宇和島南 ~ロッベン江刺コラム~


誰が呼んだか〝ミスターパーフェクト〟

 大洲北中時代、成績トップでしかもゴールを決めまくるストライカーだった内山少年を

 見て勝手につけたニックネームだった。

 ジュニアユースチャンピオンになった彼は大洲高校を経て先生になる為に

 大阪に進学しこの4月地元に戻ってきた。

 「(実況放送で)成績のことまで言われるとは思いませんでしたw」

 

シュートフォームはあの頃と変わらずシャープなままだ。

 「今、かなり楽しいです!サッカー教えるために学校に来ているようなものなんで」

 ただ〝ミスターパーフェクト〟先生は育休代員として赴任したので

 12月末までたった9か月間の期間限定監督だ。

 「とても細かいところまで教えてくれて年齢も近いのでフレンドリーで。

 (内山)先生がいなくなっても継続して出来る様に自分たちでしないと…」

 じゃあ、出来るだけ監督に居てもらうには全国大会に出ればいいんだよ。

 「そうですね!」

 俯いていた楠キャプテンがニッコリと顔を上げた。

 

選択肢としてプロクラブの下部組織行きも可能だったが

 地元高校への道を選んだ内山監督。

 「そこまでやれるとは思えませんでしたし、地元の仲間たちと一緒にサッカーしたかった」

 プロになっていたらどんな選手になったんだろうか。オレンジのユニホームを着ていたの

 か、それとも…

 個人的なセンチメンタリズムは以下の言葉で掻き消された。

 「その時の選択は間違いじゃなかったと思ってます。

 あれだけ時間をかけて本気になれるのは高校時代だけでした。

 あの時しかできない事でしたね」

 彼の次の目標は明確だ。来年もう一度、高校サッカーの世界に戻ってくること。

 その前に、チームが全国出場して選手権勝ち続けたら1月以降はどうするの?

 「そうなったらボランティアでも何でもいいからチームについていきますw」

 最後の答えもパーフェクトだ。

-青春アディショナルタイム