2018.11.18

FC今治最終戦

Author: ロッベン江刺

悔しい

それはもう強烈に悔しい

帰りの317号をこれほど悔しい思いで帰松した記憶がない

ひとしきりスタッフに悪態をついた後

玉川あたりでフト思ったことがある

あのおばあ様は今どんな思いなのだろうと

キックオフ3時間前

ゴール真裏に陣取っていた地元今治から来たという品のあるおばあ様

娘さんと一緒の所、声を掛けさせていただいた

「お母さんがサッカー見るの大好きでいつも来てるんです笑」

てっきり娘さんに連れられて

たまたまいらっしゃったのかと思ったら大間違い

「(試合のある)日曜日が近づくとワクワクするんです!」

4年前には無かった風景がここにあった

“小さい子からおじいさんおばあさんまで外国人もいて

人口17万人の今治が妙にコスモポリタンな町になってるような”

4年前、岡田さんが描いた未来予想図だ

昇格は出来なかったけれど未来には近づいている

あのおばあ様は帰り道に娘さんにこう言ったはずだ

「来年も必ず見に来ましょうね」と

今はそれでいいじゃないか

私たちは未来に近づいている

ゴール裏のおばあ様

また夢スタでお会いしましょう

そして今度こそ…

2018.11.15

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「ナナメの夕暮れ」
「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」
共に若林正恭著

もうかなりハマってるんです

若様に!

この2作品も出来るだけ文章を覚えておきたくて

2回ずつ読み直しました

ラジコのタイムフリーではいつも「オードリーのオールナイトニッポン」を

聞くようにしている遅咲きのリトルトゥースです

普段着のエッセーと

キューバ一人旅のエッセー

人見知りと中二病をこじらせた日常を

きっちりと笑いにし

時に涙にまで昇華させる筆力

全文章に天賦の才を感じポストイットを張り付けたくなる

と同時に

仏教徒が聖典を手にしたときのような開放感が読後に待っています

彼のように笑われたいし

彼のように笑わせたい

彼のように傷つきたいし

彼のように救われたい

この年になって

こんなにも同性に憧れるなんて思いませんでした

リアルおっさんずラブです

5ブック

2018.11.10

やっぱいいな・・・高校サッカー

Author: ロッベン江刺

【決勝:宇和島東2-0八幡浜工業】

今、手元に今日の公式記録があります

“シュート数 宇和島東22本 八幡浜工業4本”

数字の通り

宇東はよく攻めたし

八工はよく守りました

確かに勝者は宇東ですが

八工のディフェンスはがんばりました

殴られても殴られても立ち上がる

最後は立ったままのノックアウト負け

皆が愚直にボールに食らいつく

“泣ける守備”を久しぶりに見させてもらいました

1点差を追いつこうと交代のカードを切り続けた八工ベンチ

最後の最後までファイティングポーズを取り続けた兵頭監督

新しい歴史を作りました

まだ敗戦のショックが癒えないでしょうが

これからどんなチームを作ってくれるのか楽しみで仕方がありません

一方、勝者の宇和島東

南予の想いを背負って

第1シードのプレッシャーを背負っての二冠達成

豊田―立木のホットラインだけでなく

追加点を決めて勝ちきったことが素晴らしい

赤松監督が作り上げたメイドイン地元のさわやかイレブン

まだ君たちの高校サッカーは続きます

お互い1秒も手を抜かず

お互い最後の1秒まで選手権切符を掴もうとしていました

君たちが走りまくった今日の80分は

オジサンの凄く深いところにグサグサに突き刺さりました

凡庸すぎて情けないのだけど

良い試合を見せてくれてありがとう

こんな陳腐な言葉しか出てきません

でも今ならテレ無しで言えます

ホント、ありがとうね

2018.11.02

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

今の大坂選手や錦織選手の一世代前

40オーバーには堪らない

ウィンブルドン・センターコート住人のリアルサクセスストーリー

この系のスポーツライバル映画はよくあります

F1ドライバー、ジェームス・ハントVSニキ・ラウダの「ラッシュ/プライドと友情」

フィギュア女子、ケリガンVSハーディングの『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

などなど

確かにボルグもマッケンローも生き写しのように良く似ているのですが

上記の2作品ほど共感できませんでした

何故かなあと思ったら主軸を間違えてるんです

5連覇を達成する冷静な天才(ボルグ)よりは

文句ばかりのクレーマー・クレーマー(マッケンロー)を

メインにしないと入り込めない

ニコリともしないで優勝する優等生より

エレガントの聖地で審判にFワードを吐きまくる悪童が

何度も失敗して頂点に立つ物語のほうが絶対面白い!

やっぱり僕はクライフよりマラドーナが好きですW

3シネマ

まさに愛媛高校サッカー史に残る激闘でした。

特に前半は済美の守備が光りました。

センターバックの7番中矢、4番主将古川

この鉄壁のオレンジコンビで相手2トップに何もさせず。

攻撃ではエース番号14を背負う浦がクリ・ロナばりの

縦落ちのブレ球フリーキックをぶち込むなど

完全に済美ペースでした。

潮目が変わったのは後半

動きが落ち始めた済美の守備が緩くなるのを見逃さなかった宇東ベンチ赤松監督は

攻撃的な選手11番清家と18番増田を同時投入すると

相手のオウンゴールを誘い1点差に。

最後はやはり3年生のホットラインでした。

残りワンプレーのアディショナルタイム。

7番立木から最後は10番ストライカー豊田がフィニッシュ。

こうなると流れが決まります。

追いついた宇和島東も見事だったが

今までチームカラーになかった〝ハイプレス守備〟で

第1シードを土俵際に追い詰めた済美。

負けても記憶に残るグッドルーザーでした。

いろいろ言いたいことはたくさんありますが…ここまでにして。

さて。

聖地ニンスタチケットを手にしたのは

有間(現Fc今治)世代以来の8年振りの宇和島東と

なんと森岡茂(元G大阪)以来の27年振りとなる八幡浜工業となった。

どうやら今年は高校サッカーも南予から元気を届ける年らしい。

夏の王者か?旋風の古豪か?

FINALのキックオフは2週間後です!

2018.10.27

申しわけございませんでした

Author: ロッベン江刺

回線トラブル?で今治からの中継(宇和島東VS済美)が出来ませんでした

あれほど劇的な試合だったのに・・・

現場ではPKまでフルで実況しましたが

結局1秒も生配信できず泣

早急に原因を突き止めます

ここで私が謝罪してもしょうがないのですが

ニュースなどではお伝えできると思います

楽しみにされていた方

本当に申しわけございませんでした

12:00~

今治スポーツパークでは

宇和島東VS済美の〝矛盾(ほこたて)対決〟

新居浜グリーンフィールドでは

八幡浜工業VS松山北の〝旋風(せんぷう)対決〟

です

南海放送HPで同時配信

一番面白いのはセミファイナルだ

今から今治行ってきます!

【松山北3-1帝京第五】@新居浜GF

試合前「最初の10分をしのげれば」と言っていた帝京第五・植田監督のプランが

開始4分に変わってしまった。

松山北・5番吉田の柔らかいクロスが風に乗ってそのままゴールに吸い込まれ先制。

シンプルに相手最終ライン裏を狙った松山北・渡部監督の作戦が功を奏したとも言える。

その後は一進一退だったが

帝京第五がやり返す。

10番片倉(2年)を中心にボールが回り始めたころ

右サイドで15番古都(3年)がドリブルを開始。

そのままボックス内まで持ち込んで右足を一閃。

前半で同点に追いついた帝京第五。

2年生主体の両チームでゲームを決めたのはやはり3年生だった。

再三のコーナーキックやフリーキックでリズムを作っていた松北・10番三宅(3年)。

後半26分、その三宅からのコーナーキックを3番柏原(2年)がヘッドで決めて

2対1と突き放しに成功。

とどめも三宅だった。

ゴール左でパスを貰うとドリブルで相手を抜き去り

キーパーとの1対1を見き分めてのゴールだった。

実はこの時、相手のチャージで三宅は右足シューズが脱げかけていた。

それでもドリブルしながらキーパーと1対1になると

〝ポンッ〟と右足のシューズを後ろに放り脱いで冷静にコントロールショットを沈めた。

だから得点時はスパイクを履いていない。

「(接触で)足を踏まれて(スパイクが)脱げかけてて

このまま蹴ったら失敗すると思ったんで裸足(ソックス)でゴールしました笑」

どうやらこの男にはシューズは二足もいらないらしい。

三宅には今年に賭ける強い想いがある。

1年時に全国選手権に出場したが初戦で敗れている(95回大会松山北0-2岩手・遠野)。

「2年前に出たんですけど何もできなくて…それで3年になっても残りました」

ゴッソリ3年生が抜けても選手権を勝ち上がる集中力はもはや松北の伝統芸。

「三宅だけじゃなく中村もそうです。残った3年の二人は相当貴重です」

能力の高い2年生との融合を大会を通して高める渡部監督の手腕も見事だ。

優勝候補の今治東を破った勢いはブラフではなかった。

トーナメントの実績だけで言うと勝ち残った4チームではNO.1だろう。

波乱で始まった今大会、波乱で終わるのも悪くはない。

「今日勝てたらそれが言えるかなと思ってまして…〝欲〟出して行きます!」

試合後、日に焼けた指揮官の顔には2年前のギラギラが戻っていた。

*準決勝(10/27)はHPでWEB実況中継有り

*試合結果詳細はHPでご覧ください

今日の4試合でなんと計32ものゴールが生まれました

DAZNのJ2オール・ゴールズショー並ですW

例年と比べてもハイペースで

今年のオフェンス陣の能力の高さを証明してるような気がしますが

逆にディフェンス陣に目が行きましたので

ロッベンが勝手にニックネイムを付けさせてもらいましたW

14年ぶりのひのき舞台に戻ってきた三島高校

最後は力尽きてしまったけれど

CB山内政吾キャプテンのコーチング力と1対1の迫力は感動ものでした

命名〝シコチューのジョン・テリー〟

8-0と予想を上回る快勝スタートの新田

下馬評通り強いです

自慢の攻撃陣が爆発しましたが3バックの鉄壁さが衝撃!

ヘッド2発の竹田航大が〝ファン・ダイク〟で

大木凌が〝フンメルス〟

真ん中で統率するキャプテン木原慧が〝カンナバーロ〟ってとこでしょうか

「直ぐ調子に乗るのでヤメてください笑」と小野監督に怒られそうですが

この3人が新田初制覇の鍵を握ってそうです

さあ、次はシード校が登場です

来週じゃないですよ、今週の土曜日ですよ!

間違えないように~

メチャクチャ見たいけれどJリーグもある泣

2018.10.07

達郎SP無事終了~

Author: ロッベン江刺

流石、達郎さん県外からのメッセージが多かったです

1週間はラジコのタイムフリーで聞けますので是非!

そして早く来い来い火曜夜♪