紫電改プロジェクト再始動  ~ミュージカル編~

ニュース解説

いきなりですが今日はミュージカルの深層です。

きっかけをちゃんと説明すると長いので簡潔に。

一昨年、ラジオドラマ「紫電改 君がくれた紫のマフラー」を

制作しました。

(ラジオドラマ紫電改メインイラスト)

放送後、

「この話をミュージカルにしたい!」と

いきなりお電話を頂いたのが、

今回のミュージカル版『紫電改 君がくれた紫のマフラー』の

総合プロデューサーで、脚本・演出を手掛ける

劇団システムキッチンの近藤誠二さんでした。

(左:近藤誠二さん、右:山本太郎さん)

地元演劇界の重鎮から、直々のオファーに恐縮した私は

「は、はい。喜んで!」と答えるのが精いっぱいでした。

最初は昨夏の終戦記念日(8月15日)に公演予定だったので

出演者オーディションや稽古などを進めていましたが

やはりコロナの影響で公演が延期となりました。

(オーディション風景とチラシ2020年)

ですがこの度、1年以上の沈黙を破り

ついに先日、“ミュージカル版紫電改”の稽古が再開されたのです!

(2021年6月27日)

「人が集まってナンボの世界(演劇)で

この1年は葛藤の連続でした。でもこうして知恵を絞って

少しずつでもやれることにホントに喜びを感じてます!」

スポーツを含む、演劇や劇場、映画など

エンターテインメントの世界をコロナが直撃しました。

特に愛媛などローカル演劇界は死活問題レベルです。

でも、ようやく愛媛演劇界も動き始めることが出来ました。

その一つが今回のミュージカルです。

(ピアノ:中村和憲さん)

ラジオドラマでは

終戦間際、松山に集められた戦闘機「紫電改」のパイロットと

大街道にあった食堂・喜楽(きらく)の

若女将・今井琴子さんとの交流を史実をもとに描きました。

ミュージカル版ではそこに現代パートを挟み

歌のパートも加えた“シン・紫電改”です。

「30歳以下の人は“紫電改”の言葉すら知らない

と仰ったのが衝撃で…

昔のことで終わらせない。

平和の象徴である“紫電改展示館”が愛媛にあることを

知っていただきたい!」

近藤さんの熱い想いはコロナごときでへこたれません。

出演者は市民ミュージカルなど舞台経験の豊富な

12歳~50歳代までの男女15人。

「こうやって久しぶりに対面で稽古できるのが嬉しい。

延期になったおかげで

愛南町の紫電改展示館にも行けて…

戦争って…って考える様になりました」

とは、最年少出演者の小学6年生・古角更紗さん。

諸事情で開演場所がまだ決まってません(来月には決定)が、

開演日は10月30日(土)&31日(日)に決まってます。

これから益々、本格的な稽古に入ります。

僭越ながら、私を含めた南海放送アナウンサー有志も

出演予定です(チョイ役で)。

今回のコロナ騒動で、いちはやく規制され中止となったのは

エンターテインメントであり娯楽でした。

しかし、自粛中に勇気づけられ、また一番求めていたのも

エンターテインメントでした。

その存在意義はコロナ以前より増しているはず。

本番までの成長や悪戦苦闘を、この解説記事で

ときどき報告させていただければとおもいます。

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室