大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

1/20

晴れ

13/9 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

92回これかラジ人は 一般社団法人お城下まつやま 代表理事「吉田元昭」さん CSR委員長「林紀代志」さん

In Categoryポッドキャスト, 番組ブログ
By番組スタッフ

10月27日放送

1027as  1027bs

代表理事「吉田元昭」さん        CSR委員長「林紀代志」さん

 

桝形  これ2008年の愛媛新聞の広告欄ですが、松山の町が描かれているんですが「お城下へいこう」と書いてある。

山本  これね。裏もあるんですよ。

桝形  あ。そうなんだ。お城下まつやまスタート。松山の中心に新しい風を始動!と書いてます。

それに関わった方をご紹介しましょう。こんばんは。

吉田  こんばんは。

林   こんばんは。

 

桝形  この広告は?

吉田  2008年に大型ショッピングセンターが郊外に出来まして、それで松山中心地の求心力が弱まっていく恐れが

ありましたので、中心の商店街・デパートなどが協力し合って僕たちの意気込みを伝えたいなと思って出しました。

 

1027_3

 

桝形  先ず、お城下まつやまとはどんな団体ですか?

吉田  一番の目標というのは、コンパクトシティをというのが目的なんですね。

桝形  林さんはCSR委員長という事ですが、このCSRというのは?

林    企業の社会的責任を果たす・・・という事で、私も今全然違う会社で働いておりますが、お仕事を頂いてる地域に

なにか活動をして、お返しをしたいという事で、前理事長に基本的には騙されて入ったようなものですが(笑)

山本  ここで暴露しますか。(笑)

桝形  今お話しにありましたが、吉田さんも林さんも、他にご自分の会社が、お仕事がある。そんな中で社会的責任を

どんなふうに?

林   今、お城下の参加60企業の方々と、そのほか120名が参加頂いて、ゴミ拾いをしたりしてます。

桝形  わが町をもっと美しい街にという事ですよね。

 

<詳しくはポッドキャストでお楽しみください>

 

1027_4

 

山本  まちづくりって非常に難しいんですよね。何故難しいか?それは簡単な話で、会社だと社長が言った事に対して

イエス!といえば会社は動くんですよ。それが、「街」というのは「イエス!」といえる立場の人が基本いないんです。

一つの意見になかなか一本に集約できない。じゃあ、まちづくりの為に何が大事か。経営でも言われてるんですけど

”シェアードバリュー”って言葉が最近言われているんですけど、占有率って話じゃなくて、分け合うシェアー。

価値をみんなで分け合って地域として盛り上げましょうって考え方で、その中で個人の会社が享受していきましょうって

こと。そういう考え方に変わってきているんです。これは地域にとってはすごく大切なことで、だからこそ地域に取り組む事が

企業にとってもプラスになるんだよってことを発信していく必要があると思うんですよね。そういう事で、このお城下まつやま

って面白い組織だなって思いますね。

 

 

今夜のこれかラジオは…嬉しい便りが届きました!

In Categoryポッドキャスト, 番組ブログ
By番組スタッフ

10月20日放送。

0825_2

 

今夜は、以前これかラジ人でご出演頂きました、愛媛県果樹研究同志会 会長「牛川慎吾」さんから

嬉しいお便りがございました!あの番組とコラボして作って頂いた「ひめみらい」を今年も密かに

栽培くださってました。^^

DCIM0189[1]

 

 

DCIM0188[1]

 

 

DCIM0190[1]

 

 

桝形 ・・・もしかして、また今年も番組リスナープレゼントに頂けたりは?

 

牛川 はい。お送りいたします!

 

桝形・山本 ありがとうございます!!

 

そんな訳で、美味しく実ったころ、あの・・・本当に美味しい“ひめみらい”を今年も

プレゼントいたします。どうぞお楽しみに!!

 

 

 

 

・・・そして、今夜は、あの日本一に輝いたRNBラジオドラマ「風の男BUZAEMON」のDVDを

3名の方にプレゼントします!来週までご応募できます。ドシドシお寄せください。

 

これかラジオ

 

正解者の中から厳正なる抽選の上、来週27日の番組の中で当選発表いたします。お楽しみに。^^

 

 

91回これかラジ人は、宇和島出身のシンガー「花れん」さん    パートナーでピアニストの「扇谷研人」さん

In Categoryポッドキャスト, 番組ブログ
By番組スタッフ

10月13日放送。

山本裕治さんは、本日は神戸からお電話でご出演。

台風19号の様子を伝えて頂きました。

 

そして・・・今夜は、これかラジオのテーマソングを歌ってくださっている

宇和島出身のシンガー「花れん」さんと

パートナーで、ピアニストの「扇谷研人」さんにお越し頂きました。

 

1013as 1013bs

 

桝形 いつもなら冒頭でいつも流れています「古の風」毎週使わせて頂いてます。

花れん ありがとうございます!

桝形 実はこの曲を編曲もされてます、そしてピアニストであり、作曲、編曲家、プロデューサーでもある

扇谷研人さんです。宜しくお願いします。

扇谷 よろしくお願いします。

桝形 しかも、研人さんは花れんさんとご夫婦、パートナーなんですね。

扇谷 はい。

桝形 最初に聞いておきたいんですが、音楽家どうしの生活って・・・例えば曲作りにおいて喧嘩したりとかは

ないんですか?

扇谷 まぁ。そりゃ意見が違うときとかはありますけど・・・。やっぱり二人ともミュージシャンなんで生活全体が

音楽な感じになりますね。

花れん そうですね。突然始まってしまうみたいな・・・。

桝形 なんですか?その突然はじまるって?

花れん 仕事部屋が別々なので、ちょっとお茶持っていきました・・・何か弾いてる・・・鼻歌がはじまるみたいな。

桝形 そんな素敵な台所?なんですか!それ!(笑)

1013_4

桝形 今夜はピアノをご用意しましたので、スタジオで生で演奏して頂けるということで・・・

扇谷 はい。

1013_2 1013_3

桝形 いやぁ・・・良かったぁ。今目の前で拝見させて頂いて、夫婦の絆がみえましたね。

扇谷 (笑)

桝形 ・・・そして、花れんさんがアルバムをリリースしたということで

花れん 初のアルバムなんです!

桝形 おめでとうございます!ジャケットも素敵なんですねぇ。

花れん ありがとうございます。妹がアートデザインをしてくれたんですけども・・・。

桝形 以前私も聞かせて頂いたんですけども、作詞が花れんさん、そして作曲が研人さん。

先ずは聴いていただきましょうか。 ~   (詳しくはポッドキャストで)

 

1013_5

 

花れん 1st Album Release Live が開催されます!

1st Album は、10月11日リリースです。

img121 img122

 

90回これかラジ人は 松山大学人文学部教授「奥村義博」さん

In Categoryポッドキャスト, 番組ブログ
By番組スタッフ

 

 

10月6日放送

今夜のこれかラジ人は、松山大学人文学部 英語英米文学科 教授「奥村義博」さん

1006_1

 

桝形  教授というには声が渋すぎる!

奥村  ありがとうございます。(笑)

桝形  早速、メール頂いてますが、「人文学部とはどんなことを教えてるんですか?」

奥村  ・・・一言でいうと、人間とは何か。ということを探求・追求しています。

桝形  言語を追及してゆくと、その先にあるのは人間のルーツである・・・そんな風に考えていいですか?

1006_2

桝形  ホームページのプロフィールに、「足を運ばない限り、名試合も名舞台も観ることは出来ない」これはどういう?

奥村  あれは、学生に対するメッセージだと思うんですけど、フットボールの試合もその場に行かなければその興奮は

共有できない。舞台もまさしくそうで、中継で観るのでは分からないことがある・・・。

桝形  半年ほど前ですか、情報をキャッチするのに待ってたら駄目で、自分から受信しに行かないとものにならないって

話がありましたよね。

山本  前に、SPCの村上さんだったと思うんですけど、何となく町を歩くんだって話がありましたけど、あれも同じだと思う

んですよね。

(詳しくはポッドキャストでお楽しみください)

 

 

1006_3

山本  言葉に触れるって、当たり前のように人と会話する事もそうなんですけど、書き言葉とかも

見つめなおすとそこから読み取れることってたくさんあると思うんですよね。

僕旅行が好きで色々なところ行くんですけど、行く前にある歴史の本を読んでそこを尋ねると

そこで感じる感覚っていうのは、ただ見て感じることとは違うものが見えてくるんですよね。

やっぱり文学に触れるというのは、人を豊かにするんだなと思いますね。

 

img115奥村ゼミ2014年度卒業研究公演が開催されます。

11月18日 18:00~  11月19日 14:00~ 入場無料です。

松山大学カルフールホールにて。

是非お越しください。

 

トップページへ