L-1グランプリ、初代王者決まる!!

ニュース解説

今日はラジオの話です。

昨日、中四国ライブネット

(中国四国地方ラジオ8局を繋ぐ生番組)で

「愛媛発 中四国住みます芸人NO.1決定戦

 L(ライブネット)-1グランプリ」

を放送しました(18:00~20:00)。

お笑い大好き人間としては

企画段階から気合い入りまくりで

当日までバタバタ。

各所にご迷惑をおかけしながらの

本番となりましたが

夢が一つ叶った瞬間でした。

この場を借りて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

興奮しすぎてまだ右脳が

ヒリヒリしています。

きっかけは、ご存じM-1やR-1など

お笑い賞レースが熱い昨今、

中四国だって負けてないぞ!

笑いで、ラジオで、

中四国にパワーを届けるんだ!

という青臭いモチベーションでした。

←当日スタジオMC担当:江刺&ひめさぶろう(COWCOW風)

企画書を元に4か月ほど前、

よしもとさんに話をすると

「面白そうですね!

是非、やりましょう!!」と快諾。

内容は中四国9組の住みます芸人さんが

生電話で出演。

「地元」をテーマに3分間、

漫才、モノマネ、歌、

なにをしてもオッケー。

で、一番面白いと思う

住みます芸人さんをリスナー投票

(南海放送アプリ&HPから)で

受け付けNO.1を決めようというもの。

しかもローカルお笑い賞レースとしては

異例の

↓優勝賞金5万円&豪華賞品などなど!

「コロナのせいで

人前でネタが出来なかったので

こういう番組はありがたい。

本気で優勝狙います!」

という芸人さんたちの熱い想いが

バンバンに伝わってきて

最後はスタッフ皆で大感動。

大袈裟ではなく勝敗は首の差、

鼻の差での僅差ばかりでした。

出演者の知名度は低いかもしれませんが

流石、プロのお笑い芸人さんたち。

メチャクチャ楽しませていただきました。

僭越ながらそれぞれのネタに

タイトルをつけるとすれば…

Aブロックから

1人目:鳥取県・山田ちゃーはんさんは

「鳥取あるあるのベストを決めよう!」

2人目:岡山県・江西あきよし(左)&ハロー植田さんは

「岡山アピールを全部B’zの稲葉さん

モノマネで歌ってみた」

3人目:山口県:山口ふく太郎・ふく子さんは

「主婦ナメんなよ!」

4人目:高知県・シナモンさんは

「高知に来る時の意外な注意点とは…」

5人目:香川県・大木亀丸さんは

「丸亀城でいつも“パーン”という

オジサンが食べる朝ごはんとは?」

そしてBブロック

1人目:島根県・奥村隼也さんは

「地元の老夫婦と写真を撮る時

“1+1は?”と言ったらどうなった?」

2人目:広島県・クレメンスさんは

「福山さんの話は全部、

南海放送〇〇ANの話だった??」

3人目:徳島県・中山女子短期大学(左)&みっとしーさんは

「“スパイが徳島県民だった時の

拷問の仕方”(ラジオドラマ風)」

4人目:愛媛県・ひめころんきづたくさんは

「愛媛県人が見えていない

愛媛あるあるとは…」

といったところでしょうか。

さて、この中からいったい誰が

初代L-1GP王者になったのか?

少しでも気になったアナタ、

ラッキーです。

ラジコ(radiko)という

便利なアプリがあります。

放送から1週間以内なら

聞くことが出来ますので

これを機に

ラジオリスナーデビューしてみては

いかがでしょう

おうち時間楽しくなりますよ。

もちろん、細かい反省点は

多々あるのですが

はやくも2回目も!

との声が出ています。

初夏の恒例賞レースとして

パワーアップさせて行きたいと

思っています。

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室