大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

8/24

雨のちくもり

29/23 70%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

荏原地区・諏訪神社の大絵馬

In Category-荏原地区, 松山
By番組スタッフ

今週末11月12日(土)は、
荏原・坂本地区がフィールドとなる
久谷散策「里山めぐり」のイベント開催されます。

番組では、9月末から久谷散策特集として
荏原地区・坂本地区を中心に取材してきました。
が、泣く泣くカットした部分というものもあります…。

今週はオンエアでご紹介できなかった部分も含めて
ブログでご紹介です。

散策のポイントではありませんが、
その散策ルートのすぐ近くに
恵原町に諏訪神社があります。

より大きな地図で 荏原地区(諏訪神社) を表示

img_0070.jpg
歴史研究家の大森理さん曰く、
荏原地区の神社には、多くの“大絵馬”が綺麗な形で残っているそうです。
img_0049.jpg

もともと昔は、お祭りや祈願のときに
神様の乗り物とされた馬(「神馬」といったそうです)を
神社に奉納する習慣があったそうです。
でも、生きた馬をどんどん奉納されても、
買えなかったり、どうしたらよいか困るようになっていたので
その内に、馬の絵を描いて奉納するようになったんだそうです。
それがどんどん変わって、馬以外の絵も描かれるようになった。
あ、これ、全国的な話です、

で、この荏原地区も例に漏れずその1つで
地区内で一番綺麗に残っているだろうと言われているのが
この諏訪神社の“大絵馬”、というわけ。

この地区に残っている絵柄としてはとしては
“忠臣蔵”に関するものが多いそうです。
img_0048.jpg img_0050.jpg
松山藩が赤穂浪士の身柄を預かったからなのかしら、
と思ったりはしますが、理由ははっきりと分からないそうです。

“大絵馬”が多く奉納された時代には、
奉納する絵馬を描く、絵師もいたはず。
もしかしたら、ちょうど“忠臣蔵”ブームだったの、かもしれないですね(笑)

その時代、時代で奉納された絵馬があるので
それを見るのも面白いですよ。
img_0052.jpg

トップページへ