人工知能がついに高校サッカー界に・・・!

ニュース解説

入稿が一日遅れたのは

この“最新メカ写真”を待っていたからなのです。

こちらなんと人(カメラマン)がいなくても

内臓のAIが画面内のボールや選手に反応し

勝手にズームしたり、パーンしたりしてくれると言う

AIカメラなんです!

本日、南海放送からニュースリリースされました

“西日本初のNTTSportictとのパートナーシップ協定を締結

愛媛県高校総体サッカー(男子)をAIカメラで全試合配信!”

そのAIカメラがこれです

カッコいいですね~

モビルスーツ感がありますね~

このAIカメラを試合会場に設置します。

映像のみですが県総体が全試合中継されるのは

チョー画期的なことです。

「今後は南海放送様と一丸となって、

様々な地域スポーツを配信し、

共に地域スポーツを盛り上げ、応援していきます。

当社のAIカメラを用いた映像配信ソリューションによる、

画期的なスポーツの試合映像を、ぜひご覧ください!」
とはNTTSportict代表取締役社長中村正敏様

中継映像は南海放送アプリ、公式YouTubeチャンネル、

d menu他で配信されます。

ライブ配信と録画配信の両方がありますので

詳細は南海放送アプリかHPをご確認ください。

大会自体も見所だらけ。

FC今治の岡田メソッドを注入された今治東と

元Jリーガー・渡邊一仁コーチ率いる済美との

優勝候補同士の初戦(6/5・1回戦)。

新人戦で愛媛初制覇、

眠れる獅子がついに目覚めたタイガー軍団、

第1シード・帝京第五。

現インハイタイトル保持者で先の全国選手権出場で

初戦の藤枝明誠にほとんど勝っていた

(もう1回やったら絶対勝てます!)

新田などなど

見てみたいチームだらけ。

*県総体男子組み合わせ詳細はこちら↓
https://www.jfa.jp/match_47fa/38_ehime/2021_interhigh/schedule_result/pdf/Tournament.pdf

さらに2年振りに県総体決勝の生中継も復活します!



こちらはAIカメラではなく通常カメラですが実況&解説付き。

6月12日(土)11時~南海放送公式YouTubeで実況生中継!

*愛媛CATVでも同時放送

4年前。「選手権だけじゃなく総体もたくさんの人に見てほしい!」

という個人的な思い付きで、

以前から総体放送を手掛けていた愛媛CATVさんを

巻き込みスタートした高校総体の決勝戦生放送は今度で、3回目。

毎年関係者は手弁当でやっております。



「僕らには普通にあった修学旅行もなくなってしまった。

少しでも多くの人に高校生活の集大成である本大会を見てほしい!」

とは愛媛CATV技術・放送本部放送部チーフ、栗林賢一さん。



写真は2年前の県総体決勝戦時の模様です。

決勝解説は今回も愛媛県サッカー協会様から。

「今年は開催出来るだけでも本当にありがたいんです。

サッカーだけじゃなく、全ての種目で

ほとんど練習試合も出来ないまま本番を迎えています。

チームによって1勝を目指したり、全国を目指すなどそれぞれだと思うんやけど

自分達の設定した目標に少しでも近づければそれで成功だと思います」

とは愛媛県サッカー協会の“熱男”こと藤本賢二第二種委員長。



南海放送がお伝えするのは男子サッカーの試合だけですが

全高校アスリート31競技7444人

(男子3955人、女子3489人)分の想いを

背負ってお伝えするつもりです。

今大会のテーマは「繋 ~あの日渡せなかったバトンを、今~」。

今度は私達、大人が頑張る番です。

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室