宇和島東 ~バーニング古谷コラム~


選手権全国大会で得た経験はチームを大きく変えた。

『全国で8つ、全国でベスト8のためにはまだまだ足りないです』

宇和島東を全国に導いた赤松弘教監督が厳しい表情で語る。
練習中、指揮官がかける言葉、送る指示の厳しさは去年と比べ、格段に増した。
ポジショニング、精度、選手の声掛け、すべてにおいて求めるレベルが上がった。

『インターハイと選手権の舞台を踏んで、意識も練習も2段階ぐらいあげていかないといけない感じた。去年のすごかった3年生が全国の舞台で、無得点で勝てなかった。選手たちも力の差を痛感したと思う』

選手たちにとっても、大きな財産としてその経験は残っている。
選手権をピッチで戦った者。ベンチで試合を見ていた者。
去年の冬をそれぞれの立場で過ごした。

宇和島東は、夏の県総体を節目にキャプテンを引き継ぐ。
前キャプテンの岡崎翔選手(現3年)も、夏のインターハイ後、キャプテンを引き継いだ。
しかし、選手権県大会の決勝、さらには全国の舞台でも、そのピッチに立つことはなかった。

『めちゃめちゃ悔しかった。だから、他の選手の倍は練習しました』
その悔しさは岡崎を揺り動かし、加速度的に成長させた。

選手権の優勝はもちろん、個人としての野望も口にする。
『愛媛で1番のボランチと言われるようなプレーをしたい』

岡崎の選手権でのプレーを見るのが楽しみだ。

-青春アディショナルタイム