ロッベンコラム 第3シード・松山聖陵


「私がここに赴任したばかりの頃に一度あるので…平成9年以来ですかね」

となれば実に21年振りのシード権奪還である。

平成9年と言えば日本がワールドカップ初出場を決めた〝ジョホールバルの歓喜〟があり

〝失楽園〟という言葉が流行った年だ。

「なんかソワソワしますw」と立川博之監督は照れ笑いで続けた。

6月の県総体も決して順調だったわけではない。

初戦東予戦はPK。次の新居浜工業戦、決勝点はアディショナル。

シード権を勝ち取った準々決勝の今治工業戦は延長で

最後キャプテン岡村健人のゴールで勝利だった。(優勝した宇和島東に準決勝0-2で敗戦)

「正直、プレッシャーはあります笑」

キャプテンもシードの重みを感じている。

5年連続でサッカー部訪問をさせてもらっていい意味で聖陵の変化を感じていた。

その一つが写真にある今年度から始めた月2回のフィジカルトレーニングだ。

「当たり負けしないようになったし、ジャンプ力も上がりました!」

小さな変化を積み重ねた結果が21年ぶりの〝シード権〟だ。

大袈裟にいうならばこれを歴史を変えるチャンスと見るか、

ただの小さなハプニングだと謙遜するか

チームの捉え方で未来の10年が決まるだろう。

「やる気ないように見えるんですが笑、やるときはやります!」

私は主将の言葉に賭けてみようと思う。

-ロッベンコラム 2018