ニュースのウラカタ#13「アーカイブス」

ニュース解説

ニュースのウラカタ#13「アーカイブス」

”アーカイブス”は、簡単に訳すとすれば、
重要な記録を保存すること、その場所というような意味です。
南海放送ではライブラリー室に、
昭和33年のテレビ開局以来、60年以上に渡り撮り貯めてきた
貴重な映像資料が保管されています。
こんな部屋です。

歴代ニュース番組、もぎたてテレビなど歴代の情報番組、
ドキュメンタリー、スポーツ番組、その他特別番組、
また直近1年分のニュース素材など、
アーカイブス担当者も正確な数は分からないということですが、
ビデオテープなど2万本以上が保管してあるそうです。

懐かしがってライブラリーを物色していたわたくし…

何やら正体不明の物体を発見…

残念ながら専門の業者に処理してもらわないと、
映像の再生はできないそうです。

南海放送では
今、貴重な素材の保存・管理の強化を目指し、
テープからデジタルデータに置き換える作業が進められています。

そんな宝の山の中から、テレビ開局の年の映像をどうぞ!
ふるさと愛媛のワンシーンです。

次回のニュースのウラカタは…、
筆者がもっと見たいので#14「続・アーカイブス」。

ネコです。クッションではありません。

 

記者プロフィール
この記事を書いた人
宇都宮宏明

西予市宇和町出身、1996年 南海放送入社後、主にテレビ番組制作部門。
「もぎたてテレビ」のディレクター・プロデューサーなど担当。
2018年~「ニュースCH4」デスク(自称”世界で一番優しいニュースデスク”)。

宇都宮宏明をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室