大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

7/16

晴れ時々くもり

31/23 20%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

12月18日 かざはや楽市①

In Category北条, (3)マルシェ・市場
By番組スタッフ

今回は偶数月の第2日曜にJR伊予北条駅前で開催されている
「かざはや楽市」の取材に行ってきました!

130mが歩行者天国になって、個性的なお店やグルメが並びます。

去年の7月に北条レトロタウン構想の一環として始まり、
毎回多くの人で賑わいます。

IMG_6244

ここでの目玉は、だいがら餅。

だいがらという杵つき台を使ってつくお餅は、
普通のお餅より粘り気があってとっても美味しいんです!
てこの原理を使ってます。

そもそもは穀物をつく機械だったそうです。
8年前に北条の有志で、再現したのだそう。

この隣で、お母さんたちがお餅を丸めていて、
その場でアツアツの餡餅を食べることができます★

IMG_6254

体験もさせてもらえるし、歴史の勉強にもなります!!

他に、一押しなのが「じゃろっけ」!!

IMG_6264

北条高校の高校生たちが、考案した「じゃこてん+コロッケ」。

    IMG_6266

地域の人たちが一丸となって取り組んでいる町おこしイベントです★

「粟井ふれあいマーケット&スマイルタウン」で子供達の育成!?後編

In Category-粟井地区, (3)マルシェ・市場
By番組スタッフ

※テーマ「マルシェ・市場」(2)
粟井ふれあいマーケット&スマイルタウン 後編 9/25のポッドキャスト

引き続き松山市北条の粟井地区の朝市
「粟井ふれあいマーケット&スマイルタウン」の取材の後編です。
場所は、粟井公民館! 

“地域の子供達の育成”を考えて、
公民館事業の1つとして始まった小学生の職業体験の場、「スマイルタウン」

実際に販売をしている子供達の声を聞くと…
 

 

自分たちで「どうしたら売れるか」「どうしたら安く効率よく調理できるのか」を
よく考えて活動しているのが、わかりました。
子供達の自主性を育てて、尊重している、ほかとは一風変わった朝市です。

その仕掛け人は、粟井公民館の竹下館長。
職場体験のできるアミューズメント「キッザニア」にヒントを得て、視察。
地元で出来る形に落としこんで始めたんだそう。それも8年…
最初に参加していたメンバーは、今年ちょうど成人式を迎えたそうです。

ただ、これは小学校高学年の子供達だけの朝市ではありません。
8年続いてきた中で、かつて小学生の時、スマイル社員として働いていた子が
今度、中学生、高校生になって…
今は「スマイル社員」である小学生の子達を指導して、
アドバイスする立場の「ジュニアリーダー」として、参加もしているんです。

それが、彼女・彼等!

スマイルタウンの卒業生が、今度はスタッフ側で関わっているのです。
赤いポロシャツがジュニアリーダーの印です。会場でも一目瞭然!

緊張しながらも、皆、マイクを向けたら答えてくれました。

ジュニアリーダーの皆は、自分たちの頃よりも
自主的に動いている子が多いという印象を持っているみたい。

きっと、それも…できるだけ手を出さないようにしつつ
ちゃんとジュニアリーダーの皆が経験の上で指導、
アドバイス出来ているということなのかもしれないよ?

 

…あ、ここまで読んだそこのアナタ。
小学生が作ったB級グルメ、甘く見てるでしょ?
前回のポッドキャストを聴いてもらうとよくわかりますが、
バカにしちゃぁ~いけないよ!!(`・ω・´)!!

まじで美味しかったんだからね!!
コストも考えつつ、夏バテにニラがいいというので取り入れつつ、
白いご飯によく合う味付け…ぺろっと頂けてしまったのですから!!

しっかりした子供達に舌を巻きつつ、
安いお野菜も買うことが出来ます。
思わず珠の大きいタマネギに惹かれて買ってしまったスタッフです。

 

ちなみに、ふれあいマーケットの方では、
そんな子供達と一緒に大人たちも負けじとお店を展開しています。
 

次回は10月20日(日)。基本は毎月第3日曜日開催されているので、
是非、子供達の働きっぷりと安いマーケットの品を求めていらっしゃいませ!
朝9時からのスタートですが、早くに行かないと結構早くになくなっちゃいますよ~。
ご注意下さいませ。

 

 

「粟井ふれあいマーケット&スマイルタウン」で子供達の育成!?前編

In Category-粟井地区, (3)マルシェ・市場
By番組スタッフ

※テーマ「マルシェ・市場」(2)
粟井ふれあいマーケット&スマイルタウン 前編 9/18のポッドキャスト

テーマ「マルシェ・市場」取材、2つめは、
松山市の北側、北条地域の粟井公民館が会場の朝市!
「粟井ふれあいマーケット&スマイルタウン」

取材に出向いたのは、
めぐり隊愛媛大学4回生の石山亜望さん
3回生の渡辺公平くん出海鈴乃さんの3人。

写真を見る限りは、すっかり市場を堪能しております!(笑)

なんといっても、この人!人!人!
開始1時間ほどの様子ですが、もうすぐ売り切れそうというお店もあるくらい…

すごい人です。でも、よーく見てみて下さい…

会場に子供達が多いんです

この朝市の特徴は、朝市を、公民館事業の1つとして、
子供達の職業体験の場にしている、ということ。

この朝市の中で、企画・調理・販売等の“職業体験”を子供達にさせています。
させているといっても、参加しているのは子供達の意思。

B級グルメ・野菜市・揚げ物・ドリンクの販売があって、
4つの班が出店を運営しています。
どんなものを出すか、いくらで仕入れていくらで売ったら儲けが出るか、
当日のお金の管理の割り振りなどなど…
大人顔負けにしっかりお仕事をしているのです。

この「小学生の職業体験の場」「スマイルタウン」と名づけて、
小学生の子供達は「スマイル社員」として、出店「スマイルショップ」を運営。
働くと、お金の代わりに「スマイルタウン」で使える「スマイルポイント」を貰えて、
実際に「スマイルタウン」内で利用出来るシステムになっています。

ほら、こんな風にスマイルポイントを貯めることのできる銀行、
「スマイル銀行」まで…!!
 

ちゃーんと通帳も有るんですよ!(@@)

手が込んでいます…これは、楽しいね!!

「スマイル」は「スマイルタウン」では、お金の代わりのようなもの。
だから、ふれあいマーケットやスマイルショップで使えます。
人によって使い方は様々で…スマイルを貯めて一気に使う子もいれば、
計画的に預けて引き出して使っている子もいるんだとか(笑)

自分たちで考えて、働いて得た“スマイル”だから、
ちゃんと考えて使ってるんですね…この感覚、大事な気がするなぁ。

主に参加しているのは小学4~6年生。
でも、小学生の子供達の育成だけじゃないんです…

粟井公民館の竹下館長に話を聞いてみると、なんと
中学、高校と地域の子供達を巻き込んで、実はもっと大きく
子供達の育成を考えていたんです。

それは、後編で…!!

野菜が美味い!安い!デカイ!!高縄山麓市場 後編

In Category-立岩地区, (3)マルシェ・市場
By番組スタッフ

※テーマ「マルシェ・市場」(1)高縄山麓市場 後編 9/11のポッドキャスト

松山市北条の立岩地区
毎月第4日曜日に開催している「高縄山麓市場」取材の後編。

取材したのはもちろん、前編に引き続きこの2人…
愛媛大学3回生の出海鈴乃さん大原由依さん

食いしん坊っぷりが出ていて、いい写真ですね(笑)
この2人のめぐり隊のいいところは、おいしく食べるだけじゃなく、
ちゃーんと何がどう美味しいか食レポできること!
そして、何がどう安いのか、自分の感覚も踏まえて伝えることができること!
まさに今回の「マルシェ・市場」のテーマにピッタリだと言わざるを得ません(笑)

おいしく食べる2人には、いろんな美味いもんを
「食べんさい!」とお父さんお母さんたちが声をかけてくれます。

この日は、新鮮な朝採れ野菜を天ぷらにした野菜天が並んでおりました!
シンプルにどんどん揚げていくお母さんたち…

 

野菜そのものに甘みがあるからでしょうか…そのまま天ぷらを食べても美味しい!

野菜を育てている人達だからこそ、
素材の良さをわかって調理しているってことでもあるんですよね。
この野菜天は贅沢だったー!

お母さんたちで考案した青じそで巻いた白身の天ぷらも絶品!
 

お酒のつまみにしたくなる、調度良い味の濃さが、たまりません。
…また美味しそうに食べるなぁ、ふふふ(笑)

これからの季節は、しし鍋、ししうどんらしいですよ~。
「この人の作るしし鍋は絶品じゃけんね!!」と太鼓判を押すお母さんの
しし鍋、食べてみたい~!!

 

野菜の安さと大きさには、大原さんが大注目。
 

おもわず「こんな大きなのがゴロゴロ入って100円…ッッ!!」とつぶやく。
その熱い語りは、ポッドキャストでもどうぞ!

高縄山麓市場事務局代表の池谷満さんからは、
これまでの8年を振り返ってのお話を色々と伺いました。
ここまで来るまでに場所を移ったり、供給が少なくなった時期もあったり、
皆さんご苦労があったそう。

でも、たくさんの方に来ていただけるようになった今…
これからは、梅干つくりや漬物作りなどの体験コーナーも
増やしていきたいとお話しして下さいました。

美味しい野菜を買って、その場の調理で食べて、そして
自分たちでも調理する方法を体験して…そうなれば、
よりいっそう充実した産直市になりそうです!

お餅が柔らかすぎてびっくり!?高縄山麓市場 前編

In Category-立岩地区, (3)マルシェ・市場
By番組スタッフ

※テーマ「マルシェ・市場」(1)高縄山麓市場 前編 9/4のポッドキャスト

夏の終わりから秋にかけて…
野菜も果物も食べ物が美味しい季節が目の前!!ってことで、
松山市内でも、特徴のある、今熱い“産直市場”を取材!!

1つ目は、松山市北条の立岩地区
毎月第4日曜日に開催している「高縄山麓市場」

ぎゃー指が入ってるーΣ(゚Д゚;
産直市の賑わいに思わず…ご勘弁下さい(苦笑)

今回取材に出向いたのは、食べるの大好き!
愛媛大学3回生の出海鈴乃さんと、
出海さんの友人でこの秋から新メンバーとして
めぐり隊に加わることも決まった大原由依さん の2人。
2人とも“食”に対して、食べる目線、買う目線、いろんな視点で見ています。

 

この市場の目玉は、名物「だいがら」で作ったお餅!!

「ただのお餅でしょ~?」という貴方はあまーーーーーーい!!(`・ω・´)

見よっっ!!この美味しそうな表情をっっ!!!
 

思わず顔がとろけてしまうふわふわ感と柔らかさなのですっっ!!
大原さんもこの通り(笑)
 思わずにやり( ̄ー ̄)(笑)

“だいがら”は、足踏み式の臼の装置です。
  

餅をつく「杵」の部分が装置になっていて、杵が3mの木の棒になっています。
シーソーのように、テコの原理で餅をつく反対側を足で踏んで、
杵を高く上げて落とすような感じで餅をついていきます。

出海さんはどうもこの足踏みがうまく出来なくて、
見かねたお母さんたちが、まさに字のごとく“お手伝い”(笑)

「ぺちゃっぺちゃっ」という情けない音はするのですが…
「ドン!ドン!」というたくましい音は聞こえない…(笑) 

ちなみに、この後大原さんが変わると、気持ちいいくらいに
「ドン!ドン!」というたくましい音が聞こえました、がはは(笑)
ちなみに出海さん、
「餅を返す人に当たらないか怖いんです…!」と
遠慮気味に踏んでいたようです。
思い切りと息を合わせることが大事みたいよ?

ついたお餅は、即座にお母さんのもとへ…!

小分けにしてどんどん丸めていきます。
熱いお餅を、あんこを入れてさっさとまとめていく
お母さんたちの手際の良さと言ったら!!

実は本来夏場はお餅をつかないんだそうですが、
取材した日は高縄山麓市場の8周年記念日!!
記念日の特別企画でついていたそう…ラッキー♪
これからの秋~冬の季節は食べられますので、 是非に。

…ほっぺが落ちちゃう柔らかさよ!!

人気すぎて市場を開いている間はずーっとお餅をついてるそうです…
それはそれで大変( 」゜д゜)」!

この“目玉”である“だいがら”に人気があるから、リピーターも生まれているそう。
それが、8年続けられてきた…1つのゆえんなのやもしれませんね。

イベントでの人気者は、大事だなぁ。

トップページへ