FC今治 2019年ホーム開幕戦

ニュース解説

JFL日本フットボールリーグ(2019)が開幕した。

J3昇格を目指すFC今治は開幕戦をアウェーで迎えた(3月17日)。相手は昨年2位のFC大阪。この試合、大阪の徹底したロングボールに苦しみスコアレスドローに終わった。
そして2戦目(3月24日)。ホームの開幕戦がいきなりの大一番。相手はJFLを3連覇している強豪HondaFC。今治が過去4戦して1度も勝てたことのない相手だ。

「最低でも優勝」の目標を掲げる今年のFC今治は大型補強を行った。元日本代表のDF駒野友一、MF橋本英郎を獲得。またJ1経験のあるFW内村圭宏も獲得した。
そして岡田JAPANをコーチとして支え、その後、広島、熊本で監督を務めた小野剛氏を監督に据えた。2年間足踏みをしたJFLの壁を突破するため「超本気」になっている。

開幕戦。そんなチームを応援するためFC今治のありがとうサービス夢スタジアムには3974人が詰めかけた。この数字はJFLの観客動員数の中ではダントツの1位。(同じ日の他会場の動員数は鈴鹿―宮崎612人・松江―仙台1358人・三重―大阪1102人・東京武蔵野―奈良1420人・大分―青森1148人・ホンダロックー流経大168人・岡崎―滋賀459人)

人気はもうJリーグレベルに達している。

試合は大声援を受ける今治ペースで進んだ。新加入の駒野、内村、原田が相手のスペースを狙いチャンスを作る。そこに宇和島東高校出身のFW有間がからみ去年より分厚くなった攻撃を見せつけた。

前半36分。駒野のコーナーキックがオウンゴールを誘い先制。

後半13分。内村のシュートのこぼれ球を有間がつめて突き放した。

得点が入る度に今治タオルを振り回して歓声を送る4千人のサポーター。
この中には子供もお年寄りもいる。

今年のホームの開幕戦。これまで1度も勝てなかったHondaFCに勝った。                         (FC今治2-1ondaFC)

4年前、岡田会長はFC今治を立ち上げた時にこう語った。

「FC今治がJFL、J3、J2 、J1 と駆け上がるビジョンは持っている。でもそれだけでは面白くない。FC今治が軸になって地方創生の助けになる。人口17万人の今治市がコスモポリタンになるぐらいの。」

今治市はいま『サッカーの街』に生まれ変わろうとしている。

記者プロフィール
この記事を書いた人
藤田勇次郎

1975年生まれ。奈良県大和郡山市出身。1998年入社。
高校野球・サッカー・日米大学野球・マラソン・トライアスロン・アームレスリング・駅伝・ボウリング・剣道・ビーチバレーなど各種実況担当。
「松山大学女子駅伝部」を10年にわたって取材。4本のドキュメンタリーを制作。

藤田勇次郎をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室