松山聖陵・今治西・帝京第五・八幡浜 シード校が初戦突破

ニュース解説

   

■松山聖陵 平安山 投手            5番大村 外野手

雨で順延が続く夏の高校野球県大会。
7月21日(日)。2回戦が始まり全てのシード校が登場した。

この夏センバツで優勝した愛知の東邦が地区予選の初戦で敗れるなど、夏の初陣はどれだけ力があるチームでも戦い方が難しい。そんなか愛媛のシード4校はそれぞれの特徴を発揮し初戦を突破した。

特に安定した力を見せたのが第1シード松山聖陵。好投手・西条真鍋の立ち上がりを攻めフォアボールとインターフェアで2人ランナーを出し5番大村。甘く入ったストレートを一振りで仕留め広い坊ちゃんスタジアムの左中間スタンドへ運ぶ3ラン試合の主導権を握った。投げては2年生エースの平安山(へんざん)が130キロ台後半のストレートをコーナーに投げ分け、得意のスライダーを活かす配球で西条打線に連打を許さなかった。センバツで敗れてからたくましさが増した印象を残す戦いぶりで西条を7回コールド7-0の完勝で3回戦進出を決めた。

第2シード今治西はエース左腕村上が力投。しっかり腕を振りキレのあるストレートと変化球をコーナーに投げ分けた。野村を相手に被安打3。10奪三振の完封。攻撃は先制点をスクイズで奪うなど慎重に試合を進め、野村に4-0で勝った。

第3シード帝京第五は八幡浜工業のエース左腕山下の緩急をつけた丁寧な投球に苦しみ9回に入るまで1-1の同点。最終回帝京第五4番谷本が変化球を捉え劇的なサヨナラホームランを放った。長打力が魅力の帝京だが2回途中からマウンドに上がり8回をわずか1安打に抑え12個の三振を奪った2番手の伊吹がチームを勝利に導いた。

第4シード八幡浜は打線が活発。愛大附属西山の立ち上がりを攻め初回に2番井上のホームランを含む3得点。2回にも4番山脇のタイムリー2ベースなどで4得点。序盤の2イニングで7点を奪う迫力のある攻撃を見せた。課題は投手を含む守備。この試合エース菊池を最後に残し、山脇―浜中―菊池と3人の投手で試合を繋いだ。いずれの投手もやや制球が甘く合計で7つの四死球を与え、守りも2つのエラーを記録。11対4。8回コールドで勝ったが反省の残る内容だった。

シード校以外では、初戦新田に競り勝った小松、今治北の好投手藤本を見事に攻略した聖カタリナ、3連覇を目指す強力打線の済美に勢いがある。

記者プロフィール
この記事を書いた人
藤田勇次郎

1975年生まれ。奈良県大和郡山市出身。1998年入社。
高校野球・サッカー・日米大学野球・マラソン・トライアスロン・アームレスリング・駅伝・ボウリング・剣道・ビーチバレーなど各種実況担当。
「松山大学女子駅伝部」を10年にわたって取材。4本のドキュメンタリーを制作。

藤田勇次郎をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室