沈没事故”先入観”を排して見えた”盲点”

ニュース解説

5月27日深夜、今治市沖の
瀬戸内海で起きた
貨物船とケミカル船の
衝突事故から一週間。
これまでに1人が死亡、
2人が行方不明のままです。

事故原因の調査が進められていますが、
依然、分からない点が多くあります。

実は、事故原因以前に
記者が勝手に思い込んでいる
”先入観”があることに
取材を通じて気付かされました。

どんな”先入観”に惑わされたのか?を中心に
事故から一週間を振り返ります。

  沈没した貨物船「白虎」

  外国船籍のケミカル船「ウルサン パイオニア」

************
1.来島海峡は潮流が速く
独特の航行ルールを持つ”魔の海峡”
だから事故は起きた?

  来島海峡

来島海峡航路には大島をはじめ
小さな島が点在していて、
島の間を縫う形で
2つの航行ルートがあります。

“西水道”と“中水道”です。

陸上の道路に例えると
島を中央分離帯にして
2本の道(水道)があるわけです。

************
2本の道(水道)は必ず一方通行
船舶がすれ違うことはない
もちろん、交差もしない

水道を通過する船舶には
守るべきルールがあります。

それは
必ず同じ方向に進むこと、
つまり一方通行。

同じ水道内で
船舶が対向して(すれ違って)
進むことはありません。

私は当初、「今治市沖の
来島海峡付近で船舶が衝突」
という一報を、
「来島海峡で衝突」と思い込み、
”海の難所”だから
”来島海峡で衝突した”と
勝手に思い込みました。

しかし、現実には航行ルートが
交差しないシステム(ルール)の
来島海峡航路では、
追突や座礁事故のリスクはあるものの、
対向による衝突事故が起きる可能性は低い
というのが取材しての実感です。

************
2.事故が起きたのは
そもそも来島海峡ではない

実は、事故が起きたのは
来島海峡航路西側の海域で、
来島海峡航路(の中)ではありません。

事故現場海域は来島海峡航路の出入り口
あたる場所です。

この出入口付近に船舶が入ると
海上保安庁が海峡の見える高台に設置した
「来島海峡海上交通センター」が
海峡航路を通る船舶の動きを
レーダーで把握します。

そして船舶に、海峡航路での航行に必要な
▼進むべき進路
(どの一方通行の水道を航行するか)や
▼水道の混雑具合などを
それぞれの船に無線で知らせます。

************
3.海峡航路の外、だから事故が起きた?

つまり、航路が交差する可能性がある
来島海峡航路の外だったから
事故は起きたとも言えます。

見方を変えれば、
来島海峡の事故を
防止する上での”盲点”が

海峡航路ではなく、
海峡航路の出入り口に潜んでいた
可能性があります。

海上保安部では、事故直前に
来島海峡航路を通過し終えた「白虎」、
そして、来島海峡航路の
西側海域を航行していた
「ウルサン パイオニア」の2隻の
来島海峡海上交通センターとの
無線交信の内容については
明らかにしていません。

  船首が壊れた「ウルサン パイオニア」

  「白虎」の捜索活動

来島海峡では
過去に多くの事故が発生しています。

周辺では1993年、94年、96年に
死者や行方不明者も出ています。

その反省や教訓から1998年、
来島海峡海上交通センターが
設置された歴史を持ちます。

しかし、来島海峡航路の安全性は
格段に向上したものの
果たして、その出入り口での安全性は
どうなっていたのか?

検証する必要があります。

記者プロフィール
この記事を書いた人
中武正和

1975年11月松山市生まれ。南海放送南予支局(宇和島駐在)記者として一次産業を中心に様々な話題を取材。西日本豪雨は発生時から被災地で取材活動に従事。2021年4月から県庁担当記者。南予・東予から届く支局の話題を分かりやすく解説します。

中武正和をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室