史上初!愛媛FC&FC今治同日勝利

ニュース解説

昨日、首位!のFC岐阜を3-0で撃破し

約3か月ぶりの勝利を手にしたFC今治。

「間違いなく今日のMVPですね」と

布啓一郎新監督も手放しで絶賛したのが

2ゴール1アシストと大活躍だった

地元宇和島市出身、FW⑩有間潤選手でした。

全ての得点に絡んだ、これぞ“有間劇場”。

実は有間選手はリュイス前監督時代にほとんど

起用されてませんでした。

背番号10というエースナンバーを背負い

コンディションが良いにもかかわらず出場できなかった。

これはチーム戦術に合うかどうかで大きく左右されるため

監督が悪いとかという話ではなく

サッカーの世界ではよくあることです。

「それでも腐らず練習してました。

天皇杯(6/9)頃から手ごたえがありました」

そんな悩めるエースに就任以来、

一番のチャンスを与えていたのが布監督でした。

(FC今治提供)

「有間は相手のライン間で受けられる選手で攻撃の起点となれる。

我々が狙っていた形を体現してくれた」

1か月前、下位に沈むFC今治に就任したけれど

直ぐに結果が出ず、公式戦5試合目でようやく手にした初白星。

信じて起用し続けた孝行息子が

父の日にくれた最高のプレゼント。

昨日の3ゴールは全て見る価値のある、意味のあるゴールでした。

見逃した方、ダイジェストで是非ご確認ください。

まず、2点目と3点目は説明不要のスーパーゴールで

まさにゴラッソ(スペイン語で“素晴らしいゴール”の意)。

宇和島東高校時代から彼を知ってますが

ミドルシュートをバンバン打つタイプではなかったので

あんな秘密兵器持ってたの?と聞くと

「自分でもビックリしました~」と

笑ってました。

注目すべきは得点ではなく彼がアシストをした1点目です。

前半16分。

左サイドでボールを貰った有間選手が

縦に突破してクロスをあげ、

逆サイドの山田選手(松山出身)がフィニッシュし先制ます。

布監督が“狙っていた形”はこの1点目を指します。

布監督は前のリュイス監督時代より

攻撃面での規則を少なくしました。

そのことで攻撃陣はより自由なプレーを選択できるようになりました。

どちらが良いというわけではありません。

自由にやりすぎると失敗するリスクも高くなります。

これまでだとボールを貰ったサイドの選手が縦に突破=仕掛けるプレーは

奨励されていませんでした。ボールを失う可能性があるからです。

しかし、攻撃の自由を手に入れた有間選手は

“積極的な、自分のやりたいプレー”を選択し

それを見事成功させました(←ココ大事)。

「思い切りの良さが出ました。チーム皆に自信がついたゲームになりました」

これでシーズン2勝目、内容も伴った快勝に

今治の全関係者・サポーターがカタルシスを感じた試合でした。

他にも

・ファーストディフェンスが徹底できていた

・攻守の切り替えが速く出来ていた

・GK修行選手が神セーブを連発した

・4-3-3システムがハマった

・相手の柏木選手の離脱があった

などなど勝因はいくつも挙げられます。

今回上手くいったからと言って勝ち続けられるほど

簡単ではありませんが、

それでもチームの窮状をギリギリで救ってくれた勝利で

手放しで喜べる大きな勝点3となりました。

スタジアムを後にする時、

「今日はなんぼ後片付けしてもしんどくないわーー!」

と叫んだボランティアスタッフの声に激しく同意します。

さて。

次節は現在3位のカターレ富山とのアウェイ戦。

上位チームに連勝すれば事態は一気に好転するはずです!

PS:FC今治と愛媛FC両チームが

 同じ日に勝利したのは史上初って知ってました!?

 しかも同じ愛媛出身10番(愛媛FC・藤本選手)が活躍、

 ウヒョー嬉!

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室