高校サッカー全国大会組合せ、超速報!

ニュース解説

県大会決勝が

土曜日に終わったばかりですが

つい先ほど(午後4時ごろ)

『第100回全国高校サッカー選手権』の

組み合わせ抽選会が

南海放送6階で“リモート”で行われました。

気になる初戦の相手は…

岐阜県代表の強豪・帝京可児高校!

「春先から評判が良い。

特に2トップは強力ですね」

今治東・谷謙吾監督の表情が

引き締まってました。

調べると

なんと2トップの一人は

Jリーグ湘南ベルマーレ内定選手。

(鈴木淳之介選手:180㎝の長身FW)

岐阜県大会5試合50得点1失点という破壊力。

「・・・凄い攻撃力ですが、

やるのが楽しみです!」

おお逞しい。石山瑛主将(6年生)。

ストロングポイントは

県大会無失点の守備力ですから。

今治東と帝京可児の“楯矛対決”。

やってやろうじゃありませんか

(1回戦は12/29)!

100回目の全国大会は例年と違い

2回戦まで年内開催。

開会式と準決勝&決勝は

“新国立競技場”です。

話を戻します。

先週土曜日、

高校サッカー選手権愛媛県大会が

無事終了しました。

タレント力では

今大会NO.1との下馬評だった

帝京第五を3-0で退けた

今治東の組織力は見事。

「全国ベスト8!」の目標も

不可能ではありません。

当日の私は

副音声(11/8の記事参照)で

盛り上がりすぎて

ほとんど試合を見る事は

出来ませんでした泣。

さっきも抽選会終了直後に

今東・谷監督から

「録画で副音声観たけど、

江刺の好きな事やっとったな~」

と笑われてしまいました。

その通りです。

当初、副音声企画に

反対派もいたのですが

長野メインディレクターから

「僕はやるつもりですよ!」と

言われ後輩に背中を押されたことで

実現できました。

視聴者数は少なかったかもしれませんが

何でも“史上初”というのは

気持ちが良いものです。

もちろん主放送がメインなので

迷惑をかけてはいけないと

ほぼ手弁当で

最低限のスタッフと機材でした。

「愛媛のレジェンドに生電話コーナー!」は

江刺の個人携帯から直接連絡していたので

友近聡朗さん(南宇和ー愛媛FC)に

繋げようとしたけど

間違えて女芸人の

友近さんにかけてしまうなど

ドタバタハプニングもありましたが

それはそれでアリなのが

副音声のいいところ。

堀川恭平さん(済美ージェフ千葉)の

「オシム(当時の千葉監督で

後の日本代表監督)さんは

メチャクチャ体がでかかった!」とか

怪我で長期離脱中の

元日本代表、川又堅碁選手

(小松ー愛媛ー新潟ー岡山ー名古屋

ー磐田ー現ジェフ千葉)からは

「いつかは故郷で

もう一度プレーしたいですね」と

いう嬉しい言葉もいただけるなど

皆さんからの

“高校サッカー愛”をたくさん聞けて

サッカーバカとしてはとても幸せな時間でした。

もう一つの副音声企画

【愛媛高校サッカーベストイレブン】の結果も。

ゲストの石橋智之さん

(南宇和監督-愛媛FC総監督など)が

「日本代表と戦えるチーム!」という基準で

以下の11名に最終決定しました。

(*条件は愛媛大会に出場経験がある事)

システムは4-3-3

GK:羽田敬介

(南宇和-清水-C大阪-愛媛FC、

現清水トップGKコーチ)

DF:實好礼忠

(南宇和-立命大-G大阪、

現愛媛FC監督)*右SB

埜下 荘司(南宇和-大商大-

G大阪-横浜F-札幌)*CB

伊藤宏樹(新居浜工業-立命大-

川崎F)*CB

大森健作(南宇和-横浜M-鹿島-

京都-札幌-C大阪-徳島)*左SB

MF 福西崇史(新居浜工業-磐田-

FC東京-東京V)*アンカー

森岡茂(八幡浜工業-G大阪-京都

-神戸)*シャドー

吉村光示(南宇和-広島-神戸-

大分-福岡-横浜FM-岐阜)*シャドー

FW 川又堅碁(小松-愛媛FC-新潟-

岡山-名古屋-磐田-千葉)*右FW

大木勉(南宇和-広島-大分-

愛媛FC)*CF

西田吉洋(南宇和-同志社-広島-京都-

福岡-V川崎-東京V-札幌)*左FW

リザーブ

GK:武田次郎(松山商業-C大阪-神戸)

DF:大西貴(南宇和-福岡大-広島-

京都-愛媛FC)

中野圭(松山工業-高知大-山形-FC今治)

MF:松下佳貴(松山工業-阪南大-

神戸-仙台)

FW:堀川恭平(済美-千葉)

藤本佳希(済美-明治大-岡山-愛媛FC)

有間潤(宇和島東-高知大-FC今治)

他にもベストイレブンに入れたい選手が

いましたが

泣く泣くこの辺りで

手を打ちたいと思います。

いやあ、凄いメンバーですね~。

間違いなくJ1で

優勝を狙えるオールスターチームです。

背負い過ぎることはないけれど

こういったレジェンドたちがいた歴史を

忘れないで今治東イレブンには

全国大会で大暴れしてほしいものです。

(選手権全国大会の組み合わせ詳細は

HPで)

PS:↓南海放送サッカー中継班が

表彰されました

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室