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室