ロッベンコラム 第4シード・済美


「ワールドカップと高校選手権はとても似ている」

 日本を代表する知将から最近聞いた言葉だ

「長期間同じ目標に向かって選手たちがプレーをする。

その環境で頂点に立つために一番必要なのは〝結束力〟。

ロシア大会での前回王者(ドイツ)はどうだった?

スーパースターが揃っていたのにそれが無くて空中分解した。フランスにはそれがあった」

修羅場を何度もくぐってきた知将は淀みなく答えた。

「〝結束力〟を作り上げる練習をやってきた!」

「〝結束力〟には自信があります!」

済美の田丸監督と古川主将は奇しくも同じ言葉を口にした。

毎年タレント力では県内屈指のこのチームに必要なラストピース。

誤解を恐れずに言えばそこを強化したいからこその言葉と受け止めた。


振り返れば初出場83回大会の堀川世代、90回大会の藤本、久保世代。

オレンジ伝説を作った過去のタレント軍団には溢れんばかりの結束力があった。

最後にその知将は言った。

「プレッシャーは常に心の中にある。

それに打ち勝つには自分が出来る最高のプレーを考えることだ」

-ロッベンコラム 2018