ロッベンコラム 第5シード・松山工

2018/09/25


新人戦ベスト4、県総体ベスト8

今年はまだ無冠の松山工業だが連覇を狙えるのはこのチームだけ

目玉選手はプロ注目のGK伊藤元太選手

愛媛だけでなく四国、いや西日本でも屈指のゴールキーパーだ

最大の特徴は190センチ!の長身と元フィールドプレーヤーならではの足元の上手さ

高校入学時から注目されていた逸材が最終学年になった

「去年より身長が1㎝伸びたんです!190です!ごまかしてません笑」

ただ無邪気に喜んでるわけじゃない

わずか1センチが勝敗や未来を左右することを彼は知ってるからだ

確かに世界4大リーグ(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA、ブンデスリ

ーガ)の昨年調べではGKの半数以上が190センチ以上だ

加えてノイヤーもクルトワもデ・ヘアもビルドアップがとても上手い

同じくわずか1点を取りきることが出来なかったと悔やむのは坂本哲也監督

赴任以来、初の80分以内勝利を目指して去年全国選手権へ乗り込んだが1点に泣いた

「内容では今までで一番手応えがあった…やってきたことは間違いではなかった」

わずか1センチとわずか1点

細部にこだわるものにしか勝負の神は微笑まない

-ロッベンコラム 2018