2019.02.17

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「争うは本意ならねど ~日本サッカーを救った我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール~」

サッカーモード切り替え第2弾にしては

かなりヘビーな作品でした

が、一気読みしました

サッカーに身近で、伝える側で末席を汚している者として

あまりに無知だった己を恥じ入るばかりです

多くの読者と同じように本作に触れるまでは

「あ、あの我那覇選手…えーっと確かドーピングで…どうなったんだっけ?」

くらいの認識しかありませんでした

誤解したまま実況をしてたと思うとゾッとします

スポーツ界で、しかもサッカー界、Jリーグで史上最悪の〝冤罪〟があった

筆者が「オシムの言葉」を上梓された木村元彦さんでなければ

手に取らなかったもしれませんし

彼だからこそここまでの濃厚なノンフィクションに仕上げることが出来た

ただのサッカー本ではなく上質なドキュメンタリーとしても読みごたえ十分

さらに我那覇選手を救う一助になったのが

元愛媛FCで当時参議院議員だった友近聡朗氏だったことにも縁を感じます

終盤、潔白が証明された時のシーンは涙なしでは読めません

イニエスタがどれだけ華奢なのかも実際に見ないと分かりませんでした

知ってるつもりだったこと、知ったふりをしていたこと

まだまだあります

勉強になりました!

4ブック

2019.02.12

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「ペップ・グアルディオラ キミにすべてを語ろう」

マラソンモードからサッカーモードへ

現代は実況も〝切り替えの速さ〟が大事ですw

おそらく、いや間違いなく世界ナンバーワンのサッカー監督

ドイツ、バイエルン・ミュンヘン時代

密着取材を許された著者のペップ本第1弾を

遅ればせながら読みました

(マンチェスター・シティ時代の第2弾は「グアルディオラ総論」)

サッカー関係者だけでなく誰もが知りたいペップの頭の中と私生活

シティで優勝した時のAmazon密着企画「ALL OR NOTHING」で

すっかりペップファンになってしまいました

(ロッカールームでのモノマネが出来るくらいに)

今回の書籍であらためてわかったこと

・チーム練習後の個人練習が大嫌い(プラシーボ効果)

・ただのパス回しであるティキタカが大嫌い
(特に最終ラインでU字型に回すパス)

・ホームの試合後、相手監督を招いてワインを飲む

・試合の日はゲームの事を考えすぎて一切食事を摂れない
(終わった後もチーズ一切れとワインでいつまでもサッカー談義)

頂点にいる天才もただの負けず嫌い(死ぬほど!)

人間グアルディオラに益々興味がわきました

先週のプレミアも見ましたが

あのチェルシーを子ども扱い(6-0)でしたもんね

シティの連覇はありそうです

ペップ本第2弾も必ず読みます!

4ブック

【決勝:今治東2-1新田(*延長)】

長年高校サッカーを担当しながら

新人戦初観戦だったことを恥じるばかり

名勝負ここにもあり!でした

新田の先制シーンは見事でした

⑫玉井君~⑧福井君~⑪中田君のショートパスで

今治ディフェンスのど真ん中を完全に崩し切ってのファインゴール

「前から奪ってショートカウンターがウチのパターンですから」

新田・小野監督も会心の出だしでしたが

戦況はここから俄かに動き始めます

失点直後、4-1-4-1から4-4-2へシムテムを変えたのは今東⑦岡本君

「相手の状況を見て⑭馬場と話して変えました」

これが新田の守備陣を混乱させます

驚くのは既にこの時期で選手自らジャッジ出来る能力の高さです

ベンチワークも流石でした

慌てて中盤を飛ばし放り込む選手を見て

「外から外から!」「繋いでサイドから!」

ぶれることなく自分たちのスタイルを再度徹底させた今東・谷監督

後半そのサイド攻撃から同点に追いつくと

終盤はほぼハーフコートゲームに

「2試合分のスタミナがないとダメですね…」

足がつり次々にピッチに倒れ交代選手を使わざるを得なかった自チームと

戦術的交代で選手を入れ替えた相手の差を見せられた小野監督

「ただただ守るしかなかったです…」

延長までもつれ込んだが

今治東が追加点を入れるのは時間の問題でした

ただ

中盤までは“ついに来たか新田!36年振りの新人戦タイトルか!?”と期待させてくれました

⑧福井君の〝3人引き連れ超人ドリブル〟を生で見た甲斐もありましたし

新田にはやり返す時間が充分にあります

さらにこのカードは4月から始まる四国プリンスリーグでも見ることが出来ます

新生・新田を完成させるには絶好のシーズンです

一方

新人戦連覇で好発進となった今治東

試合後「やらせることはまだまだあるけんな~」と褌を締めなおした谷監督

悪夢の昨シーズン

選手権切符は四冠達成(プリンス含め)の向こうにこそあるのかもしれません

さあ本格的に開幕した愛媛の高校サッカーシーズン!

ストップ今東は新興の新田か、タレントの済美か、盤石の松山工業か、それとも…

遅ればせながら今頃気づきました

選手権をホントに楽しむには新人戦からなのだと

まだまだ勉強不足でした泣

(準決勝今東1-0済美、新田2-0松工、3位決定戦 松工3-0済美)

2019.01.21

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「クリード 炎の宿敵」

クリードシリーズでは2

ロッキーシリーズで言うと“ロッキー8”です

今回はアポロの息子とあのロシアの巨人・ドラゴの息子が対決します!

オープニング

ボロボロのジムでドラゴの息子をトレーニングする大男の背中

パーンして顔にズまる(ズームイン)と

ヒゲ面のドラゴ父ちゃんことドルフ・ラングレン!

もうこれだけで号泣w

あとはブレないスタローン先生

強敵の相手が決まる→ちょっと変わった訓練→ロッキーテーマ流れる→負けそうになる→ロッキーテーマ流れる→ギリギリで勝つ

強敵の相手が決まる→ちょっと変わった訓練→ロッキーテーマ流れる→負けそうになる→ロッキーテーマ流れる→ギリギリで勝つ

この繰り返しです

スタ先生の鉄板コピペ脚本

やる前からオチは分かっているけれど泣けます

偉大なるワンパターンは寅さんの域にまで来ています

あ、後半ドラゴの元嫁(私生活ではスタローンの元嫁)も出てくるのも感動

観賞後、叫んでました

やっぱり俺たちはロッキーが好きだーーーーと

それから家で一気にロッキー1から全部見直しました

1は今見ても傑作、5とファイナルは今見ても駄作

ってことで中二病が治らない私は今週金曜のモーニングティライトを

『ロッキーイナゾー!』とすることを決めました

ロッキーに関するマニアッククイズを制作中

チャレンジャーには映画チケットプレゼントです

挑戦しないとミッキーに叱られますよ

「ジャブだジャブ…そしてジャブだ!!」

3.5シネマ

2019.01.10

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「暁に祈れ」

まずタイトルがカッコいい!

原題『A Prayer Before Dawn』が

残念な邦題になってないw

しかもボクシング映画で

実在するタイの極悪刑務所が舞台

全身(顔も!)タトゥーで埋め尽くされた囚人の中に

いきなり放り込まれたイギリス人ボクサーの自叙伝が原作

これだけで公開日に行く!と決めていました

冒頭のガチムエタイからレイプシーン(男性囚人同士の!)の件で

ガッチリ鷲掴みにされました

スクリーンから漂う闇感、アングラ感、没入感に圧倒され

ひじ掛けを握りっぱなしの2時間でした

こんな怖いとこ1秒も無理っ

タイで絶対に麻薬はしないぞ!(どこでも)と心に誓いました

4シネマ

2019.01.09

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「ここ過ぎて 白秋と三人の妻」瀬戸内寂聴著

ラジオで山田耕筰が松山大(商科大)と新居浜惣開小学校の校歌を

作曲した!っていうのを話した直後に書店で本作を見つけました。

帯に“二人の物語を映画化した原作”みたいに書いていたので

勝手に運命を感じ700Pの大作でしたが購入。

しかし

山田耕筰は一行も出てこず…

ほとんどは二番目の妻、章子(あやこ)エピソードにページが割かれてます。

天才の妻になる人もぶっ飛んでいたようです。

白秋は生涯で3人の妻を娶るのですが

時代のせいなのか、本人たちが特殊すぎるのか

姦通罪など色恋沙汰のドロドロ具合がエグイw

それを当人たちが詩にして新聞や雑誌に載せまくって

読者(国民)が承知っていうのがこれまた異次元。

恋バナの赤裸々度はテイラー・スイフト500倍です。

そう書くとスキャンダル本として面白そうですが

本筋以外の所が多く

私には瀬戸内寂読でした。

映画は観てみようかな。

3ブック

2019.01.08

えさシネマアワード発表!

Author: ロッベン江刺

遅ればせながら恒例のシネマまとめを

まず【2018年ベスト3】

第3位「君の名前で僕を呼んで」

第2位「カメラを止めるな!」

第1位「ボヘミアン・ラプソディ」

キネマ旬報の原稿とはランキングが違いますがより個人的なのでご容赦を

そこにも書かせていただきましたが

【2018年ベストシーン】は「君の名前で僕を呼んで」のエリオとオリヴァーの桃(アプリコット)シーンです。

BL(ボーイズラブ)全盛期の昨今、こんなに美しく淫靡な性描写を見たことがありません!

下手な男女のラブシーンよりよっぽどマシ。

まさに映画史に残る、語り継がれるワンシーンでした。

こちらはサラッと

【金返せ3】

第3位「嘘を愛する女」

第2位「ミライの未来」

第1位「フューチャー・ワールド」

*あくまでも個人の感想です。

「フューチャー~」は大街道シネマの羽生支配人ともカブりましたw

どれくらいなのか逆に是非観てほしい!

ノルマの劇場50本は何とか死守

今年も素敵な作品にたくさん出会えますように

2018.12.25

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「アリー/スター誕生」

期待しすぎちゃったパターンでした泣

確かにガガ様もブラッドリー・クーパーも

パワフルでソウルフルなボーカルで

引き込まれるのですが

落涙までは行かず。

原因はやはり「ボヘミアン・ラプソディ」です。

あれと比べるとどうしても評価が落ちてしまう。

バーで歌ってた売れない歌手が

スーパースターに惚れられてスターになる。

それ以上でも以下でもありませんでした。

落ちぶれていくクーパーもどこかで見たことがある役柄で

イマイチ、深淵まで突き刺さりませんでした。

フレディはグサグサに突き刺さります。

“事実”はいつでも無敵なのです。

3.5シネマ

今週金曜日のラジオで恒例の『ベスト&金返せ』発表です

2018.11.29

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

『souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~』

達郎さんの松山ライブで「四国は上映予定ないよ!」と

ツッコんてくれたファン(ラジオリスナー?)のお蔭で実現したので

公開直後に拝見しました

まあCUTEでかーいらしい♥

御年63とは思えない超絶の美しさ!

…だけじゃなく知的なのがまたグッとくる

頭もメチャクチャ小さく(9頭身?)手足も長くてスタイル抜群

止めは(まりあさんなら許せる)アヒル口

決して“ラ抜き言葉”を使わないトークも好き

伝説3ライブの良いとこ取り編成なのでホントにLIVEに行ってる感じ

達郎さんとのラブラブ振りと同時に

ステージでの厳しさもヒシヒシと伝わってくるので緊張感がハンパない

そういうのも含めて上質なんです

本物を観に行きたい!

4シネマ

2018.11.18

FC今治最終戦

Author: ロッベン江刺

悔しい

それはもう強烈に悔しい

帰りの317号をこれほど悔しい思いで帰松した記憶がない

ひとしきりスタッフに悪態をついた後

玉川あたりでフト思ったことがある

あのおばあ様は今どんな思いなのだろうと

キックオフ3時間前

ゴール真裏に陣取っていた地元今治から来たという品のあるおばあ様

娘さんと一緒の所、声を掛けさせていただいた

「お母さんがサッカー見るの大好きでいつも来てるんです笑」

てっきり娘さんに連れられて

たまたまいらっしゃったのかと思ったら大間違い

「(試合のある)日曜日が近づくとワクワクするんです!」

4年前には無かった風景がここにあった

“小さい子からおじいさんおばあさんまで外国人もいて

人口17万人の今治が妙にコスモポリタンな町になってるような”

4年前、岡田さんが描いた未来予想図だ

昇格は出来なかったけれど未来には近づいている

あのおばあ様は帰り道に娘さんにこう言ったはずだ

「来年も必ず見に来ましょうね」と

今はそれでいいじゃないか

私たちは未来に近づいている

ゴール裏のおばあ様

また夢スタでお会いしましょう

そして今度こそ…