Archive for the '未分類' Category

2019.06.25

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「罪の声」塩田武士著

久しぶりに長編もいいなと

司馬さんの「菜の花の沖」に挑戦してましたが4巻で小休止

ヒリヒリする様な良作を読みたい!と引き当てたのが今作です

文庫版になって良かったです

本作を読むために時間を調整するくらいこの1週間はドップリはまりました

いろんな賞に絡んでるので読んだ人も多いでしょうが

舞台はあの昭和の大事件「グリコ・森永事件」です

数ある未解決の中でもトップクラスに位置されるでしょう

本作はフィクションですが当時の事件詳細がリアルに表現されてます

(*ここからネタバレ注意)で最後は犯人もしっかり登場します

主人公はあの時、犯人が送りつけた音声に使用された子供

なるほどそこから紐解いていきますかと膝を打ちました

あまりにリアルすぎYou TubeでNHKスペシャルを見直しましたし

作品に出てくる犯人がホントなんじゃないか

そうであってほしい(解決してほしい)と祈ってました

まるで事件リポを読んでるかのようなハラハラ感

でも現実は時効成立、未解決なんですよね

当時は良くわからずそういえばこの事件以来お菓子がパッケージされたなあ

くらいしか認識してませんでした

裏ではこんなことがあったのですね…

でも府警察の対応失敗が無ければ解決していたかも!(←こちらは史実)

令和の時代に大きな教訓を残した昭和の大事件

本作で振り返ってみては?

4.5ブック

2019.05.30

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「空母いぶき」

今ガッツリ漫画にハマっておりまして観に行きました

そのせいか映画は歯ごたえの無いものとなってました…

やはり原作を超える映画は難しいのでしょうね

漫画では中国が尖閣諸島を占領しようとします

が映画ではどこかの国のテロ集団となってます

他にも本田翼ちゃん扮するマスコミ(報道目線)や

中井貴一扮するコンビニ店長(市井目線)を登場させるなど

興味のない人でも見易いように原作にはない要素が散りばめられています

配慮、忖度、コンプライアンス・・・

拙作過ぎて比べられませんが経験があるのでわからないでもありません

ただそうなると面白さは半減してしまいます

それでも突っぱねるのか

それとも世に出すことを優先するのか

難しいところです

原作は間違いなく傑作

読みながら何回も「これどうなるのっ!?」と欽ちゃん風に

ツッコミまくりドキドキハラハラの連続

ただ

思いは一つ

どうかこんな未来になりませんように

PS.主演の西島秀俊と潜水艦艦長の高島政宏のキャスティングは絶妙でした

3.5シネマ

2019.05.07

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

アベンジャーズ/エンドゲーム

ついに終わった

いやホントに終わったのかな?

3時間超の超大作は最後まで見飽きませんでした

シリーズ11年で22作品

全部を見てないので良くわからないままだったが

タイムマシンで過去のハイライトに戻っていく手法が楽しかったです

ヒーロー出まくりの全部のせ状態でわけわからんくなるかと思いきや

そんなことはありませんでした

定期的に出てくる豪華なカメオ出演には

ロバート・レッド・フォードまで

最後は予想通り

アベンジャーズVSサノス軍の関ヶ原合戦

冬公開「SW9」がショボく見えないか心配になりました

ただ一つずっと気になってたのは

指パッチンで人類を半分にしてバランスを保ったって…

やるんなら全部いかんかい!と思ってしまった私は

ダークサイドに堕ちるのでしょう

3.5シネマ

2019.04.28

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「愛がなんだ」

評判通り成田凌がいいです

グズグズな男子役を完璧にこなしてます

さすが異常今治タオル性癖者w

その彼に

偏屈な片思いをしているのが岸井ゆきの

こちらもいい感じで異常ですw

よくあるキラキラ男女のありえんやろっっていう

ペラペラな恋愛ものではありません

リアル感を突き詰める角田光代ワールドを

完全に映像化できています

この二人の愛ってなんだ?って思えますし

愛がなんなんだ!とも思えます

キネ旬は好きな作品ですね

4シネマ

2019.04.25

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ著

後半に中島みゆきさんの「糸」が出てくるんです

〝縦の糸はあなた 横の糸は私

織りなす布はいつか誰かを 暖めうるかもしれない〟

このフレーズが終盤でガッツリはまります

本屋大賞は総じて女性受けする(個人的感想)モノばかりが

受賞していてちょっと噛みごたえがないのもあります

でも本作はそれが嫌じゃなかった

良い人ばかりが出てきますが

ホッコリ感動を〝カツアゲ〟するような質の低さはありません

この世界観をそのまま現実に持ってこられると

キツイものがありますが・・・

3.5ブック

2019.04.02

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「ヒキコモリ漂流記 完全版」山田ルイ53世著

久しぶりの良本との出合いに一人驚喜しました

面白すぎます

だって読みながら

「あ、このままだとあっという間に読み終えてしまう」と思い

わざと読むペースを下げたくらいです

著者は〝ルネッサーンス!〟ギャグでお馴染み?の

お笑コンビ、髭男爵のツッコミ担当の大きい方です

文才がありまくり!

元々東大を目指すくらいの天才だったらしいので

カシコなんでしょうね

ただタイトル通り、そこから真っ逆さまに転落していきます

自身が6年間引きこもった話をメインに書いてるのですが

声を出して笑いました

例え方とか文末の一言とかがゼツミョー

髭男爵の漫才よりもメチャクチャ笑えます(失礼!)

さらに愛媛大学にちょっとだけ(中退)いたというのですから

縁を感じずにいられません

又吉さんあたりからでしょうか

オードリー・若林さんといい南キャン山里さんといい

今の〝芸人本〟はハードルがメチャ上がってます

これから書く人は大変だと思いますよ

読者はちょっとやそっとでは満足できなくなるでしょう

4.5ブック

2019.03.27

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「運び屋」

いい意味で〝イーストウッド汁〟がドロドロの作品です

不器用で家庭を顧みず仕事人だった男が

人生のラストに恩返しをする…

イーストウッド作品の王道です

全て予想の範疇ですがファンにとってはそれで充分です

でもよくよく考えたら老人とはいえコカイン運んでお金稼いじゃいかんでしょっ!

アナタが運んだ何百キロのコカインで人生メチャクチャになっている人(子供を含む)が

星の数ほどいるし

アナタの周りの人達だけ汚れたお金で幸せになっていいの?

と思うのはアメリカの事情をよくわかってない青臭い反論でしょうか

ただ

素直に凄いな~と思うのは御年88で

作る(監督)のと演じる(主役)のは未だに現役バリバリということ

そんなハリウッドのレジェンドにオファーされれば

ブラッドリー・クーパーもローレンス・フィッシュバーンもアンディ・ガルシアも

出ちゃうよね

しかもレジェンド振りは私生活でも健在で

最近は20代の恋人が出来たとか!

いろんな意味でまだ引退しそうにありません

ハリー・キャラハンを地で行く御大

映画作りの時もおネーちゃん作りの時もこう言ってるのでしょう

Go ahead. Make my day と

3.5シネマ

2019.02.17

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「争うは本意ならねど ~日本サッカーを救った我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール~」

サッカーモード切り替え第2弾にしては

かなりヘビーな作品でした

が、一気読みしました

サッカーに身近で、伝える側で末席を汚している者として

あまりに無知だった己を恥じ入るばかりです

多くの読者と同じように本作に触れるまでは

「あ、あの我那覇選手…えーっと確かドーピングで…どうなったんだっけ?」

くらいの認識しかありませんでした

誤解したまま実況をしてたと思うとゾッとします

スポーツ界で、しかもサッカー界、Jリーグで史上最悪の〝冤罪〟があった

筆者が「オシムの言葉」を上梓された木村元彦さんでなければ

手に取らなかったもしれませんし

彼だからこそここまでの濃厚なノンフィクションに仕上げることが出来た

ただのサッカー本ではなく上質なドキュメンタリーとしても読みごたえ十分

さらに我那覇選手を救う一助になったのが

元愛媛FCで当時参議院議員だった友近聡朗氏だったことにも縁を感じます

終盤、潔白が証明された時のシーンは涙なしでは読めません

イニエスタがどれだけ華奢なのかも実際に見ないと分かりませんでした

知ってるつもりだったこと、知ったふりをしていたこと

まだまだあります

勉強になりました!

4ブック

2019.02.12

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「ペップ・グアルディオラ キミにすべてを語ろう」

マラソンモードからサッカーモードへ

現代は実況も〝切り替えの速さ〟が大事ですw

おそらく、いや間違いなく世界ナンバーワンのサッカー監督

ドイツ、バイエルン・ミュンヘン時代

密着取材を許された著者のペップ本第1弾を

遅ればせながら読みました

(マンチェスター・シティ時代の第2弾は「グアルディオラ総論」)

サッカー関係者だけでなく誰もが知りたいペップの頭の中と私生活

シティで優勝した時のAmazon密着企画「ALL OR NOTHING」で

すっかりペップファンになってしまいました

(ロッカールームでのモノマネが出来るくらいに)

今回の書籍であらためてわかったこと

・チーム練習後の個人練習が大嫌い(プラシーボ効果)

・ただのパス回しであるティキタカが大嫌い
(特に最終ラインでU字型に回すパス)

・ホームの試合後、相手監督を招いてワインを飲む

・試合の日はゲームの事を考えすぎて一切食事を摂れない
(終わった後もチーズ一切れとワインでいつまでもサッカー談義)

頂点にいる天才もただの負けず嫌い(死ぬほど!)

人間グアルディオラに益々興味がわきました

先週のプレミアも見ましたが

あのチェルシーを子ども扱い(6-0)でしたもんね

シティの連覇はありそうです

ペップ本第2弾も必ず読みます!

4ブック

2019.01.21

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「クリード 炎の宿敵」

クリードシリーズでは2

ロッキーシリーズで言うと“ロッキー8”です

今回はアポロの息子とあのロシアの巨人・ドラゴの息子が対決します!

オープニング

ボロボロのジムでドラゴの息子をトレーニングする大男の背中

パーンして顔にズまる(ズームイン)と

ヒゲ面のドラゴ父ちゃんことドルフ・ラングレン!

もうこれだけで号泣w

あとはブレないスタローン先生

強敵の相手が決まる→ちょっと変わった訓練→ロッキーテーマ流れる→負けそうになる→ロッキーテーマ流れる→ギリギリで勝つ

強敵の相手が決まる→ちょっと変わった訓練→ロッキーテーマ流れる→負けそうになる→ロッキーテーマ流れる→ギリギリで勝つ

この繰り返しです

スタ先生の鉄板コピペ脚本

やる前からオチは分かっているけれど泣けます

偉大なるワンパターンは寅さんの域にまで来ています

あ、後半ドラゴの元嫁(私生活ではスタローンの元嫁)も出てくるのも感動

観賞後、叫んでました

やっぱり俺たちはロッキーが好きだーーーーと

それから家で一気にロッキー1から全部見直しました

1は今見ても傑作、5とファイナルは今見ても駄作

ってことで中二病が治らない私は今週金曜のモーニングティライトを

『ロッキーイナゾー!』とすることを決めました

ロッキーに関するマニアッククイズを制作中

チャレンジャーには映画チケットプレゼントです

挑戦しないとミッキーに叱られますよ

「ジャブだジャブ…そしてジャブだ!!」

3.5シネマ