松山商業 ~ロッベン江刺コラム~


ここに来て松山商業の評判がすこぶるいい。

他チームが警戒するほどの強さはリーグ戦全勝優勝から来ている。

県内高校サッカー部のリーグは実力別でE1、2、3の3つに分けられている。

松山商業はE2に所属していてそのうち7つのリーグ戦を全て勝ち

来シーズンからのE1昇格を既に決めている。

「大竹監督から〝松商が来るぞ〟と他チームから言われていると聞きました笑」

と岡崎キャプテンが胸を張るのもわかる。

リーグ戦優勝は決して偶然ではない。獲りに行って掴んだタイトルだ。

「これまでの考え方を変えたんです。

総体や選手権の時だけでなくリーグ戦も重視していこうと。1週間ごとの試合にあわせてチ

ームで取り組んでいく。その流れで大きな大会に臨む。

1年かけて〝戦い方のメモリーを積み重ね〟ていこうと」

愛媛の高校サッカー部監督第3世代の代表格でもある大竹監督が描くのは

その場その場で終わるのではなく通年で戦っていくプランだ。

県総体で夏のチャンピオン、新田を残り10分まで追い詰めた(松商2-3新田)自信が

E2全勝優勝というタイトルで確信に変わった。

「うちは身長が小さいのでセットプレーが苦手だったんですけど、練習するたびに取れる

ようになったんですよ」

これで大きな弱点は無くなった。

しかもここの指揮官は選手権タイトルの獲り方も知っている。

シード校ばかりに目を奪われてはいけない。

思わぬ伏兵は毎年意外なところから生まれるものだ。

-青春アディショナルタイム