Archive for the '中学サッカー' Category

2017.10.12

高校サッカーパンフレット完成!

Author: ロッベン江刺

~巻末文より~

私事で恐縮だが今年から愛媛FCホームゲームの実況(DAZN中継)を担当させて頂いている。

これまで地元クラブチームの事は知っていたつもりだったけれど、

他の21チームを見て取材していると改めてJ2リーグにはなんとINDIVIDUAL(個性的)なチーム、選手がいることかと驚かされる。

意地でもボールを繋げようとするチームもあれば、素早いカウンターアタックを得意とするチームもある。

絶対にスタイルを変えないチームもあれば、ころころシムテムを変えるチームもある。

個人でもそうだ。

ボールか来たら必ずドリブルから始める選手もいるし、

流れの中でのシュートはイマイチだがフリーキックになるとやたら上手い選手、

チームに加入するなりアシストしまくる助っ人や1対1は必ず勝負するルーキーなど。

INDIVIDUALなのはピッチ内だけではない。先日見た岐阜の長良川球技場ではボールパーソンの動きがメチャクチャ速かった笑。

あの素早さは日本一ではないだろうか。

タッチを割ったボールを拾うと全速力でタッチラインの傍までダッシュで戻り選手のすぐそばまで近づいてから返す。

そしてすぐ元のポジションに座る。その間わずかに数秒。

あんなに素早く返球するボールパーソンがいるスタジアムを私は見たことがない。

途中からは試合内容よりもそちらばかりが気になり、もっとボールデッドになれ!と願っていたくらいだ。

J2リーグはボールパーソンまでINDIVIDUALだ。

これらはゴールシーンばかりの短いスポーツニュースでは絶対にわからない。

じっくりと試合を観なければ本当の面白さは理解できないのだ。

サッカーの美しさはゴールを決めて勝つ事だけではないと改めて教えてもらっている。

愛媛の高校サッカーが全国トップクラスと言えなくなり久しい。

だがJ2リーグを戦う野武士たちのようにINDIVIDUALでないとは全く思わない。

むしろ逆だ。

その事を証明するためにこの“選手権”はあるのだと思う。

ヘディングだけは絶対に負けない愛媛一の制空権。

ディフェンスラインからのコーチングの声愛媛一。

ロッカールームでの盛り上げ役愛媛一。狙うのはなんでもいい。

プロリーグに負けない愛媛の高校サッカーだけにあるINDIVIDUAL。

それを見つける為に今年も“選手権”のグラウンドに向かいたいと思う。

〈準決勝①FC今治2-2 PK6-5 FCリベント〉

何年かに一度「この試合を実況したかった!」と心から思える試合に出会えます

まさにこの試合がそうでした

先制したリベントに

追いついた今治

延長でも決着つかずPKは5人まで全員が成功

この時点で両チーム全員天晴です 

もう勝敗は二の次、結果は誰のせいでもありません

北条はまるでメイウェザーVSマクレガーのラスベガス状態

連覇の夢破れたリベントで特に目を引いたのがFW⑨菅野君

数プレー見ただけでものが違うと分かります

将来が非常に楽しみな逸材

この悔しさを胸にトップカテゴリーまで駆け上がってほしい

ただ(ここからは全くの個人的意見です)

今治の反撃を受けアディショナルで追いつかれる直前

自分たちのベンチに残り時間を確認しに来たあの3秒間

出来るならばその間も惜しんで

ゴールに一番近いところ、最前線へまっすぐ戻ってほしかった

細かいことだけど

川又堅碁、藤本佳希、松下佳貴、鎌田大地…

私が見てきた先達は終了まで脇目も振らず勝負をして本当のエースになりました

FC今治の岡田さんも言います

“サッカーの神様は細部に宿る”と

わずか数秒かもしれないけれど

愛媛にいたころから彼らはその数秒に拘っていました

今度はもっと大きなステージで出会えることを楽しみにしています

この世界を20年以上見てきたサッカーバカのオジサンからの独り言でした

〈準決勝②城東6-1アークレスSC〉

こちらは大方の予想を覆して一方的な展開となりました

城東には平田君という王様がいます

試合開始からほとんど動かないなあと思っていたら

ボールが来たら2プレーで2得点

結局、ハットトリック&1アシスト

これまた強烈な個性派を発見

愛媛のジュニアユース界は何年観ても飽きませんW

土曜の決勝へ向けて

さあ、どっちから取材しようかな

2017.06.10

ロッベンの高校総体観戦記  FINAL!

Author: ロッベン江刺

・県決勝【済美2-1松山北】

ああ、このまま松山北が1-0で勝つんだろうなあ

と思った残り5分からの鮮やかな逆転勝利でした

これまで何度となくいいところまで来ていたのに

肝心なところで脆さを露呈してしまっていた済美

だが今日は違ってました

その原動力となった彼のプレーを「ロベセレ、今日のワンプレー」に認定です

それは…

“済美24番鈴木君の1.5アシスト!”です

1点目は文句なしですが2点目はキーパーにリフレクションあったので0.5笑

「前半はキンチョーしてて…ドリブルは好きです!」

東京からやってきたドリブラーは立ち姿が既に“テクニシャン然”としています

実は同点に追いついた時、あまりにも喜びすぎている済美イレブンを見て

まだ決まっていないのに大丈夫かなと心配していたのですが杞憂でした

あそこから逆転するのは素晴らしい!

2点目が遠かった松山北

今回も渡部監督は積極采配で貫きました

「思ったより(先制点が)早く入ってしまったかな…」

悔やむ表情で少し遠くを見てました

でもここぞという時の圧倒的な集中力はもはや松北の真骨頂

この後選手権メンバーはほとんどいなくなってしまうだろうが

またこんなチームを作ってほしいなと思いました

一方、直後に県球技場で行われたJFLでは

宇和島東の韋駄天・有間君が健在ぶりを発揮で1ゴール

強豪にがっぷりよつだった今治は確実に力が付いてきています(FC今治1-1ソニー仙台)

さあ“砥部のサッカーHOT3”は明日がいよいよ最終戦

オオトリの愛媛はどんなサッカーを見せてくれるのか

スタジアムに来れない方はDAZNで是非どうぞ

・第1試合【済美1-0松山工業】

早速、行きましょう!

“ロッベンセレクト、今日のワンプレー”は…

「後半3分、済美⑭福本選手の最前線からのチェイシング!」です

その前後でも松山工業のGK、DFがボールを持つたびに素早く突っかかり

いっぱいに広げた足で相手のパスを何度もブロック

「もうそこだけは大事だったので

足がつってでもやろうと思いました!」と試合後は会心の笑顔

(でも今度は最後まで走り切ってね笑)

伝統的に攻撃能力の高い選手が揃う済美ですが

今日は攻撃よりもむしろ守備が光っていました

こぼれ球への反応、ファーストディフェンダーの詰め

それは福本君だけでなくあらゆる選手がやろうとしてました

後半は暑さと連戦の疲れもあったのでしょう守備の網が綻び始め

松山工業の猛攻にさらされました

が結局この試合は福本君が前半3分に取ったスミイチが決勝ゴールに

一つ注文をするならお互いのゴールがもっと見たかった~

・第2試合【松山北3-1新田】

こちらの“ロベセレ、今日のワンプレー!”は…

「CBの④黒河主将をFWで起用した松山北・渡部監督の采配!」です

ほとんどの全国選手権メンバーが残った松北

どれほど完成度を高めているのかと思ったら

なんと背番号4が最前線にいるじゃないですか!

「選手権の後、黒河が怪我をした時に他のDFの選手が伸びてきたので

じゃあ彼をFWにしてみようかと」

中学以来の攻撃ポジションとなったが今日の2点目も決め黒河君はこれで大会2得点

「CBはいろいろ守らなきゃいけないことがあるんですけど

今は自分が好きなようにできるので楽しいです!」

⑩三宅との松北・新ホットラインも板についてました

終わってみれば松北の完勝

100人を超える新田大軍団のブレイクは秋にお預けです

さあ、大会記録が続出する今年の県総体はサッカー男子の決勝を残すのみ

済美なら10年ぶり、松山北なら3年ぶり

共に4度目となるサマーチケットの行方を一緒に見届けましょう!

(5日土曜は11時~総体決勝&13時~FC今治のダブルヘッダー

から~の~翌日19時~愛媛FCホームゲームっていう土日はいかが!?)

・準々決勝【済美6-0小松】

早朝にあったCLファイナルの寝不足を引き摺りながら

マナーとして直近のチャンピオンから取材。

新人戦優勝の済美と小松の一戦を観に砥部の球技場へ。

隣接のニンスタからは陸上競技の大歓声が。

このあたり半径500mに漂う「今までやってきたことを今日で全部出します!」っていう

青臭く甘酸っぱい青春の匂いがプンプン。

これぞ高校スポーツの醍醐味です。プロもいいけどやっぱこっちもいいなあ~笑。

では早速行きましょう

今年から始まった(すぐ終わるかも?)“ロッベン江刺セレクト、今日のワンプレー!”は…

「済美・右SB④緒方君の1点目のクロス!」に決定です。

まさに糸を引くような完璧なクロス、“ベストクロス賞”をあげちゃいます!

このワンプレーが大量点の導火線となりました。

「はい!もうそれだけが僕のストロングポイントみたいなもんですから笑」

試合後の受け答えも爽やかで好印象。

クロス前、相手DFとの競り合いで見せたデュエルもOK。

緒方君、中学時代は愛媛FC新居浜にいたそうで

「テレビで“選手権”を見て絶対に行きたいと思って」

心意気もOK!

一方、最後の最後まで攻め続ける姿勢を見せた小松ベンチ&選手にも敬意を送りたい。

さあこれで明日の第1試合(12時KO)は済美対松山工業

第2試合は新田対松山北(14時KO)となりました。

松山工業は中心選手が怪我から戻っておりほぼフルメンバー。

済美の本当の強さが試される一戦です。

そしていつブレイクしてもおかしくない新田“大”軍団。

対するは選手権王者、松山北。

県球技場で開催される明日のセミファイナル2試合は

共に好ゲームになること間違いない(by長井秀和)!

2016.11.14

激闘の余韻に想う事

Author: ロッベン江刺

あなたは国見高校に伝わる伝説“朝練前の自主朝練”をご存知だろうか。

早朝練習の2時間前、皆がグラウンドにやって来る前に

自主的にやっていた朝練習のことである。

「毎日やってたんでやらないと逆に調子悪くなるんですよね~」

生放送前、ニンスタ控え室でにこやかに話す元日本代表MF・三浦淳寛さん。

2度優勝した選手権全国大会中も当然のように朝4時に起きて

宿舎を出ようと玄関に下りると

小嶺監督(当時)がいて「今日はやめてくれ!」と止められたという。

「僕らの時は足をつらせることは許されませんでしたから…」

試合中呟いたアツさん(馴れ馴れしくれスイマセン)の一言に

返す言葉がなかった。

決して決勝の2チームだけに言っているのではない。

カテゴリーに関係なく愛媛の会場でよく目にしてきたことだ。

あの時のアツさんなら

倒れこんでPKをアピールする暇があったら

とっとと自分のポジションに戻っていたのではないだろうか。

あの時の国見ベンチなら

相手チームや審判に不満を言うのではなく

次の作戦を自分達のチームに伝えていたのではないか。

「国見とは違うから…」

「ニンスタの芝が長かったから…」

「今の指導は短時間でボトムアップでやるのがトレンドだから…」

愛媛サッカー史に残るような名勝負を見せてくれた

今年だからこそ自戒の念をこめて問いかけたい。

弱いんだから練習をする。

下手なんだから練習をする。

極めてシンプルな答えだ。

「他人とおなじことやっても上にはいけないでしょ」

再びアツさんの言葉が木霊する。

この放送席に座るのもカウントダウンが見えてきた今日この頃

サッカーだけの話には聞こえず私の胸にストンと落ちてきた。

下ばかりを見ていたらスーパーは存在にはなれないってことを

元日本代表に教えていただいた。

見上げると夜空にはドデカイ月が浮かんでいた。

先ほどFC今治が初戦を快勝(3-0北海道*第3戦ラジオ生放送アリ)したと聞き

機嫌よく実況準備に臨んでおりますW

“松山工業対松山北”

共に近年の愛媛高校サッカーを牽引してきた朋友です

県総体決勝の激しい殴り合いは何度かご紹介しましたが

それだけでありません

昨年から数えると総体準々決勝、選手権準決勝

今年の新人戦準々決勝、総体決勝と今回の選手権決勝で

なんと5大会連続でぶつかるんです(松工3勝、松北1勝)

幼少期から同じチームだった仲間が多数いるので

選手だけ無く応援席も熱くなる訳ですよ

強豪同士だからいつかはあたるでしょうが

に・し・て・も!なんと因縁浅からぬ好敵手でしょう

さらにオールドサッカーファンには堪らない情報

松北のサイドバック・黒田くんの父は南宇和日本一の副主将“愛媛のジダン”こと一則氏であり

その時の主将が松工のベンチにひかえる軍師・大西貴コーチ

さらに!

松工の大黒柱・大木君の叔父さんは元愛媛FC・勉氏で

同じく松北の11番友近くんの叔父さんは大木勉氏と南宇和最強2トップを組んでいた聡朗氏なのです!

この南宇和・レジェンド達の裏対決も見逃せない

ああ、考えるだけでヨダレが止め処なく流れて行きます

まあお互い3年生が少ないとか

因縁がどうとか下馬評がどうとか

周りが(私が)騒がしくなっていますが

結局、勝負なんてのは蓋を開けてみなけりゃ専門家にもわからないってことを

先の大統領選で変な髪形の大富豪が教えてくれました

あとはどれだけ自分を信じられるかなんでしょうね

さあ、どんな大波乱があってもいいようにしっかりと準備をしておきます!!

2016.11.03

今年のFANALISTはあのライバルチーム・・・

Author: ロッベン江刺

メチャクチャ面白かったーーー

2試合とも好ゲームが観られるなんて感動です!

【準決勝第1試合:松山工業2-1済美】

【“ロッベン的”マン・オブ・ザ・マッチ:大木秀仁】

前半の済美ラッシュは見事でした

15番鈴木君、9番秋山君、22重松君ら

攻撃能力が高いタレントたちが躍動

立ちはだかったのは

U16代表合宿から帰ってきたばかりの1年生GK伊藤君

後半34分の超決定機を左足一本で止めたプレーは圧巻でした

「代表合宿の成果を出してやろうと思ってました!」

合宿中は有名クラブチームばかりの若き代表選手たちに

四国の高校生チーム所属なのをイジられたそうだが

田舎だから出来ることがある事を松大女子駅伝部が証明してくれたばかりだ

堂々とスケールの大きい選手に育ってほしい

1、2年生が注目されがちなチームだが

どっこい最後はやっぱり3年生

大木君をはじめ西河君、山西主将の存在感が光りました

【準決勝第2試合:松山北2-1帝京第五】

【“ロッベン的”マン・オブ・ザ・マッチ:稲井雄大】

「凄いゴール決められちゃいました…」

相手の植田監督をこう唸らせるほど見事なミドルでした

帝京第五の息の根を止めたのは

残留3年生コンビの一人、稲井君

県総体のブログでも書きましたがホント大舞台に強い選手ですね

松山北の劣勢だった時間に決めるところも“神って”ました

(イナズマだから雷神ってことねW)

一方のイナズマ、帝京第五の稲邪君

もうこのままプロになっちゃえ!と思わせるくらい

縦横無尽に駆け回ってました

キャプテン・菊池君との“タイガー・ホットライン”

もっと観たかったなあ

それでも勝ったのは松山北

サッカーとはわからないものです(まだまだ勉強します!)

さあ、これで決勝カードが松工ー松北という

愛媛イチの意地っ張り同士による“松山ダービー”に決定しましたW

そう、県総体決勝のアディショナルで点を取り合った死闘を演じた

あの再戦が実現します!

ロッキー・バルボア対アポロ・クリード

いや

ファイティング・原田対エデル・ジョフレ

いや

フロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオ

いや

シュガー・レイ・レナード対…

もういいですね

気持ち的にはそんな世紀の一戦になるのではないかと

いまからコーフンしております!!!

尚、各マン・オブ・ザ・マッチのコメントなどは5日土曜ラジオ「MOTTO!」で放送

決勝:11月12日(土)テレビ生放送12:55~ ゲスト:三浦淳寛さん(元日本代表、元祖無回転FK!)

*11月13日(日)ラジオ生放送13:20~ 「FC今治完全応援 全国地域チャンピオンズリーグ」もあるよ
   ゲスト解説:赤井秀一さん
uu

2016.10.29

高校サッカー、ベスト4決まる!

Author: ロッベン江刺

~サッカー大好きディレクター・おっぎーコラム~

【高校サッカー選手権、愛媛県大会は準々決勝が行われました。

第一シードの松山工業は志摩を中心とした堅い守り。

ゴールキーパーの伊藤は先週、16歳以下の日本代表候補に選ばれました。

対する宇和島東は、東海林を中心に攻撃を組み立てます。

前半は両チーム無得点で終えます。

試合が動いたのは後半9分。

松山工業、大木のクロスに向井が合わせます!

その直後、ゴールキーパーの伊藤が足をつって退場するアクシデント。

宇和島東は、相手ゴールに何度も迫りますが、決めきれず。

終了間際には、東海林のパスから清岡!

これを伊藤に代わった野口が防ぎ、松山工業が準決勝に駒を進めました。

第2シードの松山北は前半8分、三宅のゴールで先制。

38分には中野。

後半にも、串部、黒河がゴールを決めて4対0。

今治工業を破りました。

済美と大洲の対戦は

前半22分、重松が頭に合わせ済美が先制すると…。

後半1分、大洲の廣瀬がこちらも頭に合わせて追いつきます。

試合は延長でも決着がつかずPK戦に。

これを済美が制して準決勝進出を決めました。

帝京第五対松山商業は後半、コーナーキックに帝京第五、森田があわせます。

その2分後、松山商業、佐々木が同点ゴール。

試合を決めたのはこの人、帝京第五のエース、稲邪!

自らのゴール、そして3点目をアシストし、チームをベスト4に導きました。

準決勝は、ご覧のカードとなりました。

11月3日、県総合運動公園球技場で行われます。】

2016.10.03

公式パンフレット出来たど~!

Author: ロッベン江刺

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95
刷り上ったばかりの公式パンフレット~カックいいぜ~

まだホッカホカ

表紙はご存知、利き足は“頭!”こと

シンデレラボーイ、ザキオカ選手~

チーム&選手プロフィールだけでなく

どこよりも詳しい愛媛県大会&全国戦績

ロッベン江刺コラム(Qクエまで!)もあるよ

今回は済美OB、ファジアーノ岡山・藤本君からメッセージを頂きました!

8日から開幕の各会場で手に入ります

もちろん無料ワラ

なくなり次第終了となりますのでお早めにどうぞ~

~公式パンフ ロッベンコラムより抜粋~

 「何言ってるんですか江刺さん、愛媛のサッカーはレベル低くないですよ!」
早口で畳み掛ける剣幕に圧倒されそうになりながら、
あの頃と変わらない熱の強さがガラパゴス携帯から伝わり
思わず涙がこぼれそうになった。
電話の向こうは夢を叶えたレジェンドOB、
ファジアーノ岡山の藤本佳希(90回大会済美高校全国ベスト16のエース)選手。
全国で結果が出ない愛媛を嘆いた私からの問いかけに彼は迷うことなく答えた。
「飛翔(現ファジアーノ岡山・久保選手、済美出身)もいるし、
松下(佳貴選手、現ヴィッセル神戸、松工出身)もいる、愛媛は弱くない。
それは僕らが証明しています!」
「ただ…全国で臆病になっちゃうんです。僕らもそうでした…」
平成23年度、愛媛代表として全国選手権に挑んだ済美。
後にプロ選手を2人輩出するほどのタレントがいたとはいえ、
一歩間違えれば初戦敗退の可能性もあった…
(続きは公式パンフレットで)