「愛媛県警」ググると・・・「取り締まり情報」の謎

ニュース解説

愛媛県警が

スピード違反などの

交通取り締まり情報を

HPで公開しています。

 

「愛媛県警」でググれば、

TOPページにバナーが設置されています。

公開自体は以前から行われていましたが

今年から、

地図で取り締まり場所が一目瞭然。

松山東警察署管内(1月)

・情報の見やすさ
・公開の量

(これまで月2件程度を原則6件に。

3倍増!)

がより充実していて、

“親切な”?交通取り締まりが

増えています。

 

どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

◆なくならない交通違反、死亡事故

そして社会的コスト

 

県警によると、

去年のスピード違反の検挙数は9,287件。

 

シートベルト未装着の検挙数は

10,759件。

「シートベルトをつける」という

車社会の基本的なルールが

1日に30件近くも守られていない

という計算になります。

(ちなみに、この数字は運転席の未装着のみ)

 

この取り締まりにかかる費用は

社会的なコスト、つまり税金で賄われます。

 

交通事故を未然に防ぐという

人の命に関わる問題に

コストの議論を持ち出すのは

馴染まないという意見はあると思います。

 

しかし、多くの人が、

より効果的な取り締まりで

大きな結果(=交通事故を減らす)を生む

という方向には

賛成できるのではないでしょうか。

 

◆県警の反省と取り組み、目指す方向

「場所や時間など、

取り締まり情報を確認してもらい、

緊張感を持った運転を

心掛けて欲しいと思います」。

 

交通指導課取締調査官の芝和憲さんが

取り締まり情報の公開の狙いについて

話します。

 

これまでの公開のやり方では

ほとんどの県民に

関心を持ってもらえなかったといいます。

 

こうした反省をもとに

見やすく、

量を含めて情報を充実させることで

県民に見てもらえる

情報公開を目指します。

 

そして、

「今日はどこで取り締まりをしているか」

「取り締まりをしているかもしれない」

(芝さん)

という緊張感をきっかけに、

結果的に

「安全運転意識の向上につなげたい」

(芝さん)というのが狙いです。

 

「公開している情報はごく一部です。

通常の取り締まりも行っていますから、

どんな場所でも安全運転をお願いします」

(芝さん)。

 

◆全ての取り締まりが公開されたら、

どうなる?

これは、

実際の取り締まりと、公開取り締まりの量を

円の大きさで表したイメージです。

 

仮に、県内すべての取り締まりが

公開されたとしたら…

 

ググる県民が増え、

安全運転をする人が増える。

 

安全運転をする人が増えれば、

交通事故は減っていく。

少し乱暴ですが、

そう推定することは、できないでしょうか。

 

しかし、

基本的な交通ルールが守れない現状を考えると

現実に、理想通りの「交通安全社会」が

実現するとは考えにくく

通常の取り締まりも依然、必要です。

 

非公開と公開の

ベストミックス(最も効果的なバランス)を

確認する取り組みが始まった

といえそうです。

 

◆情報公開は県民との“対話”

今月5日、松山市内で行われた

今年に入って初めての

公開取り締まりを取材しました。

現場は制限速度が50キロの松山市道。

警察官4人が午前6時から

2時間実施しました。

 

この日、制限速度を超えて走行した

ドライバーらが検挙されました。

 

取り締まりの現場では、

検挙する側(=警察)と

検挙される側(=県民)の

立ち位置は明確に分かれます。

 

しかし、

取り締まり情報を公開するという

新たな取り組みで

警察官と県民は、

その立ち位置が”対立した構図”ではなく

「共に安全な社会を目指そう」という意識を

共有し合った状態を目指すんだと

捉えることもできます。

 

そういう意味で、

HPの取り締まり情報の公開ページは

県警と県民との対話の場に

なり得るのではないでしょうか?

 

もちろん、

私たち県民から直接、返事をすることは

できませんが、

「交通安全」という行動が

その返事にあたるのではないでしょうか。

 

◆交通取り締まりを、ググる

去年、県内で交通事故で亡くなったのは

50人。

死者の総数は前年より2人増え、

2年連続で増加しています。

 

県民が、県警の交通取り締まり情報をググり

ネット上のコミュニティでの対話を通して、

協力し、交通安全に取り組む・・・

そして、悲惨な交通事故を防ぐ・・・。

 

そんな未来型の交通安全対策が

どんな効果を生むのか?

取材を続けたいと思います。

記者プロフィール
この記事を書いた人
山下 剛

松山市出身。2009年南海放送入社。
本社営業3年、東京支社営業6年の後、報道記者に。現在は県警キャップ。
中学・高校は野球部、大学はラグビー部に所属。
手動ミルでひいたコーヒー豆での朝の一杯が楽しみ。

山下 剛をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室