梅雨明けは…

ニュース解説

きょうの県内は久々に青空が広がった所が多くなりました。
松山市内は午後から少し雲が増えましたがごらんの青空!(写真は午後1時頃撮影)
5月31日に梅雨入りしてから今日で48日目。特に今年は7月に入ってからの長雨の影響で県内全域で日照不足となっています。

梅雨はいつ明けるのか…
そもそも「梅雨」とは、日本の気候の大きな特徴の一つ。季節が春から夏へと移り変わるときに、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなるという季節現象です。

「梅雨明け」は梅雨前線が日本付近になくなり、くもりや雨の日が多い梅雨の天候から、晴れて暑い夏への天候へと季節が変わる頃。と言われています。

先週までの予報では、夏の太平洋高気圧がパワーアップし前線を押し上げて夏空が広がるはず…でしたが、どうも予報が変わってきました。
来週以降、強まるはずだった夏の太平洋高気圧はパワーダウンし、湿った空気が流れ込みやすく曇りや雨の日が続く見込み。ちょっと気まぐれな今年の太平洋高気圧。

さらにきのう松山地方気象台から「日照不足と長雨に関する愛媛県気象情報第1号」が発表されました。内容は、今後10日間程度、前線や湿った空気の影響でくもりや雨の日が続くというもの。
平年だと四国地方の梅雨明けはあす18日ですが、今年は遅くなりそうです。

404 Not Found

 

来週の県内、長期間にわたって前線が西日本に停滞して大雨…ということはなさそうですが、
すっきりしない空模様が続きそうです。
~週末の天気~
●土曜日は朝のうち日が差す所あり→夕方から雲厚く南予や山地で雨がぱらつく所も
●日曜日は朝から雲多く、夕方から夜は南予中心に雨のエリア広がる
●暑さは控えめでもジメジメ感UP

記者プロフィール
この記事を書いた人
水口佳美

1982年生まれ。伊予市出身。
2014年10月、気象予報士の資格取得
「サタデリ」「Beans」でのお天気コーナーを経て、
2020年4月から、ニュースCh4の気象コーナー「CH.WEATHER」を
担当。空を見ることが何よりの息抜き。
天気マークだけでは分からない愛媛の空をお伝えします。

水口佳美をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室