日本一のDAZN中継(*個人の感想です)

ニュース解説

(快勝後のFC今治リュイス監督と松井通訳)

「WGG」=Weekly Good Goalの略です。

何のことかというとDAZNが選定する

Jリーグ中継(J1&J2&J3毎節)の全ゴールにおける

最も素晴らしいゴールシークエンス(映像表現)

コンテストのこと。

中継映像も世界基準を目指そうとDAZNさんが

昨年から始めました。

実は我がチーム、そのコンテストの

上位常連軍団なんです!エッヘン。

ゲームハイライトであるゴールシーン映像。

サッカー中継班の粋は、全てこの瞬間に

凝縮されています。

因みに今季開幕節で全ゴールシーン数を

計算してみると

J1で16ゴール、J2で26ゴール、J3で10ゴールの

計52ゴールでした。

何れもプロの映像スタッフが制作した52シーン。

さらにそこから選ばれるという超狭き門で

栄誉ある賞なのです。

「J3(&J2)の場合は3人のカメラマンが

役割通りのゴールシーン

(またはゴールの起点となるプレーから)の画を録り

完璧なタイミングでディレクターがテイクし、

視聴者が最も見たいリプレイシーンを

放送すること」(DAZN制作班・徳永プロデューサー)

簡単なようでこれがメチャクチャ難しいディープな世界。

我がDAZN中継班は

昨年J3(FC今治ホームゲーム)だけで「WGG」を

6回も受賞!

さらに年間ランキング(みたいなの)でも

2位入賞!!しているのです。

エッヘン( ̄^ ̄)。

そんな身内のこと言われても知らんがな~と

お思いでしょうが

まあ、お付き合いください。

で、先日ついにJ2(愛媛FC対甲府戦)でも

WGG初受賞したのです!

そんな日本一(自称)な職人集団のなかでも

このゴールシークエンスに欠かせない人物がいます。

“瀬戸内のまじかる☆タルるートくん”こと、

樽健太(たる☆けんた)さん(38)。

ゴールシーンのリプレイやハイライトを

瞬時に作り出す日本一のEVSオペレーター。

普段はおもろいあんちゃんですが

EVS卓に座るとまさにまじかる、

右に出る物は居ません。マジで。

黒澤組に木村大作がいたように

バルセロナにブスケスがいるように

碇ゲンドウの背後に冬月コウゾウがいるように

一級品には必ず名バイプレーヤーが存在します。

「サッカーは2時間のSHOW。

生のドキュメンタリー、

生のドラマを作って視聴者に渡す。

(リプレイやハイライトで)色んな映像を

いっぱい載せがちですが、

観ている人がこれ何?となるような

無駄な映像は載せない」

キャー!カッコ良過ぎます樽さん!!

打ち上げで行った(2年前の)中華屋で

唯一の女性スタッフ・マイマイに

ずーーっと放送出来ない〇〇な話を

私と一緒にしていた同一人物とは思えませんw

もちろん先日のFC今治、快勝の2発も

このプロフェッショナル達が作った

超ハイレベルなゴールシークエンス。

(初先発J初ゴール!大卒ルーキー武井選手)

今度の中継は是非、このゴールシーンの映像を中心に

観てみてはいかがでしょう。

今日の勝ちメシ↓

記者プロフィール
この記事を書いた人
江刺伯洋

江刺伯洋(えさし はくよう)1971年3月1日松山市生まれ。
入社以来アナウンサーとして主にスポーツやラジオを担当。特にサッカー実況は少年からJリーグまで全カテゴリーをこなしてきた。
著書に愛媛FCのJ昇格劇を描いた「オレンジ色の夜明け」、「群青の航海 FC今治、J昇格まで5年の軌跡」がある。【現担当番組】DAZNのJリーグ中継(FC今治、愛媛FC)、ラジオ生ワイド「江刺伯洋のモーニングディライト・フライデー」(毎金曜午前07:15~11:09)など。

江刺伯洋をフォローする
ニュース解説
ニュースの深層 南海放送解説室