大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

9/17

くもり

33/21 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

1/18 「第4回魚嫌い川柳」

In Category2017年度, お知らせ, イベント情報, イベント紹介, 松山
By番組スタッフ

↑↑↑ 2017年1月18日(水)放送はこちらから ↑↑↑

 

松山市役所市場管理課の津田和俊さんがスタジオにおみえになり
「魚嫌い川柳」についてご紹介くださいました

「魚嫌い川柳」とは、『魚を買わない』、『魚を食べない』といった魚離れが進んでいる今、
まずは少しでも魚に興味をもってもらおうと、
市場関係者で組織する松山市水産市場運営協議会が平成22年にスタートさせた事業なんです。

「魚嫌い」というネガティブなワードを、川柳というカタチにすることで、
日常生活で感じているちょっとしたエピソードを面白く表現してもらおうというものなんですねぇ。
2年に1回募集を行っています。

第4回目の募集となる今回は、全国から5,833句もの応募がありました。
小学生のお子さまによる可愛らしい作品から、シャレの効いた思わず笑ってしまう作品まで
本当にたくさんのご応募をいただきました。

その一部をご紹介!

【一般の部】最優秀作品(神奈川県 男性52歳)   「マンションに 越して秋刀魚が 遠ざかり」

【ジュニアの部】最優秀賞作品(東京都 中学1年生)「うしの日に うなぎを食べず 牛食べる」

【ジュニアの部】優秀賞作品(東京都 中学2年生)  「こっそりと 兄のおさらに 魚おく」

他にも、
・骨を上手に取れないとか
・魚と目が合ってしまうと食べられないとか
可愛らしい悩みを詠んだ作品がたくさんありました。
気持ちはわからなくもないですけど、やっぱり大きくなるためには好き嫌いせずに、魚をたくさん食べてもらいたいですね。

過去の入賞作品は、
・懸垂幕にして市場に飾ったり
・シールにして魚のパックに貼ったり
・イラスト化してうちわにして配ったりと、様々な方法で活用されてきました。
今回、どういった形になるかは検討中ですが、さまざまなPRに活用していくそうです。
お楽しみに!

1/11 子規博特別講座「冬季子規塾」のご案内

In Category2017年度, お知らせ, イベント情報, イベント紹介, イベント紹介
By番組スタッフ

↑↑↑ 2017年1月11日(水)放送はこちらから ↑↑↑

子規博特別講座「子規塾」

開催日:2月25日(土) 午後2時~
場 所:子規記念博物館 4階講堂
定 員:400名
参加費:無料(事前の申し込みが必要)

ゲスト:松山市立子規記念博物館の岡本かおりさん

子規博特別講座「冬季子規塾」についてのご案内です。

子規博特別講座「子規塾」は、正岡子規や文学に関する先端の研究成果を、
広く市民が聴講できる機会を増やしていこうと、平成17年度にスタートした講座です。
毎年、夏と冬の2回 開講しています。

今回の冬季子規塾では、俳人の坊城俊樹(ぼうじょう・としき)先生をお迎えし、
「虚子の宇宙」と題して、約90分間のご講演があります。

今回の講演会の主人公は、子規の俳句の門人として有名な高浜虚子でして、
子規とのかかわりから見た虚子のお話をいただきます。

虚子は松山出身でして、子規の後輩にあたります。
虚子の中学校の同級生であった河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)を介して
交流が始まっています。
虚子は本名を清(きよし)といい、子規に「虚子(きょし)」という俳号を付けてもらいました。

坊城俊樹先生は、高浜虚子のひ孫で、
・俳誌「花鳥」主宰、
・公益社団法人日本伝統俳句協会常務理事・事務局長、
・また、国際俳句交流協会理事などを務められています。
・さらに、NHK俳句王国選者やNHK全国俳句大会選者などとして、幅広くご活躍中です。

申し込み方法は、
お名前、電話番号、参加人数を、メール、FAX、お電話、もしくはご来館にて。
締め切りは、2月15日(水)

お問い合わせは、子規記念博物館 089-931-5566まで。
詳しくは、子規記念博物館や松山市のホームページをご覧ください。

 

1/4 「愛媛県ロゲイニング協会」後編

In Categoryイベント情報, 坂雲支援事業団体, 文化
By番組スタッフ

↑↑↑ 2017年1月4日(水)放送はこちらから ↑↑↑

坂の上の雲まちづくり支援事業団体
「愛媛県ロゲイニング協会」の活動を取材!後編

出動しためぐり隊は、
松山東雲女子大学4年生の 田中理菜。
愛媛県ロゲイニング協会 代表理事 青野昇三さんと、
これまでにロゲイニングのポイントになっていた場所を訪ねました。
あえて参加者に「道に迷ってもらう」ようにポイントを設定しているとのこと
その魅力をぜひ聴いてください!

さて、改めてロゲイニングとは何ぞや?
ロゲイニングとは、地図とチェックポイントの写真を手掛かりに、その場所を探していく
宝探しのようなゲーム感覚で楽しめる競技です。
たいていは2人以上のチームを組んで参加します。

そして、制限時間内に、あらかじめ決められているチェックポイントを好きな順番でまわり、
証拠としてその場所で写真を撮ります。
その各ポイントには点数がつけられているんですが、
見つけにくい場所ほど高い点数がつけられていて、得点を競い合います。
オリエンテーリングと似ていて、オーストラリアで生まれた野外スポーツだそうです。

地図を見るナビゲーション能力や、効率よく点数を稼ぐルートの選定などが
勝敗を左右するといわれているんですよ。
でも、ルールはいたってシンプルなので、
子どもからご年配の方まで、幅広い年齢層の方が楽しめるんです。

愛媛県ロゲイニング協会では、2017年1月15日(日)に
道後地区を中心とするロゲイニング大会を開催するなど普及に努められています。

12/28 「愛媛県ロゲイニング協会」前編

In Categoryイベント情報, イベント紹介, 坂雲支援事業団体
By番組スタッフ

↑↑↑ 2016年12月28日(水)放送はこちらから ↑↑↑

坂の上の雲まちづくり支援事業団体
「愛媛県ロゲイニング協会」の活動を取材!前編

今回は、ロゲイニングという競技の魅力を伝えている団体をご紹介します。

出動しためぐり隊は、松山東雲女子大学4回生の田中里菜。
「愛媛県ロゲイニング協会」の代表理事 青野昇三さんに、ロゲイニングの魅力についてうかがいました。

さて、ロゲイニングとは何ぞや??
ロゲイニングとは、地図とチェックポイントの写真を手掛かりに、その場所を探していく
宝探しのようなゲーム感覚で楽しめる競技です。
たいていは2人以上のチームを組んで参加します。

そして、制限時間内に、あらかじめ決められているチェックポイントを好きな順番でまわり、
証拠としてその場所で写真を撮ります。
その各ポイントには点数がつけられているんですが、
見つけにくい場所ほど高い点数がつけられていて、得点を競い合います。
オリエンテーリングと似ていて、オーストラリアで生まれた野外スポーツだそうです。

地図を見るナビゲーション能力や、効率よく点数を稼ぐルートの選定などが
勝敗を左右するといわれているんですよ。
でも、ルールはいたってシンプルなので、
子どもからご年配の方まで、幅広い年齢層の方が楽しめるんです。

愛媛県ロゲイニング協会では、2017年1月15日(日)に
道後地区を中心とするロゲイニング大会を開催するなど普及に努められています。

来週は、青野さんと一緒に道後のまちをめぐり、
これまでどんな場所をロゲイニングのポイントに選んできたのか、
その秘訣や面白さを教えてもらいます。

12/21 「風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー」

In Category-北条地区, お知らせ, イベント情報, イベント紹介, 松山, (4)自然, (5)グルメ
By番組スタッフ

↑↑↑ 2016年12月21日(水)放送はこちらから ↑↑↑

風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー

開催日:2017年1月14日(土) 3月4日(土)   9:30~
場 所:北条地区
対 象:小学生以上(18歳未満の方は保護者の同伴が必要)
定 員:各回とも先着22名
参加費:700円(昼食代+保険代)

*******************************************************************
ゲスト:NPO森からつづく道  事務局長  黒河由佳さん

北条地域では、
・萩原・上難波地区の農家
・スーパーのフジ
・堆肥を製造している(株)ロイヤルアイゼンの3者が
「風早有機の里づくり推進協議会」を組織し、循環型農業に取り組んでいます。

具体的には、フジの店舗で発生する食品ゴミを、
ロイヤルアイゼンが熟成させた堆肥にし、
この堆肥を使用して(株)OCファーム暖々の里をはじめとする農家さんが
安心・安全な野菜を生産し、その野菜をまたフジの店舗で販売するという循環です。

今回のツアーは、それぞれの現場を訪ね、直にお話しを聞くことを通して、
「持続可能な社会を継承するために、私たちがすべきことや暮らしのあり方を考える機会になれば」と思い企画されたそうです。

具体的なツアー内容は、
フジ・夏目店を訪ねて、食品残渣(廃棄品など)を保管している様子を見学します。
食品残渣を良質な堆肥にするためには、鮮度が高い方が良いため、
フジさんでは食品残渣を冷蔵庫に保管されています。
また、売り場では地元で採れた野菜を販売するコーナーを設けられていてその様子も見学します。

次は、食品残渣を受け入れて堆肥にするロイヤルアイゼンの見学です。
ロイヤルアイゼンの堆肥製造工場が受け入れる食品残渣は、
スーパーや学校給食、一部の外食チェーン店やコンビニなどからで、
1日に13~14㌧を処理しているそうです。
食品残渣を粉砕して発酵させ、およそ半年かけて完熟堆肥に仕上げる工程を見せてくださいます。

OCファームは「タマネギ王子」こと長野隆介さんと、弟の洋平さんが中心となって経営されています。
OCファームの圃場を訪ね、1月はキャベツを、3月はタマネギの収穫体験をさせていただきます。

私たちは農家さんに日頃の食を支えてもらっていますが、
農家さんのお仕事の実情を知る機会は少ないと思います。
当日は実際に土にも触ってもらって野菜を収穫し、農業を体感してもらう機会になります。

お申込み・お問合せは、森からつづく道事務局 089-992-9152まで。

12/7 「全国ご当地こなもんサミット2016 in 松山」 後編

In Category2016年度, お知らせ, めぐり隊メンバー, イベント取材, イベント情報, イベント紹介, イベント紹介, 文化, (5)グルメ
By番組スタッフ

↑↑↑ 2016年12月7日(水)放送はこちらから ↑↑↑

 

出動しためぐり隊は、 愛媛大学4年生の 竹本柚紀。
11月5日、6日の2日間 松山の城山公園芝生広場で開催された
「全国ご当地こなもんサミット2016  in 松山」の報告 後編です。

北は北海道・小樽市から、南は九州・熊本市まで、合わせて26店舗が集結!
投票総数1万票の結果は!

グランプリ  「三津浜焼き」
準グランプリ 「大三島ソースオムそば」
第3位     「松山肉まん」

竹本隊員の感想……
「こなもんと言うとお好み焼きやたこ焼きを思い浮かべますが、
ポテトフライなどもあって、こなもんに対する意識が変わりました。
こなもんと一口に言っても とても奥が深くて、
年齢を問わず、たくさんの人を引き付けて、笑顔にする力があるんだなぁと改めて実感しました」

トップページへ