大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

8/17

雨のち晴れ

32/26 60%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

9/23(月)Cha-kaドロップ♪

In CategoryMonday, 番組ブログ
By番組スタッフ

1.Shining/ DJ KAWASAKI feat.bird 

【Cha-kaコメント】

世界的に人気のあるハウスDJ/プロデューサーDJ KAWASAKI。

メジャーデビューから7年目の今年

初のベストアルバム「NAKED~DJ KAWASAKI Complete Best」を

リリースしました。

このアルバムのリリースツアーが6月から行われていて

今月28日(土)は

松山三番町のclub BIBROSにやってきます☆

iTunesダンスチャートでは8曲連続No.1を獲得

一般リスナーからもコアなハウスファンからも

広く注目を集めている

これからのハウスシーンを牽引すると期待されている

DJ KAWASAKIさんのプレイと最先端のハウスミュージックで

華やかな夜を楽しむことができます♪

ここからは~8、9月のまとめ~です♪

2.This Life/CHEHON & NATURAL WEAPON 

【Cha-kaコメント】

大阪出身のCHEHON、耳に残る声にリリックが印象的。

今月愛媛にやってきます。

9月29日(日)午後0時 正午から野外のレゲエビッグイベント

「四国ミュージックフェスタ」が

四国中央市 森と湖畔の公園で開催されます。

この日は 豪華アーティストが勢揃い、

RYO the SKYWALKER

卍LINE(窪塚洋介)

PETERMANなど

レゲエシンガー、Deejay、ダンサーなどたくさんのアーティストが出演します。

レゲエパワーに元気をもらいたいという人は是非お出かけください!!

お問い合わせは0570−000−777

3.何度だって/TAK-Z 

【Cha-kaコメント】

TAK-Zは2004年から

大阪を拠点に活動しているレゲエシンガー。

甘い声とポジティブなメッセージで全国で人気を博しています。

TAK-Zも今週松山にやってきますよ!

9月27日(金)午後11時から

松山三番町のCLUB BIBROSにて「Doctor G Masters Edition」

ゲストライブにこのTAK-Zが登場します。

大阪のレゲエのサウンドクルーSCORPION the silent killerと

レゲエDeejay BIG BEARと共に松山の夜を盛り上げてくれそうです。

4.princess princess / Jenny Branch 

【Cha-kaコメント】

9月はじめにご紹介したのは、東京を拠点に

「極上のガールズポップ」というコンセプトのもと

現在、精力的にライブ活動、イベントの主催なんかを続けています。

ジェニー・ブランチ!

かわいいシンガーソングライター でも普通の女の子。

自分が生きられない人生 自分が生きてみたい人生を描いたという曲です。

5.Good day to you/ SWEEP 

【Cha-kaコメント】

日本人離れしたソウルフルな声に

近年、流行のエレクトロダンスミュージックのサウンドも取り入れていて

J−POP に革命を起こすと期待されています。

2006年メジャーデビュー、横浜出身のR&BシンガーSWEEP。

聴いてくれる人 皆に元気になってほしいという曲

6.R.I.P / MoNa a.k.a Sadgirl 

【Cha-kaコメント】

R.I.Pは安らかに眠れというRest In Peaceの略で

亡くなった人への思いを綴った曲ですが

なかでも「選ぶ道なら幾千とおりあったろうに キミらしくない。

誰もが口にするその言葉、

ただ知ったようなふりに聞こえた」。このフレーズがぐっと来ました。

これで、この曲が自殺した身近な誰かの為に書かれた曲だと分かりましたが

その人に対して「何で・・・」と嘆くというより

もしかしたらSOSを出していたかもしれないのに

気付いてあげることができなかったことへの後悔を感じます。

全国ではここ何年、1年に3万人という方が自ら命を絶っている。

県内でも、多くの方が自殺、孤独死しています。

ニュースにはなりませんが知っておかないといけない問題だと思います。

きょうはちょうど秋分の日。

お彼岸。お墓参りをしにいくという方も多いかと思いますが

大切な人と過ごした時間に思いを馳せると同時に

今周りにいてくれる人たちを大切にしたいと

改めて感じさせてくれる曲です。

7.Farewell / GAGLE feat.KGM

【Cha-kaコメント】

仙台を代表する2組

GAGLE feat.KGM「Farewell」

このFarewell ごきげんよう!って意味で

これから別れる友達に向けて、いつもお前らしく生きていけよ!

というメッセージが込められています。友達仲間を思い浮かべながら

あの子元気で頑張ってるかなーって思い出すんですけど

こうやって彼岸の日に聴いてみると

いつもと違った気分になりました。

今ではいなくなってしまった

親、おじいちゃんおばあちゃん、先輩に言われたことが重なって

これから自分自身が頑張っていかなきゃいけないんだって

やる気を出させてくれる曲です。

8.GET ON THE BUS~街おこし12周年のテーマ 

  /MICHITA,DAI-HARD,SHINGO☆西成 & DAG FORCE

【Cha-kaコメント】

今しか無い時間を大切に

仲間と最高の時間を過ごそう!という

MICHITA,DAI-HARD,SHINGO☆西成 & DAG FORCE

「GET ON THE BUS ~街おこし12周年のテーマ」

【最後に】

10月から

『RNB Radio Show What’s Up?』は

火曜日の午後11時から1時間の放送になります。

午後4時からの放送は今週いっぱいとなります。

9/16(月・祝)Cha-kaドロップ♪

In CategoryMonday, 番組ブログ
By番組スタッフ

Cha-kaドロップ♪

 

 

1.道はつづく/DJ YOSHII feat.DABO & USU

【Cha-kaコメント】

この曲のプロデューサーでもある

DJ YOSHIIは新潟のクラブシーンを長年引っ張ってきているDJで

たくさんのアーティストをプロデュースしてきているんですが

この曲が入ったアルバム「BELEIVE YOUR DREAMS」は

初めて自身名義でリリースしていたもので

ヒップホップあり、歌ものあり、とってもカラフルなアルバムです。

 

そしてアーティストの人選は全部DJ YOSHII自身がやっていて

クラブの現場を大事にする 現場主義らしく

歌っている人もメジャーで活躍している人たちばかりじゃなくて

基本アンダーグラウンドで

DJ YOSHII本人が実際にライブで衝撃を受けて

直接話すようになったアーティストたち。

 

「キツいことが多い世の中で

腐らないで前を向こうって考えることが自分にとって大事で

そう思えたのは音楽があったからであって

このアルバムで

自分の音楽も辛い境遇の中にいる人たちの助けになれば良い」と

言っています。

クラブシーンの底上げをしていこうっていう姿勢と

地方からの発信がしっかりできる方向に持っていきたいという

強い信念がカッコいいと思うDJです。

 

2.涙/DJ YOSHII feat.BL@CK VYNALIZM & D-CLAIM

 

3.You are the Universe/Full Flava feat. Ce Ce Peniston

【Cha-kaコメント】

イギリスの敏腕プロデューサーチームFull Flavaが

アメリカの歌姫Ce Ce Penistonをプロデュースした大ヒット曲。

「You are the Universe」

「あなたは宇宙そのものだからできないことは何も無い!

人生の助手席に乗るんじゃなくて

一生ドライバーでありなさい」というメッセージになっています。

 

私、昔男性DJと男性ラッパーと3人で

1DJ2MCというスタイルで「UNIVERSE」という

ヒップホップユニットを組んで活動していて、

クラブでこれがかかると

知っている人たちがこっちを向いて歌ってくれるんです。

で、この曲が発売された年に組んだユニットだったので

テーマ曲みたいになっていました。

これを聴きながら頑張らなきゃなーって思っていたのが

とっても印象に残っています。

 

4.Surrender/Javine

 

5.You Gotta Be/Des’ree

【Cha-kaコメント】

20代30代の女性に是非聴いてほしい一曲♪

「悪く、大胆で、賢くあれ。

タフで、逞しく、強くあれ。

冷静で穏やかに、そして誰かの傍にいること」

 

これが全部制覇できたら無敵だなといつも思います。

良い子ぶってたり、びびってたり

心がぶれぶれだったり

ちょっと行き詰まった時は

この曲を聴いて

今、自分に足りないものはどれかって考えると

大体どれかに当てはまって軌道修正ができるので

私も日々の指針にしている大切な一曲です。

 

6.How It Feels To Fly/Alicia Keys

【Cha-kaコメント】

「もしあの空に触ることができるなら

私はただ、飛ぶことがどんな気分なのかを知るために

落ちてしまうリスクも厭わない。」

という例えを使って、

失敗しても良い、とにかく挑戦してみたい

大きな目標を見つけた時の高揚感を歌っています。

 

静かなバックトラックに勢いのあるボーカルとコーラスが

高揚感をより際立たせている一曲。

 

7.Burn/Usher

【Cha-kaコメント】

私が高校生の時に

たまたま手に取ったアルバムに入っていた曲なんですが、

力強いのにどこか切ない歌声とトラックの響きが当時衝撃的で

この曲でUSHERが好きになり、R&Bを聴くようになりました。

 

8.Stickwitu/pussy cat dolls

【Cha-kaコメント】

1995年にアメリカロサンゼルスで活動を開始して

一斉を風靡したガールズユニット

プッシーキャットドールズ。

男女問わず広く人気のラブソング♥

 

9.Ordinary People/John Legend

【Cha-kaコメント】

「私たちはただの人間だから

間違いもするし、どこに行けば良いかも分からない。

だから時にはスロウダウンしていこう。」と

けんかをした恋人に対して綴られた1曲

 

【最後に】

きょうは心地良い♪定番R&B

明日の活力をくれる曲たちをピックアップしてきました。

 

きょうまでお休みだった人

連休なんか無かったという人も

音楽で心穏やかに!

また明日から頑張ってください☆

9/9(月)Cha-kaドロップ♪ 切なLOVE SONG

In CategoryMonday, 番組ブログ
By番組スタッフ

すっかり秋らしくなってきて・・・これぞ秋ソング!ってあまり無いですが、

夏からトーンダウンしていくこの時期に毎年

私が聴きたくなるのは、しんみりするラブソングです。

きょうは「切なLOVE SONG」ドロップしました♪

 

 

1.なごり夏/BENNIE K

【Cha-kaコメント】

夢を追いかけるために別れを選んだ2人の曲

 

2.マタアイマショウ/SEAMO

【Cha-kaコメント】

この曲で一躍メジャーシーンで有名になったSEAMO。

こんな綺麗なラブソング歌っていますが

元々クラブでは「シーモネーター」という

下ネタやギャグを交えた一風変わったラッパーとして活動していました。

そのシーモネーターとしてメジャーデビューしてしばらくして

突然レコード会社から契約解除となったんですが

1年くらい地道な売り込み活動をして

2005年に別のレコード会社と契約して「SEAMO」に改名したんです。

昔のベニーKとコラボしている曲もあるんですが

シーモネーターって歌っていて、かなりキャラクターも違っています。

 

2006年当時、この曲でSEAMOがブレイクした時は

クラブで歌っている仲間内の間では、「自分を捨て過ぎだ!」とか

「メジャーを意識し過ぎだ!」と、かなり賛否両論でした。

でも、私個人的にはスタイルを変えながらでも

メジャーシーンでの成功っていうのを目標にしていたのなら

SEAMOさんは筋が通っていて、それで成功したんだから

カッコいいなと思って応援していましたし、この曲も好きでした。

特にこの曲、女性に人気だったんですが

これに女性の立場で答えるアンサーソングがリリースされました。

 

3.マタアイマショウ in respect for SEAMO/Miss Monday

4.心の声/SEAMO feat.AZU

5.Honesty/宏実 feat. Hisatomi

【Cha-kaコメント】

擦れ違ってばかりだけど、

お互いを思い合っている2人の曲です。

 

6.上京/SOFFet feat.Qumi

 

7.もう一度~Before you walk out of my life~/Heartbeat & DJ Hasebe

【Cha-kaコメント】

90年代のR&Bが好きな人にはたまらない一曲。

1995年にリリースされた、アメリカのR&BシンガーMonicaの名曲

「BEFORE YOU WALK OUT OF MY LIFE」をカバーしたものなんですが

日本を代表するR&Bのカリスマ DJ Hasebeがプロデュースしています。

私はこのDJ Hasebeのアレンジが大好きで

この人がリミックス(既存の曲をアレンジして新しいバージョンを作る)すると

元曲の中でも、欲しいところをリピートさせたり、効果音を入れたりしながら

とっても温かみのあるおしゃれな楽曲になるんです。

 

歌っているHeartbeat(ハービー)は

10年前にケミストリーらを輩出した

テレビ番組ASAYANのオーディションで

1万6000人の中からグランプリに輝いてデビューした歌姫です。

 

8.let go/m-flo ♥YOSHIKA

【Cha-kaコメント】

叶わない恋を歌ったきょう1番の切なLOVE SONG。

これは女の子の友達が口を揃えて泣ける・・・という間違いない一曲。

m-floはこれまでもたくさんお届けしてきましたが、

本当にあらゆる音楽性を持っているのが魅力的。

この曲でコラボしているYOSHIKAをはじめ

BoA、ケミストリー、和田アキ子さん、坂本龍一さんから

アンダーグラウンドのラッパーなど

色々なジャンルのアーティストと一緒に楽曲を作っています。

その際にm-floが心がけているのが、相手の魅力をいかに活かすか

相手にどれだけハッピーになってもらえるかということ。

一緒に曲を作る相手への尊敬の念や愛情が

素敵な曲につながっているんだと思います☆

 

【最後に】

この秋にしんみり聴きたい「切なLOVE SONG」ドロップしてきました!

切ない歌は、過去の切ない思い出だけじゃなくて

過去の素敵な良い思い出、

今持っている幸せを実感するのにもとっても良いツールだと思います☆

 

9/2(月)『ジェニー・ブランチ』特集

In CategoryMonday, 番組ブログ
By番組スタッフ

9月最初の『What’s Up?』は可愛らしいシンガソングライター

ジェニー・ブランチさんの特集でした。

今治出身のラッパーらゆうさんと

R&BシンガーKyteさんとコラボしています。

可愛らしいジェニーちゃんのインタビューもお届けしましたよ♪

 

1.Jenny that’s ma’ name /ジェニー・ブランチ feat.らゆう/Kyte

【Cha-kaコメント】

アメリカ西海岸で育って、カナダ、アメリカ、中国での生活を経て

19歳からは渋谷を中心に東京で活動をはじめ

「極上のガールズポップ」というコンセプトのもと

現在、精力的にライブ活動、主催イベントを続けています。

 

2.Dreamgirl/ジェニー・ブランチ

【Cha-kaコメント】

ジェニーちゃんはポップな恋愛ソングが多くて

元気な女の子なんだなーと印象が強いんですが

この曲は「辛くなったり、淋しくなったりした時に

鏡を見て、もう1人の自分とそっと手を合わせてみる。

そうすると1人ではないことに気が付く。

いつだって、1番の味方は自分自身。」なんだ

ということを言いたかったという、ジェニーちゃん。

ジェニーちゃん自身が抱える苦しみ、

そこから自分を静かに奮い立たせようとしている姿が見えて、

一層応援したくなりました。

歌詞が具体的でなく、抽象的なので

自分に当てはめて、共感しやすい曲だと思います。

切ないトラックがさらに哀愁を増していて、私が1番好きな曲です。

 

3.Chopsticks/ジェニー・ブランチ feat.MIKU a.k.a tomboy

 

4.Chocolate Cake/ジェニー・ブランチ

【Cha-kaコメント】

片思いの甘酸っぱい思いを凝縮しています。

臆病で前に進めない気持ちでいっぱいだけど

それでも精一杯作ったチョコレートケーキを

キミに届けたい!というとっても可愛いジェニーちゃんらしい一曲。

 

5.princess princess/ジェニー・ブランチ

【Cha-kaコメント】

自分が生きられない人生 自分が生きてみたい人生を描きたいという

ジェニーちゃんの1曲

 

6.Girls be ambitious/ジェニー・ブランチ feat.M’s Rump Girls・櫻-sakura-

 

7.Inception/ジェニー・ブランチ

【Cha-kaコメント】

各駅停車に乗って、未だ見ぬ運命の人を探す旅に出かける・・・

「きっとあなたも世界中のどこかで私を探している」

そんな期待に満ちあふれた一曲です。

 

【最後に】

きょうは先月今治で開催されたクラブイベント「Sound I Land」に

東京からライブをしにやってきた5組のアーティストの中から

極上のガールズポップジェニー・ブランチちゃんの曲を

インタビューとともにドロップしてきました!

きょうドロップしてきたジェニーちゃんの曲が収録されているアルバム

「JENNY BRANCH」は現在全国のタワーレコードにて販売中です!

インターネットでも購入できるので是非チェックしてください☆

あすは

映画「海猿」の主題歌「Believe」を制作したことでも話題になりました

R&BシンガーSWEEPさんをピックアップします☆

8/26(月)R&Bシンガー・Kyteさん&今治出身のラッパー”らゆう”さん

In CategoryMonday, 番組ブログ
By番組スタッフ

今日は8月24日(土)今治湯ノ浦のクラブ、「アイオンジ」で開催された

イベント「Sound I Land」に出演したKyteさんと”らゆう”さんの

インタビュー&曲をお届けしました

Kyteさんは、スタイリッシュで爽やかなイケメンR&Bシンガーです。

 

1.Stick Wit You/Kyte

【Cha-kaコメント】

声にフロウなんかも日本人離れしてます。

インターネットで事前にチェックしたら、

プロフィール写真でサングラスをしていて

結構いかつい人が来るのかなと思ったんですけど

会ってみると見た目格好もスラッとすごくスタイリッシュな感じで

優しい穏やかな感じの人だなーって印象を受けて

歌声を聴いて一瞬で好きになってしまいました。

 

2.Club Love/Kyte

【Cha-kaコメント】

R&Bは社会批判やヒップホップとはちょっと違って

愛をテーマにしたり、楽しく踊ろうーっていうジャンルです。

3.HEY GIRL/Kyte

【Cha-kaコメント】

8/24のライブでも1番お客さんを右に左に踊らせていた曲です。

 

 

”らゆう”さんは、今治出身のラッパー、プロデューサーです。

2007年にシンガーRowさんと

「BIG BANG THEORY」というユニットで全国デビュー、

今も都内を中心に活動しています。

 

 

4.夢で逢えたら/BIG BANG THEORY

【Cha-kaコメント】

自分は自分の道を歩いていくという決意を、

沈まない太陽と照らし合わせた一曲です。

 

5.腹Black/BIG BANG THEORY

 

6.OVERE AGAIN/らゆう feat.Kyte

【Cha-kaコメント】

Kyteさんと”らゆう”さんのコラボ

 

 

 

トップページへ