Archive for 9月, 2018

2018.09.25

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「フューチャーワールド」

これは酷いw

ストーリーも演技も酷過ぎて笑ってしまいました

SFアクション?

マッドマックスのC級版って感じかな

陳腐なストーリーで出演者もダイコンだらけ

あまりに面白くないので

逆に最後なんかドデカいオチがあるのかと思ったら

何にもなく終わりました

誰が作ったのかと思ったら

主演のジェームズ・ フランコが監督してました

どのレビュー見てもろくなことが書かれていません

ミラ・ジョヴォヴィビッチもスヌープも

演じながらこれはヤバいやろ?と思いながらやってたんじゃないでしょうか

どんだけ酷いか観てほしいので逆におススメです!

1シネマ

2018.09.22

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「完全版 社会人大学人見知り学部卒業見込み」若林正恭著

エッセイはほとんど読まないのですが

これは面白かった~

キューバについて書き下ろした旅行記エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』が

どこかの賞を取ってましたね

モラトリアム感がハンパなく

斜に構えた人見知り

物凄く共感できました

独りよがりでなくちゃんとオチを付けるのが

さすがM-1チャンピオン!

じゃなくて準優勝コンビ!!

フルネームで〝わかばやしまさやす〟と言えるくらい益々ファンになりました

〝ハイブランドな長財布と

ハイブランドなカバーをつけたスマホを

バーのカウンターに置きながらしゃべる大人にだけはなりたくない〟

けだし名言です

4ブック

2018.09.18

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「還って来た紫電改 紫電改戦闘機物語」宮崎勇著
「紫電改の六機 若き撃墜王と列機の生涯」碇義朗著

いきなり古い作品を!ですよね汗

ともに30年近く前の本です

今紫電改の話を取材?しています

きっかけはあのスーパースター山下達郎さんとのインタビューでした

山下さんは大の戦闘機マニア

紫電改パイロットの聖地である松山空港に特別な思いがあると

聞いてから何かと気になって調べていたら

紫電改に乗っていたパイロットに〝紫のマフラー〟

を贈った済美高女がいたとの史実を知りました

ラジオドラマに出来ないか奔走しています(来年には出来るかなW)

それとは別に

10月7日(日)9時30分~12時までラジオで〝達郎特番〟やります

こちらは決定の話

彼の曲にちなんだ恋愛ショートドラマを5篇書いて今編集中(RNBアナほぼ出演)

その中で〝紫のマフラー〟物語が1篇出てきます

尾濱Dに仕上げてもらってるのですが音が加わるとこれまた良い(自賛!)

どんなモノになるのか・・・是非聞いてやってください

4ブック

2018.09.12

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「ウィンド・リバー」

アメリカの現代社会が抱える問題や現実をあぶりだした―

の謳い文句のわりには軽かったかな

ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンの演技が

ちょっとリアル感に欠けました

美人FBI捜査官となると

どうしても「羊たちの沈黙」のクラリスと比べてしまうし

ただのハンターがバンバン人を殺しまくって

その美人FBIを助け出すのですが

凄腕過ぎてありえんやろ!とツッコんでしまった

現実にネイティブアメリカンの失踪者、死亡者が後を絶たない

ことへの警鐘を鳴らしたかったのだとは思うが

期待したほどの骨太作品ではなかった

「ファーゴ」を髣髴とさせるサムネイルも

ハードルを上げてしまった要因だろう

3シネマ