シン・愛媛FC    

ニュース解説

前半終了を告げる

御厨(みくりや)主審の笛が吹かれると

応援席から地元チームを讃える

たくさんの拍手が送られました。

ニンスタでこれほど誇らしげな

拍手を聞いたのは久しぶりでした。

DAZN解説、石橋智之氏も

「今までの愛媛からすると

(前半)30分で2得点は夢の

ようですね~」と

手放しの褒めよう。

記者席後方ではクラブ上層部が

「ほらっ!違うでしょ!」と

上気した顔で通り過ぎていきます。

ここまでは最高でした…

J2最初の監督交代を断行した

シン・愛媛FCの初陣。

一番の注目は

火中の栗を笑顔で拾った

実好新監督の采配でした。

前半、愛媛FCが蘇生できたのは

間違いなく彼が採用した

新システムのお陰でした。

これまで愛媛の中盤は

2ボランチを置く

4-4-2システムでした。

新指揮官はアンカーを置く

4-3-3システムに変更。

たかがシステムと侮るなかれ。

この“アンカーを置く

4-3-3システム”は

昨今のサッカー界トレンドで

欧州で言うと

リバプールやマンチェスター・シティ、

国内では川崎フロンターレなど

強豪チームが採用する

システムの一つです。

ザックリいうと

中盤でボランチ2人が

やっていた仕事を

アンカー1人に任せて、

より攻撃に

手数をかけるシステムです。

この日の愛媛FCの中盤でいうと

⑬岩井  ⑧川村  ↑攻撃方向

   ⑯田中←アンカー

こんな感じ。

⑯田中選手は

メチャクチャハードな役割。

そのお陰で前の2人は

攻撃に専念できます。

で、このシステムが

ガチ当たりします(前半までは)。

1点目。

スローインから

⑧川村選手の高速ターンで

前を獲ったところで

ほぼ勝負はついていました。

もし⑧川村選手が

一列下である

ボランチで先発していたら

この得点はありませんでした。

(直後のミドルシュートもゴラッソ)

2点目は⑬岩井選手と⑧川村選手が

ショートパスのコンビネーションで

崩し切った

ビューティフルな得点でした。

いずれも偶然に獲れたゴールではなく

監督の意図した

新戦術が生みだした得点に

愛媛のV字回復を確信していました

(前半までは)。

しかし後半ラストワンプレーで

追いつかれてのドローフィニッシュ。

再起を賭けた、

クラブの命運が決まる一戦で

選手も監督もやれることを

やりきったはずなのに…

「江刺さん、

サッカーって90分なんですよ」

帰りの車中で言われた

後輩Mディレクターの声が

今も耳から離れません。

残り1秒で追いつかれた

砥部の悲劇。

奇しくもスコアは

あの時のドーハと同じ2-2。

今では誰もがあの悲劇のお陰で

日本が強くなったことを

知っています。

結果だけを見て

やっぱり駄目じゃないか

という雑音に

流されてはいけません。

改善点はありますが

決して悲観する様な内容ではないことに

今こそ自信を持つべきです。

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室